2018年01月20日

「女帝」が執拗な“貴乃花潰し”か

相撲協会 貴乃花の大物支援者を背任行為で提訴していた

NEWSポストセブン / 2018年1月19日 7時0分

 今なおくすぶる、昨年の元横綱・日馬富士による暴行事件を発端とした「貴乃花vs相撲協会」のつばぜり合い。その裏で昨年12月、相撲協会はひっそりとある人物を提訴した。損害賠償額は約1億6500万円に上る。

 その人物とは、協会の元顧問のK氏。訴状によれば、K氏は元顧問という立場を利用して、国技館改修工事を受注した企業から8000万円を受け取るなどの背任的行為を行っていたとされる。

「このK氏は貴乃花親方の大物支援者として知られる人物です。一昨年頃から親しくしていて、貴乃花親方が前回の理事長選に立候補できたのもK氏のサポートがあったからだといわれています。2016年1月、K氏が協会の顧問を解雇された際には、貴乃花親方が『なぜクビにしたんだ』と激高したそうです。このタイミングでの提訴にも協会側の思惑を感じざるをえません」(あるタニマチ)

 K氏の身動きが封じられれば、貴乃花一派にダメージがあるのは必至だ。

◆「協会の女帝」による執拗な貴乃花潰し

 貴乃花親方の理事解任を全会一致で承認した1月4日の臨時評議員会。その後の会見で池坊保子・評議員会議長は、こう貴乃花親方を批判した。

「八角理事長が何度携帯電話に電話をしても全く応答なく、折り返しの電話もないというのは著しく『礼』を欠いていたのではないか」

 この発言に世間は、「感情で処分を決めるのか」「被害者の貴乃花を一方的に批判することこそ礼を欠いている」と猛反発した。

 池坊議長は、華道家元・池坊家の四十五世である池坊専永氏と結婚後、国会議員や文部科学副大臣を経て、2014年3月に評議員会議長に就任した。一連の騒動では、「反貴乃花派」と見られている。

「池坊さんは過去に、『貴乃花さんはクスリをやっているんじゃないかというくらい変なのよ』と周囲に漏らしたと報じられました。貴乃花部屋の“お取り潰し”まで検討していたといわれているほど。本人は“反貴”を否定しているが、角界では、“池坊さんは貴乃花を潰そうとしている”との見方がもっぱらです」(協会関係者)

◆スポーツ紙が貴派と協会派で真っ二つ

 スポーツ紙の世界でも「貴派」と「協会派」に分かれているという。「貴派」の筆頭はスポニチ。

「スポニチでは過去に貴乃花親方が専属評論家をしており、現在は貴派の玉ノ井親方(元大関・栃東)が引き継いでいます。暴行事件を最初に報じたのもスポニチで、報道は貴乃花親方サイドからリークされたといわれています。貴乃花親方の肉声を初めて報じたのもスポニチでした」(相撲ジャーナリスト)

 逆に「協会派」と見られるのがスポーツ報知とサンケイスポーツ。

「報知の専属解説者は協会ナンバー2の尾車親方(元大関・琴風)で、サンスポは主流派の出羽海一門のホープである藤島親方(元大関・武双山)と、いずれも八角理事長を支える協会人脈。とくにサンスポは『貴乃花親方の“偏屈”な相撲道』『非常識FAXで仰天言い訳!』など舌鋒鋭く貴乃花を批判しています」(前出・ジャーナリスト)

 土俵外よりも土俵上で、しっかり名勝負を見せてほしい。

※女性セブン2018年2月1日号
posted by beetle at 07:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

スウェーデン、国民に「戦争への備え」呼びかけ

CNN.co.jp 1/18(木) 10:55配信

(CNN) ロシアの脅威の高まりを受けて軍備を増強しているスウェーデンが、戦争に巻き込まれる事態を想定した備えを呼びかけるパンフレットを、この春にも470万世帯に配布する。

パンフレットは市民に対し、「平和時における危機や惨事だけでなく、社会とスウェーデンに対する別の種類の攻撃」にも備えるよう促す内容。「世界がひっくり返った」事態を想定し、自宅に十分な量の食料や水や毛布などを用意しておくよう国民に助言するとともに、自治体に対してはかつての冷戦時代の防空壕(ごう)を準備するよう求めている。

有事対応当局者は17日、CNNの取材に対し、パンフレット作成の背景として、バルト地域の治安情勢を挙げた。

スウェーデンは全土で軍備強化を図り、徴兵制を復活させるとともに、バルト海に面した戦略的な要衝となるゴットランド島に部隊を配備している。


徴兵制は2010年に廃止されたが、17年3月になって、徴兵制を18年から復活させると発表した。

15年2月には、国防予算を今後5年間で7億2000万ドル増額することを決定した。しかし国防軍の人員は不足している。
posted by beetle at 08:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

歪む政党政治に国民は我慢できるのだろうか?

外から見る日本、見られる日本人 2018年01月17日10:00

民進党と希望の党が統一会派結成と相成るそうです。全然わかりません。小学生のお子さんに「なぜ?」と聞かれてきちんと答えられるお父さん、お母さんはどれぐらいいらっしゃるでしょうか?

混とんとする野党はなぜ起きたか、といえば議員は立派な職業であり、主義主張よりまずは議員バッチ、そして結構高い給与と公費、更に「国民から選ばれた名声とその裏に見え隠れする『センセー!』と呼ばれる心地よさ」は一度覚えたら忘れられない味だからなのだろうと思います。

選挙では議員候補は自分の主義主張、あるいは所属する政党の方針を貫きます、と声を大にして叫び、「清き一票」を奪取します。が、今回のように舌の根も乾かぬうちに次々とご都合主義で政策変更されてしまえば「お前は俺の一票を搾取したな!」と言いたくなる方も多いのではないでしょうか?

個人的に第三者的立場で言わせていただくなら、新しいポリシーの下、統一会派を作るならその議員を引き続き支持するか承諾選挙をしてもらいたいぐらいです。それこそ、ありえないかもしれないですが、ITかブロックチェーン技術で誰がその議員に投票したかわかる仕組みになっていてその支持者のスマホに承諾するか、YES、NOを選ばせて過半を越えなければ失職するぐらいの厳しい監視体制ができてもよいでしょう。

政党政治がなくなることは現在の政治システムでは難しいことであります。なぜなら国政や地方政治が停滞し、大混乱が生じる可能性が高いからです。一方、世の中で検討されなくてはいけない問題はかつての何倍、何十倍と膨れ上がっています。それら新しい切り口の問題は既存政党の枠組みを超えてYES、NOの議論が生まれています。

例えば原発の問題などは賛成派、反対派は政党の枠では全く収まらないのに政党という枠組みでNOの人もYESと言わされ、結果として与党の方針が通るというのが世の流れであります。

NOの人がYESというにはギブアンドテイクの条件闘争がなければ「はい、分かりました」と言えません。それこそ地元選挙区で支援者たちからつるし上げられてしまうからです。但し、この圧倒的支持層にもやや難があります。それは「この先生のことを信じている、全部任せたんだ、その先生がそうおっしゃるなら我々もそれについていくしかない」という発想であります。

これは一種の集落のリーダーにすべてを託し、命お預けします、という世界と何ら変わりません。が、そこには地元の長老=後援団体の長、には逆らえないというこれまた日本的、儒教的思想に支配され、結果として何も動かない日本の典型的スタイルが生まれるのであります。

議員とは何か、といえば民を代表するものであり、その代弁者であります。が、政党政治の下では議員は代弁どころか、新人議員ならばヒエラルキーの塊である議員社会において「お前、まだ2回生だろ」と大学の体育会系並みの上下関係のもと、支援者と政党内での立場のアンコで「こんなはずじゃなかなった」と思う若手議員も多いのでしょう。

このあたりが国民の政治離れの本質なのでしょう。構造的改革をするならまずは政党政治と議員の在り方だと思いますが、そんなことを「センセー方」がやるわけないわけで国民のフラストレーションもたまる一方、ということになりそうです。
posted by beetle at 08:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

貴乃花親方の反論文書“全容”が判明 元日馬富士がアイスピックを手にし貴ノ岩に「殺してやろうか」

ZAKZAK 2018.1.16 

 元横綱日馬富士(33)の暴行事件に端を発した日本相撲協会の騒動をめぐり、理事を解任された貴乃花親方(45)=元横綱=が昨年12月の臨時理事会で配布した独自報告書の全容が、協会関係者への取材で判明した。協会の危機管理委員会による調査結果報告書と大きく食い違う内容で、事件当時の元日馬富士の耳を疑うような暴言に加え、横綱白鵬(32)の不審な行動も記されていた。「貴文書」が明かす事件の“真相”とは。夕刊フジだけが知る「貴の本音」第1弾。

 八角理事長(54)は初場所の初日を迎えた14日、恒例の協会あいさつで、一連の不祥事に言及せず、謝罪もなかった。だが、暴行事件の真相が解明され、決着したとはいえそうもない。

 《中間報告に事実と異なる部分が数多く存在するのは、関係者が(協会の)危機管理委員会に真実を語っていないためと考えられる》

 臨時理事会で理事らに配布され、その後回収された独自報告書には、こんな趣旨の貴乃花親方の主張が記されていた。親方が協会に根強い不信感を抱いていたことがうかがえる。

 暴行事件の発生後、協会の危機管理委員会(高野利雄委員長=元名古屋高検検事長)は関係者の聴取や現場の調査を進め、昨年11月30日の定例理事会で中間報告を発表し、12月20日の臨時理事会で最終の報告書を公表した。

 貴乃花親方が不信感を抱いた中間報告。だが、最終的にまとめられた報告書でも、その内容は親方の主張と大きく異なる部分があった。

 1つは、加害者である元日馬富士の“悪質性”だ。被害者の十両貴ノ岩(27)が暴行を受けた際の様子について、危機管理委の報告書は次のように記している。

 《白鵬らの説教がひと段落したと考えた貴ノ岩は、スマートフォンの操作を始めた》

 その様子を見とがめた元日馬富士が貴ノ岩を問いただし、暴行へと発展していった、というのが危機管理委の報告書に書かれた流れだ。

 貴乃花親方の独自報告書では、貴ノ岩は説教が終わって20分くらい経過した後、スマホの画面を一瞬だけ確認したという。「ひと段落」と「20分」では時間経過が大きく異なり、スマホ操作に腹を立てたことが暴行のきっかけだったのかどうかも疑問が残る。

 元日馬富士による暴行の様子にも食い違いがあった。

 危機管理委の報告書には、元日馬富士は素手で貴ノ岩をたたいたほか、シャンパンのボトルで殴るふりをし(手が滑ってボトルは落下)、カラオケのリモコンで貴ノ岩の頭部を殴ったとされる。白鵬が元日馬富士を止めようとしたのも、ボトルを落とし、リモコンを手に取った動作を見たからとしている。

 だが、独自報告書では、元日馬富士がリモコンなどで貴ノ岩を殴った後、アイスピックを手にしたのを見て、ようやく白鵬が止めに入ったという内容となっていた。危機管理委の報告書は、アイスピックについて元日馬富士が持ち出した事実は認められないとしている。

 暴行時の元日馬富士の言葉についても、独自報告書は危機管理委の報告書に記されていない内容を記していた。元日馬富士は、貴ノ岩にこう言い放ったという。

 「何様なんだ。殺してやろうか」

 危機管理委の報告書には、元日馬富士の「こら、お前は何様なんだ」という言葉があるものの、「殺してやろうか」と発言した部分はない。

 元日馬富士は傷害罪で略式起訴され、鳥取簡裁は今月4日、罰金50万円の略式命令を出した。アイスピックまで手にし、「殺してやろうか」という発言を言っていたことが事実ならば、「傷害罪」で済まされていいのかという疑問も浮かぶ。

 白鵬の当時の行動についても、貴乃花親方側と危機管理委側の見解は大きく異なっている。

 危機管理委の報告書によると、白鵬は暴行の途中で元日馬富士を制し、現場のラウンジ個室の外に出した。

 しかし、独自報告書には次のような趣旨の内容が記されていた。

 《白鵬関は、暴行が始まった後に、個室内にいたホステスを個室から外に出るよう指示した》

 白鵬が何のために、ホステスを外に出したのかには触れられていない。暴行に巻き込まれないようにという配慮なのか、それともホステスに暴行の様子を見られたくなかったのか。

 暴行事件では、平幕照ノ富士(26)が正座し、説教を受けたことも問題となった。危機管理委の報告書では、元日馬富士の説教の間、照ノ富士が正座していたことが記されていた。

 ところが、独自報告書では、正座を指示したのは白鵬だった。しかも、照ノ富士が膝を痛めていることを知りながら約10分にわたって、正座するよう命じたというのだ。

 体重の重い力士にとって、正座は膝に大きな負担がかかるとされる。事件後、照ノ富士は九州場所に出場したが、初日から4連敗した後、場所5日目に「左膝外側半月板損傷で全治4週間ほどの加療を要する見込み」との診断書を協会に提出して休場した。14日から始まった初場所に出場したものの、照ノ富士は黒星を喫している。

 これが事実だとすれば、大問題だ。
posted by beetle at 08:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

安倍総理の平昌オリンピックへの不参加を支持する。

雨のち晴れの記 2018-01-12 17:42

安倍総理の平昌オリンピックへの不参加を支持する。
2018年01月11日 井上政典のブログ
 (1)安倍総理が来月開催予定の平昌オリンピックの開会式への不参加を決めたようです。私はこれをおおいに支持します。本心は、選手団も含めての不参加にすればいいのになと思っています。

 選手の方々やその支援者のオリンピックへ向けての日々の努力は十分にわかっていますが、今韓国に行くことがどうしても良しとできません。

*井上さんの「本心」は多くの日本人の思いだと思えますが、こういう時に曖昧な態度をとるのが日本人のなんともいえぬ本性でもあるんですよね。いままで努力してきた選手たちに思いが行くんですね。でもアメリカがボイコットすればほっとしてボイコットする。まあ、日本の政治家もずるいかもしれませんが、日本だけがボイコットするのも『孤立』しますから、それは避けた方がいいでしょう。

 (2)まずは、反日行動は平常運転としても、北朝鮮がオリンピックに参加するのに、日本もそこにのこのこと出かけていっていいのでしょうか?

 北朝鮮が国際社会から制裁を受ける理由はひとえに国際条約に反した核武装化であり、度重なるミサイルの無通告の発射実験です。

 それが北朝鮮が参加するオリンピックに日本も笑顔で参加すれば、北朝鮮を核武装国家として認めたことにはならないでしょうか。

 なぜか日本では、自分の家の上空にミサイルを飛ばされても文句を言わない人が存在しますが、これが韓国上空ならばすぐに休戦状態から戦争状態へと変わります。だから九州にはミサイルが飛んでこないのです。 それだけ日本は平和ボケと北朝鮮に舐められているのですが成層圏よりもずっと上だからと言って気にも留めない人が多すぎます。

*むしろ問題はこちらでしょう。「北朝鮮の核武装を認めた」こととは違うということを明確にする何かかが必要でしょうね。これは参加国がみなそのような意思表示をしないといけない。少なくとも、オリンピックの精神に基づいたものとして参加すると言うことを、「アメリカ」が言わないといけないのです。「北」の参加を本来なら強烈に拒絶しなければいけないけど、トランプ氏は、南北会談を「いいことだ」と言い、その間は攻撃はないと言っている。アメリカもちぐはぐではある。

 (3)韓国の文大統領は北朝鮮をオリンピックに参加してもらうことにより、オリンピックを軍事行動で妨害される恐れを軽減し、韓国民の民族統一という悲願にまた一歩近づけた大統領としての地位を築けます。この人にとっては国際社会の約束や評価よりも、国内の人気を最優先に考えていることが明確にわかります。この人は第二の金大中として韓国二個目のノーベル平和賞を狙っているのかもしれません。でも、それの代償はとてつもなく大きなものとなるでしょう。 ある筋の情報によるとトランプ大統領のアメリカは韓国をすでに見限っているそうです。それで安倍総理とともに38度線にある最前線の見直しを視野に入れている模様です。

*文在寅は歴代の大統領の中でも、歴代の大統領もしれているけど、それよりもはるかに出来の悪いポピュリズムの権化でしょう。どこかの知事に似てると思います。解決策を持たずにただ騒ぐ。ノーベル賞なんて相手にしてくれません。世界のだれもが「統一」を望んでいないのです。この呆れた民族を一緒にすることは、誰も喜ばない。19世紀にどの西欧諸国が手を出すのをためらっていた事情はかわっていません。

日本は間違えたのです。お人好しの民族ですからね。

 (4)それはずばり対馬海峡がその最前線になりうる可能性があるのです。韓国は北朝鮮に秋波を送り続ける大統領の下、アメリカや日本から見限られ、経済はどん底になるでしょう。さらに北との統一が進めば莫大な負担が韓国にのしかかってきます。それを歴史カードで今までのように日本に負担させようと世界各地に慰安婦像を増殖させ、日本バッシングに力を入れてきましたが、それはすべて気泡となって消えていくでしょう。 ・・・・(略) 

*自分たちでやりなさい。ドイツだって苦労したんだから。そういう虫のいいことしか考えない両班思想が抜けきらないうちは真の「独立」などあり得ないでしょう。

 (5)北朝鮮の参加表明は、アメリカからの攻撃をかわす目的があると思っています。これでオリンピックが終わるまでの時間が稼げたことになるからです。

 これでもし文大統領が個人の功を焦って彼の従来から主張する緩やかな統一路線に一歩踏み出していけば、北朝鮮の核保有を韓国は西側として最初に容認したことになり、そのミサイルが飛んでくる矛先は、日本となることは間違いありません。それにより【核を持たれること】、日本は朝鮮半島に妥協せざるを得なくなります。

*この認識を日本国民は共有すべきです。核の脅しを南北が一体となってやりだすと言うことです。言いなりにはなりませんが、そうなって初めて日本の国内がまとまるかもしれません。この事態を想定して策がとれるのか、自衛隊がそれをどのように捉えているかが問題でしょう。

私はこの事態を一番重く見ています。朝鮮の脅しに屈すれば、中国がやってきます。傍若無人に振る舞い、それに乗ってさらに朝鮮人が狂うでしょう。そこまで見すえて対応してほしい。朝鮮とどうして妥協しなければならないのか。核の脅しに屈するような安易な妥協は、国の尊厳のために1ミリだってしてはならないのです。

(6) 韓国は、これから起きるであろう経済危機を民族統一することによって乗り切れると思っているのでしょうか。 民族統一したら、弱小国家から脱却し、日本やCHINAと対等に渡り合えると幻想を抱いているのではないでしょうか。いずれにしても仲間と敵をごっちゃにすることは、国際社会においてとても危険なことだと言えるでしょう。ネット上の口先だけの勇敢な人たちは、日韓断交と口々に言っていますが、私の住む福岡は釜山までの距離は大阪までの半分以下です。海を隔ててすぐの距離にあります。国境の島、対馬には韓国人が所有する土地がたくさんあると聞いています。この狙いはもし第二次朝鮮戦争が起こった時に、逃げてくる場所として確保しているのではないかと勘ぐります。

*毅然とした態度をとり続けること。経済援助など夢であること。《自助努力による《自立をせよ》と言いましょう。もう二度と助けることはないでしょう。私たちは心底この国の人たちが嫌いになっているのですから。

古代の歴史も見直されるでしょう。その時には、ウリナラ空想歴史物語は世界の笑いものに、今でもなっているけど、さらになるでしょう。福沢諭吉が金玉均などの若者を支援して、朝鮮の近代化を期待したがみごとに裏切られた。「脱亜論」はその「諦め」から生まれたものだ。その長柄が<親日罪>なのだ。もはや歴史を歴史として見ることのできない小学生以下のレベルの連中を、まともに人間扱いする方が間違いなのだと言える。「情けは他人(ヒト)のためならず」が通用しない、情けをかける値打もない連中だと言えるでしょう。

中には呉善花さんのような人もいますが、入国拒否されるんですから、国が違うんでしょう。

(7)韓国の新聞各紙はだんだん冷静さを取り戻しているように思えます。大統領が行き過ぎた親北政策をとっているのに危惧しているように思えます。ただ私は朝鮮語を理解しませんので、あくまでも日本語に翻訳した資料でしか判断できません。韓国国民はこのままいくと韓国は無くなってしまうかもしれないところに来ていることに気が付かないのでしょうか。それはあたかも日本で立憲民主党が政権を取って日本のかじ取りをしているようなものです。こんな危険なことはないでしょう。 

 日本はあの民主党政権の悪夢の三年三か月からやっと目覚めて安倍政権になった時にはまだ経済的にちょっと余力がありました。だから最小限の混乱ですみました。 でも、韓国経済はそんな余裕なんかあるような状態ではないはずです。高い失業率特に若い層の就職難、輸出力の減退、大企業と中小企業の大きな賃金格差、通貨危機、そして鬱積した国民の不満。それを定石どおりに反日で消化させようとしているのでしょうが、日本政府の思いもよらない反撃にあってたじたじになっています。  「1ミリたりとも動かすつもりはない」という言葉、年央であれば確実に流行語大賞になったでしょう。

 (8)今までは韓国が騒げば、日本国内の工作員が騒いで簡単に折れた日本政府ですが、近年は全く動じず、さらにそれを国民は支持しています。韓国が反日をすればするほど、日本政府が韓国に対して強硬な態度をとればとるほど政権の支持率が上がることが分かっているのです。

 「野党で共闘して安倍総理を引きづり降ろさねばならない」と主張する左巻きの連中がまだいますが、それは韓国にとって一番いやな安倍総理を降ろすことになります。それにより、日本国民よりも、韓国に対していいことになります。それを狙っているのでしょうね。

 だから野党は国民から支持されません。自民党の批判票としてある一定数を確保するのはわかりますが、それ以上は既に国民の信頼を失っているのです。だからどんなにあがこうが今の野党に政権が移ることはありません。

 野党もそれがわかっているために、三分の二だけは阻止するという作戦に変わっています。そして切り崩しの矛先を公明党に向けているように思えます。

 ヘイワ憲法なんてまやかしです。憲法9条によって戦争にならなかったという主張は、あれだけ多くの拉致被害者やその家族の方々の涙を見れば、空虚なものだとわかるでしょう。竹島にしても、風前の灯火となっている尖閣諸島にしてもこのままだと危険だということが分からないのでしょうか。

 実際尖閣諸島周辺の良好な漁場には日本の漁船ではなく、CHINAの漁船が大挙押し寄せて日本の排他的経済水域の中で日本の漁業資源を奪っているのです。それによって日本の漁師さんたちの生活権が脅かされているのです。話が大きくなってきました。

*井上氏の国内の情勢分析ですが、その通りでしょう。いくら人の良い日本人でもいつまでも甘い顔をしていられないことは気づき始めてきましたね。文さんは実に日本人にとってわかりやすい大根役者でしょう。これは韓国の一応国民の「レベル」の問題なんですね。日本に文化をあたえた兄貴分だといくら言っても、日本には歯が立たないで来たわけですから、「能力がなかった」ンですね。それを認めたくないから今でもおバカさんなわけですね。

日本国内で、朝鮮に阿る連中が国会に巣食っているのは将来の日本を危うくします。現に東日本大震災の時に危うくしましたね。もう戻ることはないわけで、それに気が付かずに、「反日」を繰り返していればいいと思いますよ。ますます日本人にはわかりやすく見えてきますからね。

 (9)つまり、北朝鮮が平昌オリンピックに参加し、それに日本もにこにこ顔で参加するということは北朝鮮の現状を容認することになるのです。

 それを最小限に食い止めるために安倍総理はオリンピックの開会式への参加を見送るのです。だから私はそれを支持します。 テレビで放送されてもあまり興味が出てきません。日本選手の活躍は参加するからには頑張ってほしいのですが、送迎は政府専用機ですることを希望しています。韓国では有事の際に自衛隊機の着陸を認めないようですから。
posted by beetle at 08:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

中国はこれだけのミサイルを日本に今も向けている

miyasanの寄り道   2018-01-10 19:24:10

中国はこれだけのミサイルを日本に今も向けている

日本に今必要なのは今より強力な防衛力と武力、キレイ事で国は守れない。

o0520034114108823936-china-misil.jpg
posted by beetle at 08:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久米宏 「僕は何があっても貴乃花親方の味方です」

ZAKZAK 週刊ポスト  2018.1.10 

 テレビが政治を動かし、時代を動かす−−そんな番組は、『ニュースステーション』(テレビ朝日系)以降ない。なぜそれほどの影響力を持ち得たのか、今のテレビとは何が違うのか。初の自伝『久米宏です。ニュースステーションはザ・ベストテンだった』を刊行した久米宏氏が、自身の半生を振り返りながら、「テレビ論」を語った。

 * * *

 毎日1時間以上の生放送を続けることの大変さは、やってみて初めてわかりましたね。番組をスタートして1か月ほどは、死ぬかと思うくらい疲れました。現金なもので、視聴率が上がると、最初の時ほど疲れることはなくなりました。

 でも15年を超えたくらいで、今度は勤続疲労が出ましたね。食欲がなくなり、体調がおかしくなった。その間、ダイオキシン騒動(*注)などさまざまなトラブルもあったんですが、結局は、ちょっとしたことがどんどん大きくなってしまうテレビの特性がイヤになったという部分は確かにあったと思います。

 【*注/1999年、埼玉県所沢産の農作物について民間調査機関によるダイオキシン濃度の検査結果を番組内で公表。実際には煎茶のデータを「ホウレンソウなどの葉もの野菜」と発言したことにより、風評被害を受けた農家から抗議を受け、謝罪。大きな騒動となった】

 テレビがなければ、日馬富士の事件だって、こんな大きくならないんですよ。(白鵬が)貴乃花親方と一緒の巡業は嫌だと言ったとか言わないとか、そういうくだらないことが勝手に乱反射してしまう。

 もし、僕がいま『ニュースステーション』をやっていたとしたら「貴乃花親方は何が何でも相撲協会を変えたいんです。僕は何があっても貴乃花親方の味方です。理由は申し上げられませんけど」と言ったでしょうね(笑)。

 僕は『ニュースステーション』を、とにかくほかとは違う番組にしたかった。

 どうにかして、誰も言っていない意見を言いたい。誰も聞いていない質問をしたい。なるべく理不尽なことを言いたい。そう思ったんです。

 今回本を作ったのは、全然関係ない職種の人に読んでもらいたいと思ったから。

 仕事にどうやって取り組めばいいかわからないという若い人は多いはず。どんな仕事でも工夫次第で面白くなる。一見、不運なように思えても、あとから見れば幸運だったと思える日がくる。そんなことに気がついていただければいいな、と思っています。

 ■聞き手/柳澤健(ノンフィクションライター)
posted by beetle at 08:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍首相、平昌五輪の開会式欠席へ 慰安婦日韓合意めぐる韓国新方針で判断

産経  2018.1.11 07:10更新

 安倍晋三首相は韓国で2月9日に行われる平昌五輪の開会式への出席を見送る方針を固めた。複数の政府関係者が10日、明らかにした。表向きは1月22日に召集予定の通常国会の日程があるためとするが、慰安婦問題の解決を確認した2015年12月の日韓合意をめぐり、文在寅政権が日本政府に新たな措置を求める姿勢を示したことを受けて判断した。

 韓国政府はこれまで、平昌五輪に合わせた安倍首相の訪韓を繰り返し要請してきた。そうした中で、康京和外相が9日に「被害者らの名誉・尊厳回復と心の傷を癒やすための努力継続を期待する」と発言。10日には文大統領も記者会見で、日本の誠意ある謝罪が必要だとの認識を示した。

 日本政府は「最終的かつ不可逆的な解決」を盛り込んだ日韓合意を見直す動きだと判断。昨年1月に釜山の日本総領事館前の慰安婦像設置への対抗措置として中断している日韓通貨交換(スワップ)協定再開の協議に引き続き応じない方針とともに、安倍首相の平昌五輪の開会式出席を見送る方針を固めた。

 ただ、日本政府内には安倍首相が訪韓し、日韓合意の順守を文氏に直接求めるべきだとの意見も根強くある。

 菅義偉官房長官は10日の記者会見で、文氏の発言について「韓国側がさらなる措置を求めることは、わが国として全く受け入れられない」と批判。外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は同日、在日韓国大使館の李煕燮公使に抗議した。
posted by beetle at 07:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

【速報】韓国が合意破棄を決定w 10億円を返還すると宣言キタ━━━━━━(°∀°)━━━━━━!

NewsU.S. 2018.01.09

日韓合意破棄は回避見通し 韓国、首相の慰問求める案も
朝日新聞デジタル 2018年1月8日 19時53分

韓国の康京和(カンギョンファ)外相は9日午後2時から、慰安婦問題の最終的で不可逆的な解決をうたった2015年の日韓合意をどう扱うかについて、一部を説明する。

同国外交省が8日発表した。文在寅(ムンジェイン)大統領が未来志向の日韓関係を強調していることに配慮。合意の破棄や再交渉は求めない見通しだ。

日韓関係筋によれば、合意を維持したうえで、「日本政府は責任を痛感している」などと記す合意の精神に基づいた履行を日本側に要請する可能性が高い。安倍晋三首相らに対し、元慰安婦らを慰労するための訪問や手紙の送付など、「誠実な履行」を求める形で事実上の追加措置を求める案が浮上しているという。

外交省の措置は、文大統領が10日に年頭の記者会見を行う前に、懸案を整理しておく狙いがある。

日本外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は8日、ソウルで韓国外交省の金容吉(キムヨンギル)東北アジア局長と会談したが、韓国政府の新たな方針については聞かされていないとした。金杉氏は「合意の着実な実施を求める」と改めて記者団に強調した。

日韓合意を巡っては、韓国外相直属の検証チームが昨年末に「合意は不均衡」とする検証結果を発表。文大統領は「この合意では問題は解決されない」との声明を出し、今月4日に元慰安婦らに謝罪した。日本側は「合意の維持以外、受け入れられない」とする立場を韓国側に伝えている。

「韓国:合意の破棄や再交渉は求めない見通しだ」
「合意を維持したうえで、『日本政府は責任を痛感している』などと記す合意の精神に基づいた履行を日本側に要請する可能性が高い」

【速報】韓国政府、日韓合意破棄をあす発表と一部報道 「10億円は返還」

韓国政府、日韓合意破棄をあす発表と一部報道 「10億円は返還」
2018年1月8日20:28

韓国政府はあす、慰安婦問題をめぐる日韓合意を事実上破棄する方針を発表すると複数の韓国メディアが報道。JTBCテレビは、日本政府が韓国側に支払った10億円について「返還する方針」と報じている。

「日本政府が韓国側に支払った10億円について『返還する方針』」

・他スレでもあったけど  韓国側曰く「今は無理だけど、日本と韓国の仲が良くなった時に10億を返還する手続きをしたい」だそうな
・まだまだ日韓関係悪化しそうなんだよなぁ  この情勢でレッドチーム側行っちゃうアホだし
・別ソースだと、日本政府が受け取るはずがないから、南朝鮮政府が10億円を「準備していつでも返せるようプール」する方針 なんだと。
・これだろ
数行(大事なところ)翻訳追加
JTBC単独スクープ 青瓦台「慰安婦合意10億円、日本に返す」
2018-01-08 20:09

JTBC取材結果、大統領府は日本側が渡した支援金10億円を日本に返すという方針を最終決定したことが確認されました。事実上、日韓合意は廃棄される見込みです

青瓦台の関係者は、「日本がこれまで見せてきた立場からも受け取らない可能性が高い」とし「(10億円を)預託しておいて、後に日韓関係が良くなった時に、それ(10億円返還)を再度議論するとされている」

政府はまた、既存の合意が「国際人権基準」に達していないという点を強調する模様です

「(10億円を)預託しておいて、後に日韓関係が良くなった時に、それ(10億円返還)を再度議論するとされている」
「事実上、日韓合意は廃棄される見込みです」 (ココ重要)

・まぁ、10億円を返却することを日本に申し出た場合は、それは「日本の合意履行を韓国が妨害した」明確な合意破棄なので、それの有無が「追加措置を求める」か「合意破棄」の分かれ目っぽい?
・「仲良くなったら約束破ろう」ってアホやろコイツら…
・後ろから撃つのはイチゴ農家やシャープが体験済み。 そういう意味でもこの国は絶対に許しておけない。
(まあどっちにしろ関係改善はありえないので韓国詰んだなwww)
・やったな
・面白くなってきました
・国交断絶しようず
・もう国交断絶しろよ 相手するだけムダだし不毛だ
・期待しているぞ
・ネトウヨこれは ネトウヨの勝利なの?  ネトウヨの敗北なの?
・勝利以外の何物でもないのですがwww  これで嫌韓が一層進むわけですしおすし
・国交断絶待ったなし(^^)
・国交断絶クルー
・国交断絶、在日の強制送還。
・コレ、断交宣言だろ
・ですな  もう未来永劫韓国とは条約や合意を結べない
posted by beetle at 08:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

台湾海峡を中国から守る“主役”は日本 日台、中国共産党の野望を打ち砕くソフトパワーに

ZAKZAK 2018.1.7 【アジアを先導する日本】

 米フーバー研究所フェロー、エミリー・チェン氏(在米台湾人)が2016年2月、米外交専門誌『ナショナル・インタレスト』で発表した論文「台湾海峡の次の主役は日本か?」は、タイトルから十分刺激的だった。

 台湾海峡は、台湾と中国・福建省を隔てる海峡で、1950年代から90年代まで、何度も台湾海峡危機と呼ばれる軍事的緊張が高まった。96年の台湾総統選挙では、台湾独立志向が強い李登輝氏が「民主」というスローガンを掲げて出馬したことに、中国共産党は強く反発した。

 中国人民解放軍は軍事演習として、ミサイルを台湾海峡に立て続けに撃ち込み、台湾を恫喝(どうかつ)した。これに対し、当時のビル・クリントン米大統領は空母2隻を中心とする艦隊を台湾海峡に派遣し、中国共産党に圧力をかけ、事態の沈静化を図った。中国による軍事的威嚇は台湾人をかえって団結させ、総統選挙では李氏が圧勝した。

 そんな、朝鮮半島の38度線と並ぶ「アジアの火薬庫」といえる台湾海峡の命運は日本が握っていると、チェン氏は論文に記した。

 彼女は、日本の軍事力で中国の台湾侵攻を阻止できる−と単純に考えたのではない。論文では軍事には触れず、この10年の日台間の民間交流の爆発的拡大と、濃密な親密度、相互理解について、日本文化の台湾への侵透から解き明かしている。そんな日台関係が、中国共産党の野望を打ち砕くソフトパワーになると、さまざまなデータを用いて論じているのだ。

 チェン氏がそんな構想を描けた背景に、安倍晋三首相が第二次政権発足直後の2012年暮れに発表した「アジアの民主的安全保障ダイヤモンド(セキュリティーダイヤモンド)構想」があったのである。

 現実的な問題として、現在、日台間の軍事交流を進められる環境はない。だが、台湾は確実に、中国共産党の独裁政権を嫌う、成熟した海洋民主国家として、新しい一歩を踏み出している。この論文は、民進党の蔡英文総統が16年1月の台湾総統選挙で、国民党候補を打ち破るという予兆の中で書かれたものだった。

 昨年7月、中国の空母「遼寧」が台湾海峡を通過し、戦闘機や爆撃機も不穏な動きを見せた。中国共産党にしてみれば、クリントン米政権に空母を派遣された恨みを20年後に晴らすとともに、独立志向の蔡政権への脅しと嫌がらせの一環である。

 そんななか、海上自衛隊のヘリ搭載型護衛艦「いずも」は昨年6月、ASEAN(東南アジア諸国連合)諸国11人の士官を乗せて、南シナ海で不審船対処や救難訓練など国際法に準拠した研修を実施した。それは、中国が国際法を無視して、南シナ海の岩礁を埋め立て要塞化している海域の近くだった。

 ■西村幸祐(にしむら・こうゆう) ジャーナリスト。1952年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部中退。在学中、「三田文学」の編集を担当し、80年代後半から、作家、ジャーナリストとして活動。2002年日韓サッカーW杯取材後、拉致問題や歴史問題などにも、取材・執筆分野を広げる。アジア自由民主連帯協議会副会長。著書に『21世紀の「脱亜論」 中国・韓国との訣別』(祥伝社新書)、『報道しない自由』(イースト・プレス)など。
posted by beetle at 08:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする