2017年10月07日

中韓スワップが終わると通貨危機で使える外貨が消滅w 国家破綻クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!!w

NewsU.S. 2017.10.06

10月10日に満期を迎える韓中通貨スワップ、結局このまま延長なし?
2017年10月04日14時18分

今月10日に満期を迎える韓国と中国の間の通貨スワップの延長はまだ不透明だ。特に、秋夕(チュソク、中秋)連休で満期前まで営業日がない韓国としては、9月末に中国から確答をもらわなければならなかったが結局中国側からは何の反応もなかったことが分かった。

韓国銀行によると、韓中通貨スワップは3600億人民元(約6兆840億円)に達する。これは韓国が現在結んでいる通貨スワップ全体規模の45.8%、自国通貨(LC)スワップの67%で最大だ。したがって韓中通貨スワップの満期延長が失敗に終わった場合、通貨危機の時に使える外貨資金が半減することになる。
・・・

「中韓通貨スワップ:韓国が現在結んでいる通貨スワップ全体規模の45.8%」
「延長が失敗に終わった場合、通貨危機の時に使える外貨資金が半減することになる」

・通貨危機の時に使える資金が半減ってw  こんなん殆んど国の存亡が生殺与奪権が中国に握られてるのと同じじゃないのっっw
・韓国経済は堅調、外貨準備も万全・・・  そう言ってたよな。  なんでこんなに必死なの?
・外貨準備高も張り子だろ?ぺてん師
・外貨準備高3800億ドル、そのうち米国債が900億ドルあるそうだから ケンチャナヨww
韓国の外貨準備高 3カ月連続で過去最高更新
2017-08-03 06:00

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が3日に発表した7月末現在の外貨準備高は3837億6000万ドル(約42兆4900億円)で、前月末に比べ31億9000万ドル増加した。5カ月連続の増加で、3カ月連続して過去最高を更新した。

韓国銀行は外貨資産の運用益が増えたことに加え、米ドル安でユーロや円などドル以外の外貨建て資産のドル換算額が増加したためと説明した。・・・

「7月末現在の外貨準備高は3837億6000万ドル(約42兆4900億円)で、前月末に比べ31億9000万ドル増加」
「5カ月連続の増加で、3カ月連続して過去最高を更新」

・確か前回も 前日まで大丈夫と言ってたんだよな。
・前々回もなんだな、これが。
(つまりもし外貨準備高が空っぽならみずほ大損なわけだ)
・死にそうで死んでない造船関係どうなるんだろう  資金がショートしたらまた日本の銀行に金を借りに来るのだろうか  前みずほかどこかが貸してたよね
・みずほが千億円単位で貸してて青くなってる。
・そりゃ大変だ  担保ちゃんととって貸してるんだろうか
・最初の頃は、輸出入銀行の保証をつけていたよ。  つまり韓国が持っている外貨準備高を差し押さえることができる契約だった。   その頃の慎重さを今も維持しているかどうかはわからない。
・韓国の外貨準備はジャンク債がほとんどで粉飾決算まがいだったからねぇ。
(スワップが消えれば同胞みずほも祖国に牙を剥く…面白い展開だなww)
・みずほは、いざとなったら日韓スワップで救済されるという皮算用を弾いていたからな。  スワップがすべてなくなったら、今後は貸し剥がしに動くだろうね。
・一度焦げ付きかけて利率変更&更に追加融資という???な対応をした。  韓国デフォルトが起きたらみずほで株主代表訴訟待った無し。
・みずほ、うまく切り抜けられるのだろうか  巨額損失出したら株主に袋叩きにされるだろ
・中韓スワップ終了   アメリカは軍備強化  平昌五輪はボイコットの嵐  日本は解散総選挙で大忙し
韓国は自力で何とかせい!  本気でヤバいと思うなら在日を残らず引き取れ!
・おおっ!   最後の一行に韓国の活路が有るじゃないか!
posted by beetle at 08:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

50年後、この世にいない・・・

雨のち晴れの記 2017-10-06 23:24

9月6日のブログ「選挙の時には日本にいない、が・・・」に対する一黙さんからのA4で4ページに及ぶコメントをいただきました。私の不細工なブログに丁寧なコメントを頂けるのはとてもうれしいことです。一黙さんも言われる様に、安倍さんのすべてがいいわけではない。選択として安倍さんを支持しているわけで、安倍さんに代わる日本の国益を守り、国民のために世界を相手に立ち居振る舞いができる人物がいるならば、その人を選ぶでしょう。しかし、現在では安倍さんの考え方は、私が思うことに合致しているから支持をするわけで、彼が「独裁者」だとかいう人もいますが、小池女史よりはまだマシだと思います。麻生さんや菅さん、公明党も支持しているわけですからね。石破は器量がないし、一国を率いていく器ではない。

昨夜NHKで明智光秀を取り上げた番組がありまして、それを妻と見ながら、明智光秀と小池百合子が重なって見えてきて、思わず苦笑してしまいました。反旗をひるがえしたものの、「国を治めるビジョンや信念がない」。

秀吉にはなれません。今の政局で欲しいのは秀吉か、家康のような人物でしょう。ある意味、安倍さんは「家康型」かもしれません。突然思いついた言い方ですが。

いずれにせよ、明智タイプの人物が多すぎます。
それで今回いただいたコメントで、後半の世界の未来について書かせてもらいます。

自滅する反(日)安倍ガー連中(1… by推摩 一黙@ネ…10月06日 00:42 IP:180.9.128.221

前のコメントを喜んでいただけて私も嬉しいですw
さて、今回の
>小沢の終焉。菅、鳩山も消えていい。
>今回の選択の基準は明確だ。左右どちらにせよ、純粋の日本人を議員に選ぶことです。
>日本の未来は、多様な意見があっても日本人が選ぶべきです。国益が「反日」につながるのでは、日本の国益に結びつきません。

と、いう見解には「大いに同意! 賛成!」ですね!
……っといいますか、今回の解散騒ぎでの「民進党(旧民主党・社会党系)勢力の勝手に自滅自壊( ̄□ ̄;)!?」や「性急すぎた小池が色々とボロを出し、高転にコケるо(ж>▽<)y ☆」サマは、見てて「面白い! 面白♪」
とか言ってるとかなり人が悪いですが、正直、与党の安倍さん麻生さんも「( ゜Д゜)ポカーン」とアッケに取られているんじゃないでしょうか?

*安倍さんや麻生さんの立場で見ていたら、あまりものことに一黙さんの言うとおりでしょうね!

解散直後に間髪入れず小池新党が、『希望の党』に民進が合流か!? という話になった途端、「お葬式状態w」だった野党(サヨク)とマスゴミが打って変わって『解散総選挙で安倍政権打倒だ!w』と無邪気に湧き返りましたが……その後の顛末は、まあ「観ての通り」です┐( ̄ヘ ̄)┌

先にも書きましたが野合集散の「議席にバッチにしがみつく」為に見苦しく右往左往し、裏切りや切り捨て、あるいは逆切れして新党立ち上げしたり、無所属といいつつ連合や民進旧党組織に頼ったり滅茶苦茶「見・苦・し・い」です。

小池新党の方も、候補希望者に「振込詐欺まがい」の資金拠出を迫ったり、都議会の「都民ファースト」からの離脱者に『都議会議員をまるで独裁者のように支配下に置きたがる』そのやり口が都議会議員への給付金ピンハネ(!)の実態までバラされ小池知事の政治姿勢への疑念疑惑が膨れ上がっている有り様です( ̄□ ̄;)

さて、この間、安部さんら与党政権側は、街頭宣伝で『真っ当な疑問、批判、指摘』をしたくらいで“特に何も仕掛けていません”!?

ですんで、野党側は――反アベガーで結集している民進・小池の各連中は勝手に一人相撲で転び、勝手に血まみれになって見苦しく喚いてますw
この姿を見て、国民はどー思うでしょう?
今度の「選挙結果を見れば」よく分かると思います。

*マスコミがどうするのかその動きをみていると面白いかも。「ひるおび」など困っていますよね。持ち上げる相手が自分でこけちゃうんだから。それでも小池を持ち上げようとしてるのかな。でも「外国人の選挙権反対」の人を持ち上げるのも困るだろうに・・・、マスコミの動きに注目です。TBSは舛添をラジオで呼ぶようですよ。

今度の選挙……まあ、安部政権が勝つ――そ…
さて、今度の選挙、今の与党安倍自民が「勝つ!」
それも「思ってもみなかった“望外の大勝”」もあり得るんじゃないだろうか? と大胆に予想します。
無論、今の日本の世論にマスゴミの扇動に流された「安倍自民に代わる投票先」を求める空気――といいますか、無関心無党派層が一定数居るのは認めます。
しかし、そーした人たちが求める「安倍政権に代わる票の託し先」は、今のアベガーの「反安倍政権打倒! 自体が目的」と化した馬鹿野党ドモでは少なくともありません。
「アメリカよりも中国の子分になろうと言わんがばかりの」人たち――「反安倍」でまとまろうと言うお粗末なレベルの人たち……これにはサヨクパヨクと呼ばれる“市民団体(市民と名乗り“国民”とは決して名乗らない人たち)やマスゴミも含まれますが、反日で売国 = 日本を貶め卑しめ、中共や朝鮮の奴隷に日本と日本人を貶めたいと暗い情念を燃やすア・ホ・共に今の日本人が日本国民が騙されて支持するとでも思うのでしょうか?(棒
まあ、色々と追いつめられ先が無くなったいた連中が悪足掻いているダケなんですがねっ┐( ̄ヘ ̄)┌
今の日本で「反安倍」で息巻いて得をするのは日本国民で一人もいませんよ?(!)
安倍政権が今、倒れてバンザイするのは大喜びするのは、「自虐史観も歴史問題への反省も“今までの日本”のようにしない。特亜の思うようにならない安倍政権が邪魔で邪魔で仕方が無い中共や韓国、北朝鮮」ダケですよ?
ご指摘の通り今の安倍政権は『中国に対抗し、外交的に蜂包囲網を築き対抗しようとしている』“日本の国益”に沿って動いています!
世の中にはこう言うと「安倍信者!」とかレッテルを張られますが、hagure1945さんも、
>ブロガーの中で、小池と安倍を同じレベルで論じている人がいて、日ごろのブログには学ぶところがあったけど、たんなる「アベ嫌い」と言うレベルでものをいうようでは、いささかがっかりしてしまった。
といっておられるように、『「反安倍」の意味がないんですね。「反安倍」が言えるのは、国益を守ろうとする政策に「反対すること」で、敵対する中国と朝鮮に組することでしかない』と見抜いていますように、意味は無いと思います。

勝手に自滅していくんで、呆れて見てます(…
安倍政権が何でもかんでも素晴らしいとは私も言いません。
移民政策や消費税を始めとする財政政策で懸念したり文句言いたい点も山ほどあります!
しかしながら、「安保外交」という点で安倍政権は日本の国益を守り、その為に特亜にキチンと対応対抗するという意味で、評価と信用ができる唯一の選択肢です。
他に「代わりとなる」政治勢力がまるでない以上、次善の選択として支持するしかないじゃありませんか!?
そして、幸いその辺りの『危うさ』が野党の「反安倍」を唱える連中の胡散臭さや正体が、奴ら自身の自滅で日の下にさらけ出されていますw
この状況で、キチンと判断材料を見るコトができて「与党自民側に入れるか?」それとも「反日売国の特亜の手先であるコトを隠さない無様な反安倍の野党勢力に票を投じるか?」まあ、いうまでもないでしょう┐( ̄ヘ ̄)┌
無論、まだ油断や安心にはまだ早いですが、このまま行けば旧民主党系・社会党系のゴミサヨク・クズパヨク連中は思ったより早く――しかも勝手に自滅して消滅して行くでしょう┐( ̄ヘ ̄)┌
そのように私は“観て”います

*一黙さんが私と同じような見方をされていることに私も独りよがりでないことを感じ、うれしいです。今日のラジオで小池さんの9つの政策について、いわば負け戦をするのだから「なんでも言える」と解説されていました。
福島瑞穂の顔も菅や鳩山や小沢と同時に消えてほしいですね。
日本にいれば選挙の情勢を徹夜で見てるでしょうね・・・
枝野氏は全共闘時代の赤ヘル勢力の生き残りなんですね。隣の文さんみたいですね。頑張ってもらいましょう。憲法があって国民がいるんじゃないよ。国民がいて憲法があるんだかね。どこかの国では憲法を党が指導すると言っているから、国民なんていない国もある。

それと……未来の世界について 

それと、前回のコメントで未来の世界情勢を「来るべき未来!?」という感じで少し予想を書きましたが、この中で「北極海を巡る争いが次の世界のキーになる」と予想しましたが……これは今の世界で進む気候変動と温暖化促進で起こる『パラダイムシフト』からです。
おそらく北極海が年中“凍らない”自由に行き来し開発できる『第七の最後の大洋、手付かずの海のフロンティア』となるならば、温暖化と気候変動がこのまま止めようも無く進むコトを意味していますが、これは今現在の『耕作地帯』が干ばつや極端な豪雨、洪水災害などにさらされ「危機に陥る」という反面。
いままで年中凍り付き利用できなかったシベリアやカナダなどの未手付かずの大地が「新たな豊かな耕作地候補」になり得る!? という事でもあります。
恐らく、極東ロシア地域は中国からの難民流民の移民圧力にさらされ、乗っ取られるか? あるいは妥協するか? ロシアは選択を迫らるでしょうが、カナダやアラスカの北米北部地域も開拓開発と共に、「貴重な水資源」の供給地として重要になるでしょう!

*ロシアに入った中国人は「奴隷」にされるかも・・・、

今、赤道に近い北アフリカから中央アフリカ、中東の地域では、急速な砂漠化により水と耕作地が失われ、先祖伝来の土地で暮らして行けなくなった人々が難民化して凄いスピードで増えています。
元々、古代のサハラ砂漠は緑が豊かだったそうですが、なぜ現在は砂漠になったのかといいますと、20,000年前から12,000年前に急速に乾燥化進み砂漠が最も拡大したのだそうです。

今の世界の地図が塗り替わる!…by推摩 一黙@ネ…

現在のサヘル地帯のほとんどがサハラ砂漠に飲み込まれていしまいましたが、これはアフリカだけの話ではなく、スフィンクスやピラミッドのある北エジプトでも湿潤な緑あふれる豊かな土地だったのが一万年前から急激な乾燥化が起こり砂漠となって行ったんです。
アジアは、温暖湿潤な気候から熱帯のような多雨豪雨に加えて「台風の襲来する」地域になるでしょう。さて、今までの二千年間安定して人類の繁栄を支えていた地域が激甚災害と気候変動の増加で暮らしにくくなるその代わりに、今まで人が住めなかった凍り付いた不毛の地が、シベリアや極東ロシア地域、そしてアラスカやカナダなどは耕作可能な。いえ、耕作と人が生活するのに適した地域に様変わりするでしょう!
さらに大きな利点はこれらの地域には人の手が付けられなかった「豊富で綺麗な水資源」が眠っている事です!
アメリカはこの北米の恵みで。そしてユーラシア大陸では欧州・ロシア、中国、そしてインドや中央アジアの国々で「今、極東ロシア領域となっている」豊かな土地と水資源の眠るこの地域を制した者が21世紀、22世紀の覇者として繁栄を続けるコトができるでしょう!

北極海大戦!? と以外にも安全牌な新鎖国…by推摩 一黙@ネ

あ、それと「日本」がジョーカーというかワイルドカードとして重要になるでしょうw
最先端の産業や素材、それらを支える技術と、深海や厳しい環境を開発するのに必要な技術や土木機械などで、『日本の存在は必要不可欠』です。
そして、海洋開発が進めば、メタンハイドレートを始め、『資源の自給自活』が可能になる上に、「綺麗な水資源」を充分に自給できる環境とそして「濾過技術」にも富んだ日本は、充分に「現代版鎖国」が可能ですw
まあ、現代版鎖国と言っても「移民を厳しく規制し」不法滞在や難民を受け入れず許さないというだけで、「観光客」もビジネス目的の来日も正規のモノならOkで、日本人の海外や留学も自由ですが……モノやカネ以上に厳しく人の往来は管理するという感じでしょうか?
で、日本は海洋交易国としてアメリカ・アジア太平洋経済圏を相手にしてるだけで今世紀中は手いっぱいでしょうし、アフリカや極東ロシア地域の発展開発に関わるのもまだまだ先でしょう(おそらく次の世紀かと┐( ̄ヘ ̄)┌
そーした中で、開発の事業技術パートナーとして今でもアメリカ、カナダ、ロシアに日本は引っ張りだこですw
まだ体裁が整ったばかりの北極海開発関係国国際機関に、『領海が無く、本来縁が無い』ハズの日本が「オブザーバーとして」当然のように参加が熱望されてたりしますw
これに呼ばれてない中国、韓国が無理矢理首を捻じ込んでますが、鼻黄ばみられています(≧▽≦)
北極海の開発にはいくら凍らなくなったといっても日本の極限環境下での開発技術が必要なんですよねぇw
そーいう意味で、日本はプレイヤーの一人として一枚噛まざるを得ませんが、別に領土的領海的野心を持たずビジネスライクに付き合えば、例え、北極海の覇権を巡って三度目の大戦になっても蚊帳の外で居られるでしょう┐( ̄ヘ ̄)┌
そーした時代の光景を、歴史を目撃できるまで生きてられそうにありませんが、これから先の世界の歴史の流れを一つそのように予想します。
いかがでしょうかね?w

*そうですね。未来を想定するにしても、30年ではまだそこまでいかないでしょう。私は30年は生きていないでしょうから、その姿を予想することができません。それよりも今の10代、20代の若者がどのような未来予想図を描くかによって世界が変わると思います。もし、その予想図が貧弱であれば、他の国の若者が描いたものに引きずられていくかもしれません。

地球温暖化、環境破壊について、このまま進むのかどうかもわかりません。北極海が通行可能な海になれば白熊は絶滅危惧種になりますね。
地球温暖化がこのまま単純に進むとは思えない。ロシアの凍土は確か泥炭があって自然発火してしまうから・・・
そうなったら温暖化は止められないか?
ははは、もう知らない! 生きていないから。
私は白熊が生息している世界を希望しますけどね。それと中国の経済が発展するとしたら、環境保全に努力するでしょう。砂漠化を止めるのが中国の大きな課題になりますからね。

一黙さんもブログで書かれていたように、メキシコ湾での石油問題、あれがあのような背景にあるとは思ってもいませんでした。チェリノブイリ、福島に並ぶ世界歴史上の三大事故の一つでしょう。その影響をアメリカが受けているわけで、アメリカ人もバカじゃなければ何かを考えるでしょう。

2018年の冬のオリンピックもわからないし、北朝鮮問題も不明です。中国の経済も不安要因はたくさんある。

19全大会が終ったら、一気に様子が変わるかもしれない。向こう10年はやはり『チャイナの動向』が大きいでしょう。たぶん萎むと思っています。その前に統計数字が修正されるかもしれないし、金正恩が暗殺されるかもしれないし、情勢は流動的です。


山火事、ハリケーン襲来、竜巻などの被害が連続してアメリカを毎年襲えば、戦争などしていられなくなる。

中国だって毎年、大洪水に襲われている。実際には日本徒変わらないくらいに自然災害の被害を受けているけど、公表しないだけだし、人命を日本と違って尊重しないから、自然を守ろうなどと言う気風が起こらない。

おそらく日本以上の被害を出していると言える。
インフラの老朽化対策も手抜きが多ければ、それによる被害も大きい。中小のダムの決壊などもあるだろう。
北極海をめぐる争いが起こる前に、人間はやらなければならないことに取り組むだろう。太平洋やインド洋の島国が消滅してしまう。

でも一黙さんの言う様に、未来のイメージは大事です。そイメージの貧困が現在の在りようを悪くすると言えるでしょう。「日本の形」をイメージせずに政治のその場その場の駆け引きで動く、そういう政治家しか持てないとしたら、日本国民として反省しないといけないかもしれない。

それは国民一人一人が「今日」のことしか考えないからだ。子供、孫の未来にどのような『文化をもった国』を引き渡したいのか、今いる大人のイメージの貧困が未来を暗くする。

今こそ「哲学」が求められているのではないかな、と思います。

ルネサンスのような輝きを持った《近代資本主義文化》は終焉します。少し落ち着いて、《セルフディベロップメントの時代》にならないといけないのではないでしょうか。

今世紀の最大の問題は中国は民主化です。

それはまだ先でしょう。この国が分裂してEUのようになったら歴史は大きく変わるでしょうが、それを見ることは私にはないと言い切れるだろうか。残る時間内に、中国が分裂して、いくつもの国家になり、民主主義が彼らの手で行われるようになったら、それこそ世界に落ち着いた平和がもたらせられるかもしれないが、これは夢かな。

日本の世界歴史的役割は、アジアの国々を殖民地から解放した延長上で、中国を近代国家としての民主主義政体に変えることでしょう。それは日本の中国への「恩返し」です。多くの文化的影響を受けたのですから。人民を解放させて、人権を得られるようにすることです。それによって日中戦争は終結します。道半ばでアメリカに立ちはだかれたのです。その結果、中国は「共産党」と言う帝国主義者が人民支配したままになったのです。

ですから日本は人民を解放して、『基本的人権』を獲得させ、本来の自分たちの国家をつくらせないといけないのです。走して初めて日本の戦争は終るのです。

『共産党』は中国人を支配する「他民族」です。「元」とか「清」と同じように「共産党」と言う中国人ではない「支配民族」なのです。「共産党政府」と「人民」は区別して考えなければならないでしょう。

『朕は国家なり』の支配思想が現代でも生きづいている稀有な大国《中華帝国》が生き続けているのです。過去の状態から現代の国家へと変わらせることが日本の使命です。明治維新を起こした侍たちの思いは受け継いでいかないといけない。我々はもう一度「尊敬できる中国」に姿を変えてもらわないといけないのです。

どうしても私は中国にこだわっていますね。中国と言う風土が嫌いではないからでしょう。日本の平和は、アメリカによってではなく、中国によってもたらされます。中国が領土拡大を志向するとき、日本は危機を迎えます。ですから権力と好を通じるのではなく、主権在民の民との好を通じなければならないのです。

もっともっと多くの一般人民の訪日を歓迎して、いかに日本が《人民の国》であるかをPRしましょう。彼等は「人民の国》がどういうものなのかを知らないのですから。

話が脱線したかも。朝鮮ね、未来に朝鮮は入っていないのだ。あの根性はどうしようもないもので私の地図には半島がない。在日朝鮮人は帰国するか日本に帰化するかの選択を迫って整理するしかないだろう。帰化条件は「反日」でないことに尽きる。「反日」はテロリストと同じなのだから。

あと30年の間に、在日問題も解決しないといけない。そうでないと戦後処理が完了しないのだ。

2045年まで、あと28年、私の生きているうちに真の独立を勝ち取れるだろうか。日本の領土にある米軍演習場の島を返還させないといけない。そこは《日本国軍》の演習地であるべきだろう。

一黙さんの未来論とはかみ合っていないかもしれないけど、一黙さんの意見に付け加えたい私の意見と思って欲しい。
posted by beetle at 07:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

音喜多&上田都議が離党届提出「都民ファはブラックボックス」

スポーツ報知 / 2017年10月6日 7時0分

 小池氏が事実上率いる「都民ファーストの会」の音喜多駿都議(34)と上田令子都議(52)が5日、東京都庁で会見し、同党に離党届を提出したことを明かした。

 2人は小池都知事への批判を展開。音喜多氏は「数度にわたって代表が代わりましたが、55人の議員がいるのに3人ぐらいで人事が決められていた」と“密室政治”を指摘。自由な発言を制限されていたとも明かした。

 上田氏は小池氏が自民党都連を攻撃した際の言葉を逆手に取り「(都民ファが)まさにブラックボックス」と皮肉った。さらに、今年7月の都議選以降、所属議員が毎月党費6万円と政務活動費15万円を徴収されていたことも明かした。単純計算で徴収額は3465万円に上るが、「このお金はどこへ行ったのか?」と首をかしげた。

 音喜多氏は小池氏が「希望の党」の代表になったことについても「豊洲、五輪、いろいろと課題が山積している中で国政に手を出すべきではない」と苦言も。報道陣から「自分が国政に出たかったのでは?」と質問されると「複数回オファーをいただきましたが断りました」と話した。

 都民ファの増子博樹幹事長は報道陣の取材に「(党内で)自由な議論ができないわけではない」とした
posted by beetle at 09:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

中国、「パンドラの箱」党大会後に債務削減を開始「経済急減速」

勝又壽良の経済時評 2017-10-04 05:00:00

吹き飛ぶ経済楽観論 党大会後に鎮魂の鐘

習近平氏の経済改革は、全て10月18日からの19回党大会後から始まる見込みだ。5年に一度の共産党大会である。それまで、波乱を起こさず平穏に終わらせるには、経済面でも細心の注意が必要だ。過剰債務に目を瞑って、高目の成長率維持が最大の眼目である。党大会が終われば、そういう神経を使わなくても済む。遅すぎた過剰債務処理に向けて、動き出す気配である。

チャイナ・ベージュブック(CBB)インターナショナルの調査によると、中国経済は第3・四半期に減速したとみられるものの、昨年と比べかなり健全な状態を維持しているという。ただ、2018年には大きなリスクが浮上する可能性があると、不気味な予告をしている。以上は、『ロイター』(9月27日付け)が伝えたもの。

ベージュブックとは何か。米国の12の連邦準備銀行(FRB)が、それぞれ管轄する地区の経済状況をまとめた報告書である。表紙のベージュ色が名称の由来である。このベージュブックと同じ調査方法で、中国企業を分析しているものがチャイナ・ベージュブックであり、高く評価されている。

吹き飛ぶ経済楽観論

前記の『ロイター』によると、CBBは次のように分析した。

(1)「経済成長は堅調を維持する見込みとする一方、低利の融資や製造業、不動産といった『旧来の』成長エンジンへの過剰な依存が続いていることなどを重大なリスクとして挙げた。中国のコモディティー価格(注:商品市況)は今年、政府主導の建設ブームと生産能力削減に関する発表を背景に、大幅に上昇してきた。しかし、企業の生産能力と生産は依然拡大しており、CBBは生産能力削減がほぼ神話だと指摘。『コモディティー価格を押し上げているのは需要と投機的な資金流入で、多くのアナリストが指摘してきたような生産能力の削減ではない。これらのトレンドは持続不可能で、需要は明らかに鈍化している』と分析した」

中国経済は、「古い産業」の製造業と不動産によって牽引されていると、まず経済体質を分析している。これまで、「中国経済楽観論」を醸し出してきた原因は、商品市況の回復がリードしてきた側面が大きい。その商品市況回復は、鉄鋼などの余剰設備が削減されるであろうという期待が先行したものだ。現実には、企業の生産能力と生産は依然として拡大しており、生産能力削減がほぼ神話だと、CBBは分析する。

鉄鋼では1億トンの余剰設備が廃棄されたとするが、まだ2億トンの廃棄が残っている。鉄鋼だけを見ても、余剰設備の処理はまだ3割程度にしか過ぎない。商品市況は大きく跳ね上がったが、設備廃棄への期待先行と投機資金の流入による。すでに、卸物価指数はこの6月以降、横ばい基調に転じており、ピークを越えた印象である。

(2)「CBBは第3・四半期の中国企業の借り入れは貸出金利が低下する中、過去4年間で2番目に高い水準を記録したとし、『企業が実際にレバレッジを解消しているにもかかわらず、良好な業績を上げていると信じるのは深刻な間違いだ』と指摘。『2018年に引き締めが実施されれば、企業は大方のアナリストが認識しているよりもはるかに大きな衝撃を受ける』と警告した」

中国企業の債務残高は、依然として高水準にある。7〜9月期の債務削減は進んでいないのが現実だ。明年、金利が引上げられる事態になると、業績面で大きな影響が出ると警戒している。金利が引上げられる条件とは何か。

この10月18日以降、習政権は党大会への配慮がいらないので、本格的なデレバレッジに動き出すこと。外貨流出が、人民元安をきっかけにして加速すると、人民元防衛目的で否応なく金利引き上げに追い込まれること。中国政府は、外貨準備高3兆ドル台防衛に必死である。「一帯一路」プロジェクト推進には、「見せ金」として3兆ドル台の外貨準備が絶対に必要な「小道具」になっている。この「小道具」を失うと、中国のメンツは丸つぶれになるから、ひたすらこの事態の起こることを恐れている。不思議な政府である。

普通の国家であれば、内政重視で金利引き上げには慎重になるはずだ。中国の場合、「普遍帝国」である。外延的発展が最大の国家目標であるゆえ、外貨準備高の高さを誇り、発展途上国に「畏怖」される存在であることを優先する政府である。こういう特異の行動パターンをとることに注意すべきである。

党大会後に鎮魂の鐘か

『大紀元』(9月27日付け)は、「習近平当局、19大後金融リスクなど経済問題に注力」と題して、英政治経済週刊誌『エコノミスト』の調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)のレポートを掲載した。

習氏は、中国経済最大の問題が、過剰債務にあると熟知しているはずだ、と指摘している。習氏が、それを知りながら手を打てなかったのは、2期目の政権を確実にするために、あえて放置していたとしている。この点の認識は、私と完全に一致する。仮に「経済音痴」であろうとも、これだけの債務を積み上げて平然としている政治家は存在しまい。とくに企業の過剰債務問題は、企業や金融機関の倒産に直結する故、放置は不可能なのだ。そのタイムリミットが、習政権2期目にあたる。待ったなしである。

(3)「EIUが発表した最新研究報告では、18年の中国国内総生産(GDP)成長率は現在の6%台を割り、5.8%まで低下すると示された。EIUは、国家主席1期目で、党内および軍内で最高指導者としての地位を固めることに集中してきた習氏は、2期目に国内の経済問題に着手するだろうとの見方を示した。19大の人事刷新は今後、中国の経済政策に大きな影響を与える」

来年の中国の成長率は、5.8%まで低下すると見ている。これ以上の債務依存の経済運営が不可能な結果である。すでに、最高指導部から江沢民一派は一掃されているはずだから、あえて習氏の意向に逆らって、さらに債務を積み上げた経済成長を要求する集団が存在しないであろう。

(4)「同報告は、中国経済の主要問題は過剰債務だとしたうえ、当局は長い間、この問題がもたらし金融リスクへの対処を怠ったと指摘した。近年、国際通貨基金(IMF)、国際決済銀行(BIS)などの世界的権威機関が、急増する中国の債務規模がすでに危険水準に達し、新たな世界金融危機を招いていると警告してきた。中国当局もそれを認識しているようだ。昨年5月、党機関紙・人民日報が『権威人士』へのインタビュー記事を掲載した。同『権威人士』は、『高いレバレッジはコントロールできなければ金融危機を起こし、マイナス成長になる』などと中国経済に関する問題点を指摘した。国内外多くの専門家は、『権威人士』は中国最高層指導部のメンバーだと捉えている。EIUは中国当局が今後、リスク解消で行うデレバレッジ(債務削減)に関して以下3つの経済・金融政策を調整すると推測した」

昨年5月、『人民日報』紙上で話題を呼ぶ論説が掲載された。これは、習主席vs李首相との経済路線を巡る対立と評された。習氏はデレバレッジの債務警戒派。李氏がレバレッジ継続の成長派と見られていた。だが、結果はデレバレッジ派に軍配があがり、習氏の路線が全面に浮かび上がった。だが、現実の政策はレバレッジ継続という矛盾した政策を続けてきた。習氏は、デレバレッジへの強い風当たりを目の前にして、一歩後退で妥協せざるをえなかったのか。とすれば、2期目の政権では自説に従い、デレバレッジ路線を前面に出しても不思議はない。

(5)「金融政策 中国人民銀行(中央銀行)は2018年に、インフレ圧力と関係なく、政策金利である『基準金利』を引き上げる可能性が高い。主な目的は、国内金融市場や企業に対して信用収縮(金融機関の融資枠縮小、貸出制限)の姿勢を示すためだ。当局が今年に行ってきた金融セクターへの取り締まり強化で、銀行間取引金利などを引き上げた」

マネーサプライ(M2)は、8月すでに前年比8.9%と増加率に急ブレーキがかかっている。その意味では「信用収縮」はすでに始まっている。来年は、この傾向がさらに強まるのだ。中国経済の混乱は必至であろう。ミルトン・フリードマンの「新貨幣数量説」が説くように、マネーサプライの急減は実体経済に大きな影響を及ぼす。

(6)「財政政策 EIUは、中国当局が2018年に、金融機関の貸出制限の代わりに、積極的な財政政策(当局の支出を増やすこと)を強化すると予測した。2017年にGDPの3.9%を占めた当局の財政赤字規模は、18年になるとGDPの4.4%に上昇するとの見込みだ」

18年の金融政策が引き締め基調であれば、財政が緩和基調を維持することになろう。具体的には、財政赤字の拡大である。これまで、金融大緩和を続け地価高騰を煽ってきた。地方政府の主要財源に土地売却益を充てるという、考えられない政策を行ない、財政赤字を増やさない政策をとってきた。これが、不動産バブルを産み出した根本原因である。いわば、「官製バブル」という世界に例のない無謀なことをやった。

(7)「理財商品と影の銀行への取り締まり強化 中国当局は今後、金融リスクの増大に対応して、利回りの高い資産運営商品である理財商品と影の銀行にも取り締まりを強化していくとみられる。EIUによると、昨年市中銀行が販売する理財商品の規模は29兆元(約487兆円)を上回った。EIUは、当局が金融セクターへの厳しい引き締めで、国民の投資意欲が弱まり、18年の投資増加率は、17年に予測した5.8%から3.6%に落ち込むとの見解を示した。投資増加率低下の影響で、GDP成長率も下落するという」

昨年、市中銀行が販売した理財商品の規模は、29兆元(約487兆円)を上回った。これが今後、取り締まり対象になれば、インフラ投資や不動産投資が痛手を受ける。だいたい、高金利の理財商品から調達した資金を長期投資に向けること自体が間違いである。これでは、インフラ投資の採算が合うはずがない。住宅投資も高金利資金を投入していれば、住宅価格が高騰して当然である。要するに、理財商品の膨張は、中国経済の根底を蝕んでいる。こういう、後先を全く考えずに、ただ、GDPを押し上げるという近視眼政策を行なってきた罪は重い。

(8)「中国経済成長の約半分は投資によるものだが、近年の投資規制で経済成長失速を招いた。不景気で中国の内需が低迷しているため、オーストラリアやブラジル、インドネシアなどの経済に打撃を与えた。これまで中国の鉄鉱石、石油など資源に対する旺盛な需要が、これらの国の経済成長を貢献したからだ。EIUは、18年のオーストラリアとインドネシアのGDP成長率はそれぞれ2.4%と4.7%に低下し、ブラジルは2.3%を下回ると推測する」

固定資産投資がGDPの半分にも達する。こういう異常経済が中国なのだ。GDPさえ押し上げれば、それで満足という世にもまれな政府である。これが、世界の資源価格を暴騰させた主因である。原油が、1バレル100ドルを上回った背景には、中国の「資源漁り」が大きな影響を与えた。それが、下落に転じている。今では1バレル50ドルを割るほどの不振相場である。資源価格の下落は、資源国のGDP成長率を押し下げている。オーストラリア・ブラジル・インドネシアなど資源国のGDPは不振だ。

(9)「中国企業の海外投資は当局の一段と厳しい金融監督管理で、今後引き続き減少する見込みだという。EIUの調査報告では、金融リスク縮小を模索する習近平当局は、景気のテコ入れを目的に膨大な借金を積み上げた地方政府や国有企業から強い反発を受けるだろうとの見方を示した」

中国の資源需要の低下は、今後とも不可避である。資源関連企業への海外投資も減少するはずだ。このほか、外貨準備高を守るべく、海外への資金流出は一層、抑制されるに違いない。不動産投資も抑制方向である。こうした全体的な動きを見ると、2018年以降は、従来と完全に異なる経済的な風景を見せるであろう。「荒々しい」中国経済が、「女々しい」様相に転じることは確実になった。率直に言って、「いつまでもあると思うな親と金」である。
posted by beetle at 07:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

【在日悲報】小池百合子代表が民進党受け入れを事実上拒否キタ━━━━! パヨク絶望の無所属出馬へw

NewsU.S. 2017.09.30

【衆院解散】「リベラル派は排除する」 希望・小池百合子代表が明言
2017.9.29 15:24

新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事は29日の記者会見で、希望の党からの出馬を望む民進党の立候補予定者の絞り込みについて、「リベラル派を『大量虐殺』するのか」と問われ、「(リベラル派が)排除されないということはない。排除する」と言い切った。その上で、小池氏は「安全保障、憲法観といった根幹部分で一致していることが、政党構成員としての必要最低限」と重ねて強調した。
産経ニュース

「希望・小池百合子代表:『リベラル派が排除されないということはない。排除する』と言い切った」
「安全保障、憲法観といった根幹部分で一致していることが、政党構成員としての必要最低限」

・民進党って、そもそもリベラル政党なのに、ひどいよこれ   だったら最初から民進党からの受け入れ
全面拒否すりゃいいじゃないかよ
・リベラル=朝鮮人
・これ凄い極論に見えるけど 実際民進の連中みたら極論でも無いんだよねw
・小池の圧勝感が凄いw
・参院だが、蓮舫も排除だな。  辻元チョン美は論外だ。
・そもそも蹴られるでしょ、辻元はw
・無所属で出るより古巣の社民に戻った方がよさげ
・なぜパヨクがその存在を全く政治理念の違う小池に託してんだよ おかし過ぎるだろ  政治理念違うなら新党作れよ
(あーあ民珍バラバラだなwww)
・民進衆院の左の連中は全滅しそうだなw
【衆院解散】民進党左派に「踏み絵」 ハードル高い希望の党の選考基準、合流拒否も… しかし細野・若狭氏も「すねに傷」
2017.9.29 23:39
「全員を受け入れることはさらさらない。政策的に一致しないといけない」
小池氏は29日、都内で記者団にこう強調した。その後の記者会見では「排除」「絞り込み」という露骨な表現まで飛び出した。
希望の党関係者によると、公認の可否は安保法制存続と憲法改正に賛成するかを基準に決める。2年前の安保関連法案の衆院採決で賛成した旧民主党議員は一人もいない。看板を替えた民進党は安保法制は違憲だとして公然と「白紙化」を訴えてきた。希望の党は公認申請者に「改宗」を迫っているに等しい。
民進党側には踏み絵を拒否する動きが表面化し始めた。リベラル系の赤松広隆元衆院副議長グループに所属する逢坂誠二前衆院議員は29日、「希望の党と肌が合わない」として無所属で立候補すると表明した。
公認申請見送りを検討する前職の中には、新党結成や民進党の分党を模索する動きもある。しかし、ポスター印刷などの日数を考慮すると実現性は乏しい。社民党出身の阿部知子前衆院議員は28日、都内で記者団に「公示まで2週間くらいあるなら(新党結成を)やったかもしれないが、もう無理だ」と嘆いた。・・・

「2年前の安保関連法案の衆院採決で賛成した旧民主党議員は一人もいない」
「希望の党は公認申請者に『改宗』を迫っているに等しい」
「リベラル系の赤松広隆元衆院副議長グループに所属する逢坂誠二前衆院議員:無所属で立候補すると表明」

・これ、選挙前に、民進党内でまた政変起こって、左巻きに党とお金を押さえられちゃうんじゃないの?
って思うね。
・安倍さんいじめてた民進党の左翼ざまあ  拒否リストっていうのがあるらしいね
・希望の党に希望出して拒否されたら 思いっきり恥ずかしいな
・細野も、菅直人と野田佳彦の二人は 拒否すべきと言ってるんだろ。  やべえw  一般人に忌み嫌われてるリベラルとこいつらを排除したら、好感度が上がっちまうw
(リベラルの意味をねじ曲げた民珍党が諸悪の根源だわな)
・ここで言ってるのは「自称リベラル」でしょ  民進党における自称リベラルってのはヨシフとか辻本とかだぞ  そりゃ拒否るわ
・リベラルは日本を転覆させようとする反日勢力で帰化人が多い  小池はこいつらを排除する

(二重国籍も離党か…コリァ脱法党結成あるなww)
・蓮舫どうするんだろう  小池の下は嫌だろうなぁw
・蓮舫は小池に拒否されるだろ。
・女二人がトップでやりましょうよ!  って7月から蓮舫口説いてたのが小池な
・蓮舫がコケたから無かった事になってるだろw そもそもその蓮舫を口説いてたってのは推測情報だしなぁ
・蓮舫は出馬するの?希望に行くの?
・特亜スパイ排除してくれるのは大賛成  もし辻元とか蓮舫とか民主総理とか排除できたなら支持
posted by beetle at 11:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

”野党解体”が大義でしょ!

雨のち晴れの記 2017-09-28 09:09

今回の衆議院の選挙の大義は「野党の解党」だね。

安倍首相の消費税にかこつけた説明に、なるほどねぇ〜と思ったけど、本来は民進党の解体だし、共産党をはじめとする非日本的政党の消滅にある。

共産党は宗教団体だからなくならない。異国民集団の政党をなくして、日本国民の中での保守とリベラルでなければならない。その意味で、戦う前に半ば目的は達成されているように見える。

まあ、前原さんも北朝鮮での写真がでてはどうしようもないね。まして若い女性との写真だし、もう無理だね。

小池新党・・・

策がないね。野望丸出し?

何を勘違いしているんだろうか。都政においてだってまともに仕事していないじゃないの。

そのムードにあやかろうと、信念も何もない輩が、一隅のチャンスを求めて員数集めの立候補したって、国民は騙されないよ。かえって「希望の党」などと言ういかがわしい党に入らずに、無所属で自分の信念、政治理念を訴えて立候補月人が選ばれると思う。

民主党から鞍替二値のり、自民党から移ったのもたぶんダメだろう。国民は民主党の選挙で懲り懲りしているのは明白だ。公明党と共産党だけは固定票があるけど、自民党を除けば、壊滅かもしれない。

左翼・異邦人ジャーナリストたちとを整理して、マスコミから異国民を一掃することだ。

問題は安倍氏の後継なのだ。石破はもうダメ、魅力なしと言うより、異邦人になっている。

安倍に対抗する意識でものを言う限りにおいて、その時点でダメだ。本来あるべき日本の姿を提示できないで、言葉尻だけとらえて抵抗しても、本筋ではない。

やはり、振り返れば、吉田、池田、佐藤、岸、田中、中曽根、それなりに批判はあっても信念があったと言える。

国民は政治家のそれを見ている。ポピュリズム的なお茶らけた派手さを求めるわけではない。

メディアが小池ブームを作っているけれど、国民は今回はやすやすとは踊らされないだろう。

私の好んで見ていたブロガーが、反安倍だったみたいで、いささか驚いたけど、安倍さんに代わる人が今いればいいけど、彼に勝る信念をもつ人を知らない。

むしろそれが問題なのだ。

成熟した野党がほしいけれど、異国民野党では話にならない。

私はそう思っている。

一黙さんが26日のブログ「北への脅威(かんしん)は三番手以下?w」書かれていますが、

>ハッキリ申し上げますと小池百合子氏を『……将来の女性総理首相』に――なんて持ち上げ囃し立てる向きがありますが、それは大いに“勘違い”です!

それは、今回の急な解散総選挙に「慌てて、新党を前倒しに立ち上げた」センスの無さからんも透けて見て取れます(棒

将来の日本の総理たらんと志し、野心を持つなら。

そして本当にそんな“能力”というか“資質”があるなら、むしろ今回は「見送る」のが正解でしょう┐( ̄ヘ ̄)┌
まったく同意見ですね。

また2017/9/28にmag2でロシア政治経済ジャーナルの北野さんが「【RPE】★「総理になるか、否か?」小池さんの苦悩」を書いていますが、
>「希望の党」は面白いですが、私は安倍総理の続投を願っています。
理由を知りたい方は、こちらをご一読ください。
http://diamond.jp/articles/-/137190

と言われています。

>国民としても、「小池さんの政党だと思って投票したのに、実体は、民進党が名前を変えただけだった」となり、幻滅される。

私もそう思うし、前原は党首とまったく無責任ですよね。

と言うわけで、小池百合子にも期待していません。

私は麻生さんにもう一度、1期やってもらって、その後に再び安倍さんにやってもらうのがいいかなと思ったりしていますが、歳だからな。

今の日本の課題は安全保障問題です。日本が孤立しない政策をとることが最大のテーマです。日米関係をはじめ外交で安倍さんは歴代の首相の中でも一番の成果を上げていると思う。

北野氏が 2017.8.2のダイヤモンドオンラインに投稿した 「安倍総理続投が日本の国益、辞めれば習近平が大喜びする理由」の中で

>筆者はバッシングされることを覚悟して言おう。「安倍総理続投が、日本の国益である」と。

 はじめに断っておくが、筆者は「安倍信者」ではない。現政権の政策に同意できないことは、たくさんある。たとえば、「消費税引き上げ」「3K外国人労働者大量受け入れ」「残業代ゼロ法案」など。
 では、なぜ「安倍続投が国益」と思うのか?理由は単純で、「安倍総理が、ちゃんと国を守っている」からだ。つまり、「安全保障分野」をうまくこなしている。これまでも再三述べてきたように、「安全保障」は「国民の命を守る分野」で、「経済」(金儲け)よりも遥かに大事だ。国にとって「最重要分野」といえる。
>安倍総理の「希望の同盟演説」について、「属国演説だ」と批判する人もいた。しかし、それは「皮相的な批判」である。 先に述べたように、「反日統一共同戦線」構築を目指す中国の戦略は、「米国、ロシア、韓国と組んで日本を叩きつぶすこと」。そうであるなら、日本の戦略は「米国、ロシア、韓国との関係を強化し、中国の戦略を無力化させること」となるだろう。安倍総理は、まさにそれをやっているのだ。

と述べているけれど、まったく同意します。

国内で「反日統一共同戦線」の一翼を担っているのが国内の《野党集団》なんです。

ですから、この選挙で、その勢力を一掃することこそ、「大義」なんだと言えます。私はそう見ています。

皆さんはどう思われるでしょう。自民党の勝利をぜひとも期待したいと思っています。そして憲法改正を明確に意思表示されると良いのですが。
posted by beetle at 08:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

【ODA】対中円借款が完了 貸し付け累計3兆円超 歴史的役割を終える

保守速報  2017年09月27日10:41

日本政府が中国向けの政府開発援助(ODA)として続けてきた円借款の貸し付けが二十六日、完了した。日中国交正常化から四十五年。中国の経済発展に貢献し、日中の友好と協力の象徴となった累計三兆円を超える有償資金協力は、歴史的役割を終えた。

新規の円借款事業は二〇〇七年度で終了し、既存の事業のみ貸し付けが続いていた。最後の貸し付けを終えたのは、黄河源流の青海省で〇八年から始まった総合環境整備プロジェクトで、約五万三千ヘクタールの植林や砂防ダム、水利設備、農牧など総額六十三億円に及ぶ。責任者を務めた国際協力機構(JICA)中国事務所の張陽さん(45)は「強風と乾燥で植えたヤナギやポプラが枯れたこともあった」と振り返る。事業の結果、近隣の村を悩ませていた泥流被害が減ったという。

円借款は、中国の改革・開放政策を支援する目的で一九七九年から始まった。八九年の天安門事件で欧米が経済制裁をした際は一時凍結されたが、三百六十七件、契約ベースで三兆三千百六十五億円の円借款が実施された。北京や武漢の空港、北京や大連の上水道整備など、インフラ整備などに幅広く利用された。

・まだやってたんかい
・その間に逆転されましたとさw
・中国の軍事力強化に貢献しました。   ただのバカ
・今度は援助してもらうんだろうな そのうち
・貸付が完了したって何    返済は?
・で、返済はいつからですか?
・その事実を多くの中国人は知らないし  中国政府も隠してますよね
・金を渡して恫喝される日本。  ドMかい。
・つうか、上の世代の「いつかは分かってくれる」「アジアの友好のため」んで結果が今の状況だからねえ
バカすぎだろ
posted by beetle at 08:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

衆院選で保守政党が消費増税凍結を宣言キタ━━━━━━!!! この公約は す ご す ぎ る !!!

NewsU.S. 2017.09.26

新党公約に「消費増税凍結」 小池氏インタビュー
2017/9/25 21:03

東京都の小池百合子知事は25日、日本経済新聞のインタビューで「実感の伴う景気回復まで消費増税は立ち止まる」と述べ、衆院選の公約に増税凍結を掲げる考えを明らかにした。「政権選択選挙と認識している」とも強調。国政新党「希望の党」の過半数獲得も視野に候補者擁立を目指す意向も示した。主なやり取りは以下の通り。

――新党設立と代表就任の決断の時期は。

「だんだん機が熟していった。悠長にやっているわけには…

「小池百合子知事:衆院選の公約に増税凍結を掲げる考えを明らかにした」
「国政新党『希望の党』の過半数獲得も視野に候補者擁立を目指す意向」

政府:教育無償化に1兆円超 消費税増・使途変更で検討
2017年9月21日 23時54分

安倍晋三首相が10%への消費税増税による増収分の使途見直し方針を打ち出したことを受けて、政府は増収分のうち1兆円超を教育無償化を含む子育て支援に充てる検討に入った。国の借金返済に充てる予定だった分を組み替える方針で、財政再建との両立が問われそうだ。

2019年10月に消費税率を8%から10%へ引き上げた場合、約5兆円の増収が見込まれている。政府はそのうち約4兆円を国の借金の返済に、残り約1兆円を医療、介護、子育て支援など社会保障の充実に充てる計画だった。

「2019年10月に消費税率を8%から10%へ引き上げた場合、約5兆円の増収が見込まれている」
「安倍晋三首相:増収分のうち1兆円超を教育無償化を含む子育て支援に充てる検討に入った」

・これは安倍に代わる保守として自維票流れるな
・消費税2パーセント上げるという事は4兆円税収が増えるという事
つまり公務員が自由に使える金が4兆円増えて 民間が自由に使える金が4兆円減るという事
消費増税と現状維持、どちらが日本経済を効率よく動かせるか 馬鹿でもわかるよね
・そういうこと
・お前は、2014年の増税分で国債償却してるの知らないの?   つまり、マクロ経済から財務官僚がマネーフローを引っこ抜いてるんだよ  こんなのデフレになるに決まってるわ
・消費が減るんだから 全体的な税収も減るに決まってるだろ
(安倍首相が消費税8%を決めた時の支持率の落ち込み方は凄かったぞ)
・あーあ。こんなん実際できるできない別にして小池圧勝しちゃうわ。  自民党のアホも嘘でもいいか凍結って言えば勝てたのに。
・財務省の犬だらけの中これはイージーゲームw
(まあ東京だけ小池新党圧勝とかそういう無難な展開かな)
・でも候補者はmaxで50人だろ。  自民が過半数割れなら連立も可能だが、自民大勝だろ。
・新党は東京ではそれなりに票はとれるだろうが、地方ではイメージいいのかな?
・党首が都民ファーストを掲げてるのに?  地方からすれば、イメージ悪いと思うんだが。
・地方の方が景気は悪いんだから、都市部より歓迎されるだろう
・廃止と言わずに凍結って言うところが嫌らしいな。  財務省にも媚びを売りつつ国民も騙すと。  築地移転と同じ手法だね。移転賛成派と反対派、どっちにもいい顔してぐちゃぐちゃにかき回すだけ。
・凍結すら浮かばない自民党よりマシでしょw
・財務省に潰されるぞ〜
・8%に上げて税収も消費も下がってるのにさらに上げろと言ってるのは財務省工作員 財務省は全人類の敵
・財務省は15%とか20%とかもっと上げたいんだから、ここで止めなきゃいつまでも上がり続けるよ。
・小池は財務省解体しろ
posted by beetle at 08:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TBS“偏向報道”に安倍首相が大逆襲 生出演中に不可解音声、ネットユーザー「国難よりも総理批判」

zakzak 2017.9.26 
3
 安倍晋三首相は25日夜、TBS系「NEWS23」などに生出演し、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐる一連の報道に苦言を呈した。加戸守行(かと・もりゆき)前愛媛県知事が、国会で「ゆがめられた行政が正された」と主張したにも関わらず、多くのメディアが取り上げなかった“偏向報道問題”を指摘したのだ。

 「ぜひ、(加戸氏らが指摘した手続きの正当性などの)そういう証言もしっかりと報道していただき、できるだけ材料を提供していただけなければ国民の皆さんも判断のしようがない」

 安倍首相は25日夜、TBS番組でこう訴えた。

 これに先立ち、安倍首相は、テレビ朝日系「報道ステーション」にも出演し、加計問題について「国会の閉会中審査で、誰も私から加計学園の獣医学部新設について依頼されたり指示を受けていないことが明らかになった」と強調した。

 民間団体「放送法遵守を求める視聴者の会」は、加計問題に関するテレビ報道について、放送番組の「公平」「公正」などを定めた放送法第4条を守ることを求める意見広告を出している。

 前出のTBS番組では、驚くべきシーンがあった。

 安倍首相が解散の「大義」について説明していると、「2人でモリカケっ!」という不可解な音声が突然流れたのだ。その直後、キャスター2人が安倍首相の発言を遮ろうとした。

 しばらくして、女性キャスターは「こちらをまずご覧をいただきたい。モリカケ隠しなのでしょうか」といい、森友・加計学園に関する疑惑をまとめたVTRを流した。

 ネット上には、同番組を受けて、「国難よりも総理批判」「印象操作では」「TBSのニュースはもう見ない」などと書き込まれている。
posted by beetle at 07:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

戦争の歴史から考える北朝鮮問題

外から見る日本、見られる日本人 2017年09月25日10:00

戦後72年が過ぎ、多くの人は戦争を知らない世代となりました。見聞きはしてもそれがどれだけ凄惨なものか、経験者でないとわからないものがあると思います。今の若者に「赤紙が来たらどうしますか?」と聞けば、「絶対嫌だ」「拒否権はないの?」「僕、運動能力低いから」と腰が引ける人だらけでしょう。徴兵制度がある韓国の若者ですら、いかにそれを避けるのか、と苦心しているぐらいですから都会で文化的な生活をしている日本の若者にはとてもではないですが、考えにくいことでしょう。

戦争の歴史を考えてみると日本の戦国時代以前は槍と刀の軍団と軍団の肉弾戦に近いぶつかり合いで十数年続いた応仁の乱あたりまでが古典的戦争のスタイルではなかったでしょうか?源平の戦いも含め、その戦争は極めて長期にわたるというのが特徴であります。

ところが、鉄砲伝来とともに戦争に鉄砲が使用され、織田信長がのし上がります。次に大砲が出てきますが当時、「大筒」はあまり普及せず、明治になってようやく本格的に使用され始めます。余談ですが、日露戦争で日本が苦戦した一つの理由は海軍と陸軍の突っ張り合いが背景にあったことではないでしょうか?海軍が陸軍に大砲を貸す、というのに陸軍は意地になりそれを借りなかったことで乃木大将の陸攻めは大層苦労します。

さて、戦争は陸軍主体から空海軍との共同戦線となったのが先の世界大戦、そして更にそれが進化したのが中東を舞台とする戦争でロケット砲が飛び交いました。これは何を意味するかと言えば戦争をしたくても多大なる犠牲者を出す陸軍の投入は極力避けるスタイルに変わってきているのだろうと思います。

ベトナム戦争はアメリカに大きな禍根を残しました。多くのベトナム帰りの若い兵士が精神的障害を持ち、学生運動が持ち上がり、思想にも影響が出ました。アメリカは戦争の影響をよくわかっているがゆえに新しい戦争は最大効率の戦いをすることに賭けているはずです。

一方、北朝鮮は「支配された思想下」に置かれているうえに最新鋭の兵器がどんどん出てくるわけではありません。それこそ精神論と一発勝負的なスタンスに見えます。よって勝負になれば比較的早い決着になるとは思いますが、問題はそのプロセスであります。

麻生副総理は「北朝鮮で有事が発生すれば日本に武装難民が押し寄せる可能性に言及し『警察で対応できるか。自衛隊、防衛出動か。じゃあ射殺か。真剣に考えた方がいい』と問題提起した」(産経)とあります。メディアは「射殺」という部分だけ拾い、問題提起しようとしていますが、麻生副総理の懸念する「難民が押し寄せるかもしれない」点をもっと真剣に考えるべきでしょう。私は戦況次第では韓国からの避難民が九州あたりに押し寄せる可能性がもっと高いとみています。

北朝鮮の敵は誰か、といえばアメリカということになっています。では、対韓国はどうなのか、と言えばあまり挑発しているようには思えません。文大統領が対話姿勢を貫く昔でいう「軟弱外交」であるからでしょうか?それに対して安倍首相は強硬派である点において北朝鮮が仮想敵国としてアメリカの身代わりにならないとは言えない点も私が最もぞっとするシナリオの一つであります。

過去、何度も申し上げているように中国を中心とする中華思想の中で朝鮮は小中華で日本は倭夷である点において朝鮮からすれば日本を見下げる見地が残っています。よって、北朝鮮が日本を叩くことは思想的にはあり得るはずです。

つまり、北朝鮮問題はめんどうな火の粉が日本にどんどん降りかかって来てもおかしくありません。その場合、日本は「シールド」をして影響が及ばないよう防御する仕組みだけは作らねばならないでしょう。

ただ、今の時代、「国防」という発想そのものがアンタッチャブルで、聞いただけで拒否反応を示す人や一部の人の熱い議論だと思っている方が多いのではないでしょうか?このままコトが起きるのを座して待つならば江戸時代末期の黒船に驚き、慌てふためいたあの時の二の舞にならないとは限らないかもしれません。対策づくりは将来の日本の在り方を含めた重大なテーマであり、日々のニュースに惑わされない正論をきちんと議論すべきではないでしょうか?
posted by beetle at 08:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする