2017年02月27日

差別・排外主義あらわに メディア批判も 日本第一党が結党大会

カナロコ by 神奈川新聞 2/27(月) 2:14配信

【時代の正体取材班=石橋 学】人種差別主義団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の元会長、桜井誠氏が党首を務める極右政治団体「日本第一党」の結党大会が26日、東京都江東区のアパホテル東京潮見駅前で開かれた。桜井氏は「日本で生活保護をもらわなければ、きょうあすにも死んでしまうという在日(コリアン)がいるなら、遠慮なく死になさい」と発言するなど、ヘイトスピーチ(差別扇動表現)も交えて差別・排外主義をあらわにした。

 日本第一党は日本の国益、日本人の人権を最優先する「ジャパン・ファースト(日本第一主義)」を掲げ、在日コリアンら旧植民地出身者とその子孫の特別永住資格の廃止、外国人への生活保護廃止、移民受け入れ阻止、ヘイトスピーチ解消法廃止など差別・排外主義政策を打ち出す。

 桜井氏は「外国人の生活保護をしているのは日本だけ」という誤った認識の下、「日本人が生活保護を受けられずに餓死している。外国人の生活保護をやめろいうのは当たり前だ」などと空論を唱えた。

 厚生労働省によると「外国人世帯への生活保護は全体の3%。日本人への支給を圧迫している状況にはない」「受給要件はそれぞれ異なるが、たとえば、欧州連合の先進国には外国人の困窮者に対する公的扶助制度がある」としている。

 「敵対する外国人」というゆがんだ前提に基づく発言は続く。「全世界のトレンドが自国第一主義」と言い切り、「欧州もそうだし、米国でもトランプ大統領が敵対する外国人をたたき出している。日本でやって何が悪い」と在日外国人への差別と排斥を正当化。

 法務省はヘイトスピーチの具体例に、民族を昆虫や動物、モノに例える言動を挙げているが、桜井氏は日本の植民地支配の結果、在日コリアンが居住するようになったという歴史的事実を無視した上で「韓国からしゃにむに入ってきてハエやガのよう。在日という卵を日本に産み付けた」と発言。「ドイツのメルケル(首相)のばばあ、もうすぐくたばりそう」「社会党の(元委員長で故人)土井たか子、いまは地獄で苦しんでいる」と人権侵害、女性蔑視発言も繰り返し、そのたびに会場は拍手と嘲笑に包まれた。

 桜井氏は2006年12月に在特会を設立し、ヘイトデモ・街宣を先導してきた。東京・小平の朝鮮大学校前で「朝鮮人を日本からたたき出せ」「殺してやるから出てこい」などと怒号を上げた言動は「在日朝鮮人の尊厳を傷付けるもので、人権擁護の上でも看過できない」不法行為として15年12月、東京法務局から同様の行為を2度と行わないよう勧告を受けている。昨年9月には、在日コリアンの女性に対するインターネット上の書き込みなどが大阪地裁で人種差別と認定され、有罪判決(控訴中)を受けている。

 桜井氏はこの日も過去の言動に反省や謝罪を示すことなく、「差別だ、ヘイトスピーチだと言われてやめるなら最初からやるんじゃねえと10年運動を続け、ようやく政党(政治団体)を作ることができた」と開き直ってみせた。

 党員は現在1600人と明かす一方、候補者擁立を目指す7月の東京都議選については「候補者がなかなか見つからない。最終選考に残っているのは1人しかいない」と漏らし、メディア批判も展開。報道陣に向かって「君たちはうそを書くから批判される。300人が集まった事実、党首がこうして訴え掛けた事実だけを報じればいい。人種差別がどうのこうのと書くべきじゃない」と注文をつけた。

 「ニホンイチ、ニホンイチ」というコールの中、笑顔を振りまきながら会場を後にした桜井氏。アパホテルによると、用意した座席は報道用を除き303席。会費は1人2万円。後列には20席以上の空席が見られ、広報担当者は出席者を「260人くらい」としたが、桜井氏の発言との整合性を問われると「300人くらい」と言い直した。
posted by beetle at 07:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

中国が世界中でヤバすぎる人口侵略を開始! マレーシア、ラオス、カナダ、豪州、アメリカ西海岸、北海道、沖縄が乗っ取られるぞ!

NewsU.S. 2017.02.25

【石平のChina Watch】中国の「植民計画」が始まった まずマレーシアに100万人、そしてアジア諸国へ…
2017.2.23 10:00

中国伝統の「元宵節」である11日、中央テレビは恒例の総合番組「元宵晩会」を全国に流した。その中で特に目立ったのは、最大のスポンサー企業である碧桂園の自社プロジェクト宣伝である。

碧桂園は中国の大手不動産開発業者で、9万人の従業員を抱え、年商1400億元(約2兆3300億円)を超える巨大企業である。この碧桂園が「元宵晩会」で宣伝に最も力を入れたのは、2015年末から着手し、2035年の完成を目指す巨大投資プロジェクト「森林都市計画」である。

「森林都市」とはその名の通り、何もないところに1つの都市を丸ごと造る計画だ。碧桂園は2500億元(約4兆1600億円)を投じて、住宅30万戸と関連の商業施設・教育施設からなる街を、20年の歳月をかけて造っていくのである。

いかにも中国巨大企業らしい壮大なる計画だが、実は碧桂園は、中国国内ではなく、外国のマレーシアでそれをやろうとしているのだ。

昨年から、マレーシア政府の許可と支持を得て、シンガポールに隣接する同国のイスカンダル地区で、碧桂園はこの「森林都市プロジェクト」を始めた。予定地はシンガポールの国境からわずか2キロの距離である。

中国企業が外国の地に都市を造って一体誰を住ませるつもりなのか。ターゲットは中国国内の富裕層である。予定地をマレーシアに選んだ理由は同国政府の外資導入と移民に対する優遇政策にあるが、「シンガポールに隣接」というのも中国人富裕層にとっては大きな魅力であろう。

実際、碧桂園が「森林都市」のために行った広告活動はほとんど中国国内向けのもので、中央テレビなどを頻繁に使っているほか、投資者・住居者募集の盛大なキャラバンを全国の各都会で展開しているのである。

つまり碧桂園はこれから、数十万戸の家をマレーシアで造って、100万人単位の中国人をそこに定住させようとしている。どう考えても、一種の「植民計画」以外の何ものでもない。

碧桂園を後押ししているのは中国政府である。中国最大の国有通信社・新華社が刊行する『瞭望週刊』の2016年11月30日号は、「森林都市」に関する長文の記事を掲載した。

その中で、中央官庁の国家発展と改革委員会の関係者が、森林都市計画は国家の「一帯一路戦略」の「模範プロジェクト」だと高く評価した上で政府としてのバックアップを表明した。碧桂園集団副総裁の朱剣敏氏も、「森林都市は国家の“一帯一路戦略”に沿って作った計画である」と明言している。

「一帯一路戦略」とは、習近平国家主席が提唱した経済圏作りの構想で、中国西部と中央アジア・欧州を結ぶ「シルクロード経済帯」(一帯)と、中国沿岸部と東南アジア・インド・アラビア半島・アフリカ東を結ぶ「21世紀海上シルクロード」(一路)の2つの地域でインフラ整備および経済・貿易関係を促進するというものである。

だが、碧桂園森林都市計画の例からすると、この「一帯一路戦略」には、アジア諸国に中国人の「植民」地域をつくって中国人を大量に移住させる計画も含まれているようである。

マレーシア政府は今、「森林都市計画」がもたらす莫大(ばくだい)な投資や雇用機会創出などの経済利益のためにそれに積極的に協力しているが、将来、中国人による、中国人のための「100万人都市」が自国の中にできてしまうことが、マレーシアとその国民にとって果たして良いのか、との問題は必ず浮上してくるのであろう。

そしてそれは、マレーシアだけでなく、アジア諸国全体にとっての問題でもある。

「森林都市計画:住宅30万戸と関連の商業施設・教育施設からなる街を、20年の歳月をかけて造っていく」
「マレーシア政府の許可と支持を得て、シンガポールに隣接する同国のイスカンダル地区で、碧桂園はこの『森林都市プロジェクト』を始めた」
「予定地はシンガポールの国境からわずか2キロ」
「数十万戸の家をマレーシアで造って、100万人単位の中国人をそこに定住させようとしている」
「どう考えても、一種の『植民計画』以外の何ものでもない」
「碧桂園を後押ししているのは中国政府」
「『一帯一路戦略』には、アジア諸国に中国人の『植民』地域をつくって中国人を大量に移住させる計画も含まれている」

・一帯一路(笑)が侵略政策である事なんて 疾うにお見透しです
・中国人の「植民」地域をつくって中国人を大量に移住させる計画
・侵略だよな、移民侵略、難民侵略。
・植民じゃなくて乗っ取りでしょ
・植民したところで、暴動が起きれば真っ先に血祭りにされるというのに  特権階級にあまい中国本土とは違うと思うんだけどね
(「ジョホールバル 不動産」と入れると上位に「詐欺」と出てくる)
・シンガポールという東南アジアにある中国人の狭い飛び地を シンガポールに近いマレーシア側から開発して広げる手段か
・残念だが、シンガポールの華橋は中国人民に全く興味がなく同胞とも思っていない。  他の外国人同様、単なるビジネス相手だぜ。 戦勝記念塔のある戦勝記念公園があるが、シンガポール人でない外国人がめずらしがって見に行く程度で、現地人は誰も近寄ろうとすらしない。 (ちなみに悪逆非道の日本軍と闘い自主を取り戻した的な碑文が彫られているが、イギリス統治時代のシンガポール人の扱いと、大日本帝国侵攻時のイギリスの仕打ち、 大日本帝国降伏後のシンガポール独立経緯を シンガポール人は正しく知っているので、 戦勝記念塔の碑文が嘘・でたらめであると理解している)
中国本土人は仲間と思っているのかも知れないが、 シンガポール人には全くその気がない。 従って、飛び地ではなくアウェーなのだよ。
・マレーシアではイギリスの植民地時代に スズ鉱山やゴム農園の労働者として大量の中国人が流入した結果
経済を華僑に牛耳られてしまい  挙句の果てはシンガポールを中国人に盗られてしまった歴史があるのに
まだ中国人の移住を許すのかな。
・ラオスなんてすでに10万人ノチュウゴクジン都市を作られちゃってますよ。
・ラオス側のメコン川なんか支那の警備艇がうろうろしてるしな 終ってるよ
・かつてブータンの隣にあった王国は移民に乗っ取られて滅びた
・いつもの侵略手順じゃん
(北海道は広いし沖縄は離島が多い…民進党や共産党も強いときた)
・日本にもあっというまに100万人に成ってた
・沖縄なんて選挙のたびに帰化した支那人が移動してくる。これ以上奴らの侵略を許すな。
・日本にも旅行客と語る成りすましで北海道や沖縄、新潟などから乗っ取り計画で 帰化や偽装で選挙権で乗っ取り、アメリカ西海岸側やカナダ、豪州とかでやってる事やって来る 土地買収とかやりたい放題
・北方四島では既に多数の中国企業、韓国企業が進出している。 もちろん領土問題を抱えるため、日本企業は0。 進出したい企業はたくさんいるのに。 日本の領土であるのは間違いないが、戦後70年間、頑なに主張し続けた結果がこれ。 仮に北方領土が戻ってきたとしてもすでに中国人だらけ。
このジレンマを打開するのが昨年12月の日露首脳会談、新たなルール作りによる新たな経済協力。
(世界がコミンテルンに乗っ取られるか否かの戦争だな)
・中国はなんで人口が増え続けるんだろ  普通は半世紀も一人っ子政策をやったら人口消滅して滅亡する
中国人はゴブリンに違いない
・ロシア、モンゴル、中央アジアあたりから流れてきているんじゃないか?
・中国共産党は、インターナショナルの指示を受けていた。 (ロシア含む)
中華民国の蒋介石も似たようなものだしな。  蒋介石は、アメリカ在住の華僑とも親しいな。
宋家三姉妹などは、その象徴。
・中国の土地は汚染されすぎて住める場所が無くなって来ている  だから日本や外国へ土地を求めて来ている  さっさと戦争してでも中国を潰さないと世界が困る
・いろんな意味で21世紀は中国の世紀だな  中国を駆除しつくさないと 世界がイナゴに食い尽くされる
posted by beetle at 08:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

安倍首相の露骨な韓国外しに韓国人が焦りまくるw 頼みの綱のトランプにも無視され悲鳴キタ━━━━!

NewsU.S. 2017.02.20

【コラム】トランプ大統領は安倍首相に代理統治させるつもりなのか
2017/02/18 07:01

トランプ米大統領と安倍首相が米フロリダ州でゴルフを始めたのは11日午前9時25分のこと。夫婦同伴で食事をした直後だった。全18ホールを終えた時刻は午後1時50分。

ランチの後、2人はさらに9ホール回り、午後4時35分にトランプ大統領の別荘「マララーゴ」に戻った。同日午後6時から始まった晩さん会には、ワシントンD.C.から来た娘イバンカさん夫妻も参加した。

親しい人同士でも一日にゴルフを27ホールもプレーして3度の食事を共にするのはまれだ。それも、2回目の対面にしてだ。トランプ大統領はこの前日、ワシントンD.C.での日米首脳会談後、安倍首相を米大統領専用機「エアフォースワン」に同乗させ、自身の別荘に連れて来た。

老獪(ろうかい)な70歳の実業家・トランプ氏と、2回目の首相職を務めている62歳の安倍氏はよく知っている。儀典上、こうした破格な行動がどのような意味を持っているのか。全世界に2人の姿がどのように映し出されるのか…。

1980年代に日米同盟の黄金期を謳歌(おうか)したレーガン大統領と中曽根首相=当時=の関係の再現だという声もある。互いを気兼ねなく下の名前で呼び合った「ロン・ヤス」時代をほうふつとさせるということだ。

トランプ大統領が安倍首相を歓待することで国内外に与えるメッセージは明確だ。「安倍は私が好きな友人だ。これからアジアに関連する重要な問題は安倍に相談する」。彼のメッセージは米国務省、国防総省、商務省はもちろん、連邦議会関係者の間にも急速に広がっている。

今後、トランプ大統領のホワイトハウスのデスクには、他のどの大統領よりも日本との関係を強化する政策が先を争うように載ることになるだろう。北朝鮮・中国をはじめとする東アジア政策を日本と主に相談しようというトランプ大統領の考えは、韓国にとっては深刻な危機であり挑戦だ。

安倍首相の考えがそのままトランプ政権の東アジア政策になる可能性があるということだ。極端な見方をすれば、安倍首相を通じた「代理統治」という声もある。

元駐日韓国大使Q氏は「今後数カ月以内にトランプ大統領の対外政策がすべて決まるだろうが、弾劾問題で韓国は何もできない。まかり間違えば、韓米同盟は日米同盟の下位概念として固まってしまうかもしれない」と分析している。

こうした見方が杞憂(きゆう)に終わらない可能性は11日にも垣間見られた。トランプ大統領と安倍首相は晩さん会中に北朝鮮のミサイル発射に関する報告を受け、午後10時35分に記者会見をした。安倍首相は「北朝鮮のミサイル発射は容認できない」と言った。

トランプ大統領は「我々の重要な同盟国である日本を100%支持する」と述べた。北朝鮮が挑発するや、それを日米同盟強化のきっかけにしたのだ。ところが、ここに韓国の話は出て来なかった。

両首脳のどちらからも、韓米日3国協力体制を構築した韓国と北朝鮮の問題について密接な協議をするという言葉は出てこなかった。これは、緊急記者会見で確認された彼らの潜在意識の中に、韓国という国が存在していないことを示している。

韓米同盟に対して真摯(しんし)に考えていないトランプ大統領。日本の憲法を変えてでも軍事大国への道を歩いていこうという安倍首相。この2人が率いる日米同盟によって韓米同盟が「従属変数」に転落する可能性に対し、果たして韓国は備えができているのだろうか。

大統領弾劾問題で国が真っ二つになり、政界は次期大統領選にばかり気を取られている現実が、今さらながら絶望的に思える。 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

「トランプ:『これからアジアに関連する重要な問題は安倍に相談する』」
「安倍首相の考えがそのままトランプ政権の東アジア政策になる可能性がある」
「極端な見方をすれば、安倍首相を通じた『代理統治』という声も」
「両首脳のどちらからも、日米韓3国協力体制を構築した韓国と北朝鮮の問題について密接な協議をするという言葉は出てこなかった」
「米韓同盟に対して真摯に考えていないトランプ大統領」

・頼まれてもお断りです
・嫌すぎる 南北統一して一人立ちしろ
・脱糞して泣きつかれても韓国は放置
・記事の途中で論理がワープして、東アジアはアメリカの統治下に有ることに成っている。
鮮人にしてもこれは酷い部類では?
・日米ともに無視されてパニックだな
・韓国は韓国政府が統治してるんでしょ? 代理って今はアメリカが統治してるの?
・実は半島には何らかに統治されたいという願望を持つ朝鮮人が多いのではないか という説を持っている
・絶対的支配者に支配されるのが前提の社会文化だとは思う 絶対支配下でダメな自分を言い訳しつつ、怠惰に非生産的な生活をし、時には威を借りてうさ晴らしする  それが基本的な社会、精神構造として確立してしまってる   「恨」なんか抵抗のポーズ、暇潰しにすぎない
(日本の政策が全部アメの命令で動いてると思ってそう)
・日本関係ないっつーの  韓国作ったのはアメリカだし そんなに統治してもらいたいなら  トランプに土下座してアメリカに統治を請えよ 無視されると思うけどな
(竹島奪還がそんなに怖いのか?「アメリカ様、日本を止めて!」みたいな)
・いつまで自由主義陣営に居座る気だ?  おまエラはとっくに三行半つけてレッドチームだぞ。
・朴槿恵(パク・クネ)がすなおに弾劾に応じて 韓国大統領選をやっても 新大統領就任は早くて5月
文在寅(ムン・ジェイン)が当選するとして 米韓関係は悪化する 弾劾棄却となれば青瓦台の機能不全が
さらに12月ぐらいまで続き 大統領不在の冬期オリンピック開催となる  いずれにしても絶望的なことは事実だろう
・大人しく自治区になりなよ。 在日の回収もお忘れなく。 中国の自治区に対する扱い酷いけど自国民にたいしても 滅茶苦茶だから仕方ないよね。八つ当たりの対象になるのか。 頑張れ。
・ロシアが手出して来たら、今度は「どうぞどうぞ」だな
・>注意一秒 ニダ一生  韓国に関わると、君の一生では終わりません 君の一族と子々孫々までイチャモンつけてきます。 韓国は「恨み」は世襲するんです  ○注意1秒、ニダ1000年 です
posted by beetle at 08:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

金正男の件、中国政府なぜかノーコメントw ⇒ ついに国営メディアが政府批判キタ━━━!

NewsU.S. 2017.02.19

【金正男氏殺害】中国紙が極めて異例な“反旗” 「当局は沈黙する傍観者」と政権批判/strong>
2017.2.18 07:48

【北京=西見由章】北朝鮮の金正男氏殺害事件をめぐり、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は17日付の論評で「中国側はなにも情報を発信せず、沈黙する傍観者になっている」と当局を批判した。

事件をめぐって韓国当局やメディアの情報が世界の世論を主導しているのに対して、中国当局が沈黙を守り報道も規制していることへの不満があるとみられる。官製メディアが地方政府ではなく、政権自体をやり玉に挙げて“反旗”を翻すのは極めて異例だ。

「単仁平」のペンネームを持つ胡錫進編集長は論評で、今回の事件に限らず中国当局は「敏感な問題」に関して自国メディアに情報を提供せず、結果として海外メディアの「価値判断」が浸透していると指摘。官僚やメディアが責任逃れのために情報を発信しない構造が、中国の国家利益を損なっていると主張した。

「中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は17日付の論評で『中国側はなにも情報を発信せず、沈黙する傍観者になっている』と当局を批判」
「官製メディアが地方政府ではなく、政権自体をやり玉に挙げて“反旗”を翻すのは極めて異例」

・保護出来なかった失態で世界の笑いものだからな中国
・しゃねえだろ、共産党の統一見解には2、3日かかるしw
・マスコミが火をつけて暴走か。 かつて朝日新聞がつくった道。
(普通に考えたら中国政府のメンツ丸潰れでしかないけど)
・ほとんど亡命に近かったのに、警告や打ち合わせもせず、むしろ殺してくれと言わんばかりに、放置してたからだろ  半分は中国が殺したようなもんだからな わかる人にはわかる
・中国政府は金正男を金正日の後釜に据える努力を怠った。 中国共産党の政治力は見掛け倒し、日本や東南アジア諸国の弱いとこを脅すだけの実力しかない。いわゆる「張り子のトラ」wwww
・最近、何に対してもそうだよね。 統一見解出すのに数日掛かる。 で、だいたい予想通りの反応。
日米とかだと政府が反応するのに1時間以内なのに。  要するに無能。
(事態はもっと深刻なのかも)
・中国は予定外の事態が起きるとダンマリなんだな。
・北朝鮮すら御せないアホが「世界のリーダーに俺はなる!」だっておwww  正男をやられた時点で中国が北朝鮮に一番勝負で負けたのは確定だからな  せめて遺憾表明でも出せばいいのにそれすらしないで逃げてたらアカンやろ
・護れなかったのか、護らなかったのか。犯人は北の工作員か、ただのヤクザか。 最初から護衛が付いてなかったようだから、護衛する気自体が無かったようだ。 犯人もボロボロととっ捕まる、工作員にしては不自然。
・これを機に米が北朝鮮に介入なんてことになったら中国は立場がない  北の将軍を中国がどうするかが肝
遺憾の意で済ませるようならぼんやりしすぎだろうな
支那共産党の完全な失敗。経済も失敗。空母も失敗。JET ENGも失敗。全部失敗
posted by beetle at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

安倍首相の策略で中国が 大 敗 北 w 米中電話会談の中身を全部バラされる失態キタ━━━━━!w

NewsU.S. 2017.02.17

 2ch「さすが安倍首相」「以下パヨクの醜い願望が続きます」

【ドキュメント永田町】安倍−トランプ極秘交渉…議題は「中国」「北朝鮮」「韓国」 異例の厳戒態勢、密室車中会談の中身
2017.02.15

安倍晋三首相と、ドナルド・トランプ大統領は、初めての日米首脳会談で「戦略的蜜月関係」を構築した。経済連携の強化が確認されたワシントンでの会談に加え、フロリダ州パームビーチでは、歴史的なゴルフ外交を展開した。こうしたなか、「真の首脳会談はフロリダで行われた」「1時間以上の車中会談が核心だ」との証言を入手した。議題の中心は「中国」「北朝鮮」「韓国」だったという。世界の平和と安定を守る、両首脳の使命と覚悟とは。ジャーナリストの山口敬之氏による渾身リポート。

「経済・通商問題の軋轢をできるだけ回避し、トランプ氏との個人的信頼関係を構築する」安倍首相はこうした明確な目標を立ててワシントンに乗り込み、所期の目的をほぼ達成した。

今回の首脳会談だが、日程上、不可思議な点がある。肝心の首脳会談が40分しか設定されておらず、すぐに共同記者会見が行われ、共同声明も発表された。主要部分が、初日の開始から1時間半程度で終了したのだ。

実は、本当に重要な「真の首脳会談」はフロリダでひそかに設定されていたことが、関係者取材で明らかになった。

ゴルフ中は、他のメンバーもいたため難しい話は出なかったが、「別荘からゴルフ場」「ゴルフ場から別のゴルフ場」「さらにゴルフ場から別荘」と3度にわたる移動は、トランプ氏の専用車に安倍首相と通訳だけが同乗した。

関係者の話を総合すると、トランプ氏は車中でも経済の話は持ち出さず、もっぱら世界情勢について集中して議論したという。議題の中心は、中国、北朝鮮、韓国といった東アジア情勢だった。

トランプ氏は、安倍首相との首脳会談前日、中国の習近平国家主席と、米中首脳電話会談を行った。

トランプ氏は東・南シナ海や、サイバー、為替操作といった問題について、習氏の発言を開示しながら、安倍首相に見解を求めたとみられる。

確かに、当初は一緒にゴルフをするはずだった夫人の日程が変更になり、両首脳の「2人きりの時間」については、異例の厳戒態勢が敷かれたのである。安倍首相は車中での会談について、「絶対に口外できない話ばかりだった」と周囲に漏らしている。

この車中会談こそが、今回の「真の首脳会談」だったと指摘されるゆえんである。
山口敬之

「本当に重要な『真の首脳会談』はフロリダでひそかに設定されていた」
「トランプ:安倍首相との首脳会談前日、中国の習近平国家主席と、米中首脳電話会談」
「東・南シナ海や、サイバー、為替操作といった問題について、習氏の発言を開示しながら、安倍首相に見解を求めたとみられる」
「安倍首相は車中での会談について、『絶対に口外できない話ばかりだった』と周囲に漏らしている」

・サヨクに勝ったな これもw
・さすが安倍氏だな
・韓国は中国に併合かww
・二人が何話したか  他国は怖いだろう  特に中国 韓国
(中国としては日本を出し抜いた気でいただろう…どっちが正しいか)
・直前に米中会談やって良かったな  トランプから聞けるんだものwwwwwwwwwwwww
・そこが一番のポイントなんだよなw  まあ、その為にトランプは安倍と会う前に電話会談したんだろうけどね。 安倍と会った後にシナと話すと安倍との話をシナに漏らしたと勘ぐられるから。
・つまり、トランプはああ見えて すごく計算して言動を発しているということだな。
他板で言われていたことだが、「TPP推進の安倍の前でTPPを否定して見せることにより、安倍がどう出るか
人物を見極めようとしていた」節がある。
・完全に歴代No. 1の宰相だな
・以下パヨクの醜い願望と皮肉が続きます
(これが韓国の発言なら笑われてシカトされるけどな)
・周辺国へ恐怖感を与える事が出来るから
・韓国は嘘つきで信用できないとインプットしてくれてそうだね
・安倍首相による外交経済講座があったのか
・そりゃそうだよ トランプは素人で安倍はベテラン  トランプ陣営の準備もまだ
・唯一、信用できるソース、山口敬之さん情報か  これは興味深い
・こりゃ安倍はG20で引っ張りだこだな  中国も焦ってるのか 急にG20に参加するとか言い出してるし
・下手すりゃ、一方的に関税はかけられるわ、為替操作国認定されるわ アメ車を買えと脅されるわで日本経済は大打撃、安全保障でも大きな穴を 開けられていたかもしれない、国難とも言える状況だったんだぞ。
安倍もよく切り抜けたと思うわ。
posted by beetle at 08:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

金正男暗殺で中国が息してないw ついに朝鮮戦争再開で特亜崩壊クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!!

NewsU.S. 2017.02.17

金正男氏暗殺 中国メディア、不快感示し北に釈明要求 「正恩氏の暗殺」と誤記も
産経新聞 2/15(水) 18:46配信

北朝鮮の金正男氏が殺害されたとみられる事件に関して、中国外務省の耿爽報道官は15日の記者会見で、「現在マレーシア側が調査を進めている。われわれは事態の進展を注意深く見守っている」と述べるにとどめ、具体的な論評を避けた。一方、一部の中国メディアは不快感を示し、北朝鮮側に釈明を求めた。

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は15日付で、「単仁平」のペンネームを持つ胡錫進編集長が論評を執筆した。

「マレーシア当局が金正男氏の暗殺を正式に確認すれば、国際世論は必ずこうした行為を厳しく非難するだろう」と指摘し、「中国の世論もこうした行為は唾棄するにちがいない」と強調した。

さらに「どのような政治闘争であれ、暗殺行為はあってはならない。そうした野蛮な古いやり方は歴史の博物館に収めるべきだ」と主張し、北朝鮮当局は世界に向けて釈明すべきだとの考えを示した。

なお論評は「金正男氏の暗殺」とすべきところを「金正恩氏の暗殺」と誤記していた。意図的なものか単純ミスなのかは不明だ。いずれにせよ中国側が一時事実上の庇護(ひご)下に置いていた「親中派」の金正男氏が殺害されたことへの不満がにじむ文章だ。

ただ15日付の官製メディアの中で事件について明確な立場を示したのは環球時報だけで、事件に全く触れていないメディアも少なくなかった。

「金正恩暗殺:一部の中国メディアは不快感を示し、北朝鮮側に釈明を求めた」
「論評は『金正男氏の暗殺』とすべきところを『金正恩氏の暗殺』と誤記」
「事件に全く触れていないメディアも少なくなかった」
「中国外務省:『現在マレーシア側が調査を進めている。われわれは事態の進展を注意深く見守っている』と述べるにとどめ、具体的な論評を避けた」

・ん?中国メディアは殆ど触れてないから当局がメディア統制してんだろ?
・韓国が実行したと聞きましたが
・あえて誤記
・予告?
・>一方、一部の中国メディアは不快感を示し、北朝鮮側に釈明を求めた。
ずいぶん高飛車なメディアだな
(中国政府やけに弱気だな…中国メディアが勇み足で噛み付いてる)
・中国が金正恩を暗殺したいという深層心理が窺えるな。
・金正恩暗殺の暗号だろうな  中共の特殊部隊が動き出したな
・中国にとってベストなシナリオは、北朝鮮という国家を残したまま、中身を中国の傀儡政権に置き換えること。  金正男は血筋といい、中国の改革開放を支持したことといい、傀儡政権のトップに最適な御神輿だった。
・本来なら正男を北の傀儡政権にするつもりで共産党の庇護下においていたけど 暗殺されたんじゃあ支那共産党のメンツにもかかわる。  たかが北さえもコントロールできない支那共産党はますます窮地に追い込まれた
・もしKCIAの犯行だとなったら さらにカオスなことになるな
(韓国に亡命を希望…?親北派=金正男派だったのか?)
兄・金正男の韓国亡命を弟・金正恩が「暗殺」で阻止か
2017.02.15 13:10

北朝鮮の故・金正日総書記の長男、金正男氏が、マレーシアで暗殺された。

韓国メディアが伝えたところによると、《2月13日午前、クアラルンプールの空港で2名の若い女に毒針で殺害された。女たちはタクシーに乗って逃走。マレーシア警察は、この二人は北朝鮮の工作員とみて行方を追っている》としている。その後、同警察が「死亡したのは金正男氏」と発表。警察当局から通報を受けた韓国政府も事実関係の確認を急いでいる。

金正男氏は同空港のショッピングセンターで体調不良を訴え、病院に運ばれる途中で死亡が確認されたという。当局者は「男性が空港で何者かに後ろから顔をつかまれ、めまいがしたために助けを求めた」と語った。

「金正男は、現在の北朝鮮で最高指導者である金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄です。儒教社会である北朝鮮では、長男の世襲が不文律であるため、後継者の最有力者だったこともあり、中国の対北朝鮮用の隠し玉として庇護を受けていました。暗殺の第一の理由は、韓国への亡命阻止です。なぜなら、彼は李明博政権時代に韓国に亡命を打診してきたことがあるのです。そして、最近再び亡命を打診したことから、北朝鮮側が韓国での傀儡政権樹立を阻止するため、殺害したのではないでしょうか。マレーシアは、北朝鮮高官らの亡命ルートの一つで、南北諜報機関が暗躍する地でもあります。第二の理由は、国内に潜む正恩の叔父で、すでに粛清された張成沢派が、中国諜報機関と連携してクーデターを画策していることが影響しています。その芽を摘んだのでしょう」(北朝鮮ウオッチャー)

過去には、2015年4月の玄永哲人民武力部長国防相の粛清、2016年12月の金養健統一戦線部長の交通事故死、金英哲副首相の解任と続き、つい先ごろは正恩側近の一人、金元弘国家保衛相も突然に解任されている。

「金元弘が正男と組んでクーデター直前だったという観測ももたらされています」(軍事ジャーナリスト)

「暗殺の第一の理由は、韓国への亡命阻止」
「彼は李明博政権時代に韓国に亡命を打診してきたことがある」
「最近再び亡命を打診したことから、北朝鮮側が韓国での傀儡政権樹立を阻止するため、殺害したのでは」
「金元弘が正男と組んでクーデター直前だったという観測も」

・よりによって韓国とは
(一番ダメージ食らってるのザイニチだったりして…金正男シンパ多いからな)
(結局軍閥か…中国韓国は内戦で滅びるな)
・中国は北朝鮮に何も出来ないよ! 人民解放軍っていっても北部部隊は親北朝鮮・反中共なんだから
人民解放軍どうしで戦闘するのかな?
・問題は中国vs北朝鮮ではなく北京vs瀋陽になる点 つまり中国側は内乱である
・これは中国内部の内乱が原因ですよね 何かが起きているよね?なんだろう
・元々瀋陽軍閥は反習近平だからね それが最近露骨になってきたって事 もっとも瀋陽軍閥は日本にとっても敵だが
・瀋陽軍閥を習近平が抑え込めずに起きたのなら 国際社会からの金が止まったら中国終わりだよね
・もう朝鮮半島侵攻ついでに中国各地で内乱勃発すればいいのに。 5胡16国時代みたいに 民族ごとに細かく分かれりゃ善いんだよ。  勿論チベットやウイグルは独立な。 朝鮮半島は高い塀で囲って外へ出るの禁止で。
・中国も朝鮮も内乱か。  大昔からやってることは変わらないんだな
posted by beetle at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『五月動乱』は不可避?

おととひの世界 2017-02-16 21:44 狂躁亭日乘

ネタニヤフ・トランプ会談
『 パレスチナ問題に関しては
あくまで2国間による解決
という形にはこだわらない 』

とトランプ合衆国大統領
あらためて明言

しかしこの問題に関する国連決議は
基本的に2国間での解決を
前提としており
つい最近も昨年末12月23日に

パレスチナ国家承認の方向性を打ち出し
しかもこの時はオバマ政権の棄権により

米国が事実上
パレスチナ国家承認への流れを認めた
国連決議はこの時点で成立している

しかも昨年末の国連決議は
全国連加盟国への法的拘束力を
有している

つまり国連とその加盟国は
建前としてパレスチナを国家として承認
そういう流れを作ったのはオバマだった

もとより国連は
イスラエルとパレスチナの
2国間の話し合いにより
問題を解決していくという方向性を

数十年前から打ち出していたが

トランプ大統領は
これを公式に否定したわけだ
オバマ以前の合衆国大統領は
イスラエルの不利益になる国連決議には
拒否権を発動してきた

しかしそこまでで
あえてパレスチナ国家樹立を
認めないという

踏み込んだ言い方をした
大統領はいなかった

『2国間の解決にこだわらない』
ということは


アメリカ合衆国大統領が
パレスチナ国家を
承認しなくてもいいと
いったも同然である

もちろんパレスチナをはじめ
アラブ側これを認められるわけがないし
反発必至どころではなくなる

しかしアメリカの議会は両院ともに
ロビイングの力関係から

イスラエル支持が大勢

アメリカ大使館は現在の
テルアビブから

イスラエルが自分たちの首都だという
エルサレムに移すという
議会決議を1990年代から可決している

イスラエルの首都をどこにするか?
という問題は

イスラエル建国の時も
さらにイスラエルが国連に加盟する時も
問題になっていること

イスラエル側はあくまで
『エルサレムが首都』だと言ってきた

しかしエルサレムは
ユダヤ教キリスト教
さらにはイスラム教の聖地である

『ユダヤ教国家イスラエルの首都』と
一方的に決めてしまうことが
できない

であるからして

国連決議でもこの問題は
懸案として解決は繰り延べになってきた

エルサレムはどこに帰属するか?
という問題は
国連でもペンディングになっている

だからアメリカ合衆国は
イスラエルの擁護者でありながら

アメリカ合衆国大使館を
エルサレムに置くことを控えてきた

しかし議会が正式に
これを可決してしまったため
窮地に立たされた
当時のクリントン政権は

いわば苦し紛れに
大統領令を出して議会の決定を
半年凍結するということ
そして半年たったらさらに
それを繰り返すということで

ずっとこの問題の解決を
先送りにしてきた

最後のアメリカ大使館
エルサレム移転を延期する大統領令を
出したのはオバマであり

この効力は今年の5月に切れる

その先はアメリカ大使館が
そこにあってもなくても
アメリカはイスラエルの首都を
エルサレムと認め
大使館をおかねばならなくなる

トランプは大統領候補であった時から
ユダヤ人団体での会合で

自分はイスラエルの100%1000%の
味方であると言ってきた

最も信頼する娘のイバンカは
正統派ユダヤ人の夫に従って
ユダヤ教徒であり

トランプはその娘を
全面的に信頼し何でも言うことを聞く
と言われ

その娘がアメリカ大使館の
エルサレム移転に反対する可能性は
ほぼゼロである

おそらく今年5月に切れる
大統領令の延長はないと思われる

その時に何が起こるか?
ちょっと神のみぞ知るという感じだね
おそらくトランプ政権に
何でも反対する議会でさえ

これには賛成するだろう
アメリカの上下両院は
イスラエルの国策に反対する議員は
当選できないからだ

しかし国際社会というより
イスラム圏がこれに黙っている
ということはありえない

今年の5月は大変なことになるな

しかしこういうあらかじめわかっている
タイムテーブル上の危機は

必ず便乗されるもんなんだな

世の中は平和を望む奴ばかりではない
ほんとうに平和になっちまうと
困る連中は大勢いる

そういう連中にとっては
むしろ『動乱こそ望むところ』

ちゃぶ台返しをやって
自分の思うとおりにする

道理を引っ込めてムリを通す

そのための大道具小道具が
揃うわけだからな

今年の5月は
フランスの大統領選挙
現状ではマリー・ルペンが
大統領になるだろう

おそらくドゴールが始めた
第5共和制の重大な曲がり角か
それが終わってしまう日に

それどころか革命以来
自由・平等・博愛の旗を掲げてきた
近代共和制フランスが終わる日に
なりかねない

オタメゴカシではない
本当のポストモダンがやってくるわけだ

ここへきて彼らが
大量に容れてきた
イスラム難民が意味を持ってくるだろう

どうやっても国内対立の種にしか
なりようがない

もしそこで
イスラエルが動き出したら
どうなるだろうか?

普通なら国際世論の
総スカン必至だけれども

ヨーロッパの状況がそうなった場合
おそらくそうはならない

ことによると
シリア難民が大量に入ってきたのは

中東の騒乱を煽って
大量の難民を発生させたのは
そのためだったんじゃないのか?

中東での舞台回しの
下準備だったかもしれない

彼らがエルサレムに手を出す時
おそらく一気に

バル・コホバの乱以来
破壊されたままの
ユダヤ神殿の再建まで
やってしまうだろう

いずれにせよそういうことが
5月以降起きてくる蓋然性が高い

来年は旧約聖書に預言された
イスラエルが再建されて70年目の年

すなわち『終わりの時』だ

それなりにファナティックな
ユダヤ教徒ならば
準備をしなければならない時期だろう

またこういう連中には
アメリカのティーパーティーのような
キリスト教原理主義者も同調する

彼らはそれが起こらなければ
救世主は再臨しないと考えているからだ
この辺りは東海の離れ小島にいる
我々にはちょっと理解できない話だね

問題はイスラエルもそうだけど
ロシアとイランがその時にどう動くかだ
北の果ての大国とペルシャと
その他周りの国対イスラエル
という構図は

旧約エゼキエル書38章に描かれた
世界最終戦争の構図そのものだ
全世界の狂信の輩が
手を叩いて喜ぶだろう

北朝鮮の有事はそれから
目をそらすための目くらましとして
使われる可能性があるし

中国はどこかから粉をかけられる

おそらく火事場泥棒
手詰まりの時に頼まれれば
自国周辺のどこかでやるだろうよ

ともかく春から夏にかけて
大変なことが起こる

というか始まるな
そいつだけはどうやら
避けられそうもない感じだ

案外アメリカのユダヤ人団体が
伝統的に民主党支持だったのを
改めてまで

トランプを応援したのは
そのタイムテーブルに沿ったもの
だった可能性もあるね

オバマ政権はともかく
ユダヤ人に冷淡だった
そのことに対する意趣返し以上の
意味があったのかもしれないな

その時が来たら
そういう大統領を
すなわち自分たちが
乾坤一擲の大勝負に出る時に
邪魔をしない大統領

それこそが
ドナルド・トランプだったのかも
しれないよ

現状人事の段階で八方塞がりだろ?
しかしまさに中東ど真ん中で
事変が起きて

イスラエルが何か
強硬策に出た場合
マスコミも議会も一転して
大統領支持に回るはずだからな


トランプ政権は現状その方向に
どんどん追い詰められているよ
posted by beetle at 07:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

安倍晋三・トランプ「俺たちは朝日新聞・NY Timesに勝った」

Freemanの音楽・政治ブログ February 11, 2017

いやー、そういう形で信頼関係を結ぶとはねーwwwww
現在訪米中の安倍さんですが、その中でなかなかに面白い部分がありましてw
まずは↓の記事からどうぞ。
http://www.sankei.com/premium/news/170211/prm1702110028-n1.html

以下、転載です。
_______________________________________________________
2017.2.11 02:00

安倍晋三首相「私は朝日新聞に勝った」トランプ大統領「俺も勝った!」 

ゴルフ会談で日米同盟はより強固になるか?
米大統領・トランプ「せっかくドライバーをもらったのに、こっちは寒くてゴルフをできないんだ」
首相・安倍晋三「東京も寒くてグリーンが凍っているけど、それでもやっていますよ(笑い)」

1月28日夜の日米首脳電話会談。安倍とトランプは冒頭から、旧知の間柄のようにゴルフの話題で盛り上がっていた。

米大統領選直後の昨年11月17日、安倍は米ニューヨークのトランプタワーを訪ね、本間ゴルフ製ドライバーをプレゼントした。
トランプのお返しはゴルフウエア。電話会談がゴルフ談議から始まるのは自然の流れだった。

■「昼食より親しくなる」
「いつか一緒にコースを回りたいですね」。安倍がこう語ると、トランプが食いついた。「10日の金曜日に仕事をすれば、翌日は土曜日で休みじゃないか?
だったら『冬のホワイトハウス』に家族とともに来ないか?」
「冬のホワイトハウス」とは、フロリダ・パームビーチの会員制リゾート「マー・ア・ラゴ」を指す。
1927年に女性富豪が、大統領に来賓用別荘として使用してもらいたいと思って建設した。73年に所有者が死亡し、一時は米政府が所有したが、紆余曲折を紆余曲折を経て85年にトランプが購入したのだ。
(中略)
■「実は共通点がある」
大統領選で日本に対しても厳しい発言を繰り返してきたトランプが、これほど安倍を厚遇するのはなぜか。実は伏線があった。

昨年11月の米ニューヨークのトランプタワーでの初会談で、軽くゴルフ談議をした後、安倍はこう切り出した。 「実はあなたと私には共通点がある」怪訝な顔をするトランプを横目に安倍は続けた。「あなたはニューヨーク・タイムズ(NYT)に徹底的にたたかれた。私もNYTと提携している朝日新聞に徹底的にたたかれた。だが、私は勝った…」
これを聞いたトランプは右手の親指を突き立ててこう言った。「俺も勝った!」
トランプの警戒心はここで吹っ飛んだと思われる。
トランプタワーでの初会談は90分間に及んだ。安倍は、中国の軍事的な脅威と経済的な危うさ、そして日米同盟の重要性をとうとうと説き、トランプは真剣な表情で聞き続けた。

国防長官のマッド・ドッグことマティスを早々に訪日させたのも、初の首脳会談で安倍を別荘に招くのも、トランプの誠意の表れだと見るべきだろう。_______________________________________________________

こういうのが本当の外交でございますねー( ^ω^ )
この辺り、なかなかに面白いところなんですwww
安倍さんに関しては2006〜2007年の第一次政権時、朝日新聞の元朝日新聞主筆の若宮啓文氏が「安倍叩きは朝日新聞の社是である」と発言し、実際、その通りに安倍さんはぶっ潰されてしまった過去があるわけです。

自分自身、あの当時は今みたいにブログ、ツイッター、Facebook、ニコ生、そして顔出し出演動画を
やっているわけではなかったので、カウンターをかますことができずに黙って見ているしかなかったんですけどね。
あの当時に色々できてれば、拉致問題にしても今頃は(ry
で、トランプ大統領にしても同じところがあって、大統領選から、クリントン・ニュース・ネットワーク、
もしくはチャイナ・ニュース・ネットワークと言われる、
CNNやニューヨーク・タイムズにガンガン叩かれていたんです。

そこで面白いのは朝日新聞とニューヨーク・タイムズの関係性ですwwwww
朝日新聞に関してはこのニューヨーク・タイムズと提携を結んでいるんですが、戸締りさんこと経済評論家の渡邉哲也さんが語っているところで有名な「ソースロンダリング」という言葉がキーワードになってきますwww

このソースロンダリング、どういうことかと言いますと、本当かどうか分からない噂を権威あるメディアや人物が報道することによって、その噂の信ぴょう性を高めるというアレな手法なんですねwww

で、特に朝日新聞に関しては、3年前に朝日自身が認めた、東スポ以上の従軍慰安婦のウソ報道を30年以上に亘って報道していたわけですwww

更に、朝日新聞の東京本社内にニューヨーク・タイムズは東京支局を設けているんですが、日本国内で朝日が拡散したウソ報道を英語に翻訳して海外で拡散していったんです。

今の時代だったら、すぐに1次ソースなどで検証できるんですが、その当時はネットがない時代でしたから、
ウソ書いてお金が儲かったってのはある意味羨ましいですがねwwwww

そういうわけで、ネットが発達するまでは多くの人に知られなかったウソが権威があると思われていたメディアが報道することで信ぴょう性が高まり、現在に至ってしまったということなんです。

しかし、こういった部分を安倍さんは信用を得るための外交の材料に使っていくのは 上手いなと思うし、こういった記事から朝日新聞のアレっぷりを調べる人も増えるっていうwwwww

ちなみにCNNも朝日新聞、テレビ朝日と提携してて、1980〜90年代はテレ朝でCNNヘッドラインという番組をやってましたので、大分アレな(ry

今回の日米首脳会談、それ以外にもなかなか面白いことになっていますが、それは来週月曜配信の自分の有料メルマガで書いていこうと思います( ´∀`)
posted by beetle at 08:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

日本政府の韓国経済破壊計画が素晴らしすぎるw どっちに転んでも韓国大敗北クル━━━━━!

NewsU.S. 2017.02.14

・日本政府は問題解決を引き延ばし、今年本格的に始まる韓国の経済危機に一切協力できない局面を作って
あわよくば韓国の競合企業を壊滅まで追い込むつもりでいる。
韓国企業が大ダメージを受ければ日本の勝ち、それを避けるため慰安婦像を除去されても日本の勝ちなんだが、韓国にとってより実害がでかいのは経済危機で日本の助力が得られない方。
慰安婦は感情だけの問題だし。
それを理解している韓国人から「問題解決」「意思疎通」という言葉が出るけど、耳を貸す人がいない状況。
まあ自業自得というか、向こうはこのまま突っ走るしかないんだろうねえ…。
・崖のない日本とチキンレースしてるようなもんだな>韓国
・例えが秀逸 と思ったけど そもそも韓国は崖から転げ落ちてる 途中からスタートしてた
(2つの慰安婦像撤去だけでスワップ再開?仏像は?竹島は?)
・慰安婦像を撤去したんだからスワップしろ、経済と技術支援しろというんだろう  外交的にみれば韓国のほうが一枚上手だが 撤去しないんだよな  バカで良かった
・そもそもからして 偽の少女像撤去とスワップだの経済協力だのは 同じ天秤に乗ってなかったりする
・んだな   合意というのは  「もう過去のことは二度とグダグダ抜かすな」だからな  まあ韓国人は日本人に対してグダグダ抜かす以外のことはできないわけだがw
・韓国人って常識的に考えるとアホだろう 70年以上の昔のことで慰安婦の7割以上がお金貰ってるんだし
関係ない韓国人にとって、慰安婦像なんかどうでもいいことだろう  さっさと像を移転して、スワップでも経済協力でもやった方が国の為、多くの韓国人にとって利益になる って事が理解できない
・そのうちに韓国は北朝鮮と統一しないまでも、自由主義陣営、法治国家の枠から外れる。
こうなると信頼ガタオチ、もう相手にする国もない。経済力も落ちるだけ。誰も韓国のいうこと信じなくなる。
・【日本】は慰安婦像撤収の動きが無い限り大使を戻さない
【韓国】は次期大統領選出まで動きがない 次期大統領も慰安婦像撤収できないしするつもりも無いだろ
【結論】 日本と韓国の関係は終わった  次は日韓利権にタカル政治家、マスコミ新聞社、そして日本に要る韓国朝鮮人とその市民団体の問題に移るだろう
・今後はその嫌韓を広めないように隠しまくってきた、政治屋、役人、マスコミ、経済界なども日本人からのまとになる。 これ以上の韓国擁護はもう無理。 媚びる政治家は落選する。 前回の都知事選はそのはじまり。
posted by beetle at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の自由主義経済国家ドイツの運命 メルケル氏は踏ん張れるか?

おゆみ野四季の道  新 2017年2月15日 (水)

 トランプ政権によって為替操作国と名指しされたのは中国、ドイツ、日本だがこの3国の中で経常収支も貿易収支も絶好調なのはドイツで、世界の中でドイツ経済は際立っている。
中国の統計数字はいつも厚化粧なので本当の姿はわからないが、ドイツの好調さは本物で、33兆円の経常収支の黒字も30兆円の貿易収支の黒字も本物だ。

 ユーロ圏は実質的にドイツの経済圏だし、またECBがEU全体の景気振興策として金融緩和を実施しているためユーロは安値で推移していて、1ドル1ユーロの時代が迫っている。
ドイツ以外のフランスやイタリアやその他の経済がアップアップのため超緩和策が実施されているのだが、ドイツ一国に限って言えば順風満帆で緩和政策は必要ない。

 製造業も金融業もバランスが良く、とうとう16年度の経常収支が中国を抜き世界一位になった。日本が21兆円の経常収支黒字で4兆円の貿易収支の黒字だからはるかにドイツ経済のほうが順調だ。
人手不足で職場はいくらでもあるのでメルケル氏はシリア難民の受け入れに積極的だが、他国は不景気のさなかのためこのメルケル氏の政策に大反対だ。
特に東欧圏の人々はドイツに出稼ぎに行って生計を立てているのに、職場をシリアやイスラム諸国の難民に奪われてはEU に参加した意味がない。
東欧圏の人々はちょうど中国の農民工のような立場で、ドイツはそうした低賃金労働者を雇用してさらに大発展している。

 2014年夏までは世界経済のけん引役は中国だったが、中国経済がピークアウトし資金が中国から怒涛のように逃げ出していて、残った世界経済のけん引役はドイツに変わろうとしている。
ユーロ圏はアメリカ並みの人口と豊かな市場に恵まれており、ドイツが実質的にユーロの盟主だから、メルケル氏の実力はトランプ氏に匹敵する。
「ここはヨーロッパよ、アメリカの好き勝手はさせないわ」

 実際アメリカはトランプ大統領になってから世界の盟主を辞め、アメリカンファーストと称する保護貿易主義に邁進している。
資本主義文明は自由貿易を世界中に拡張することでその生命力を保ってきたが、その最大の経済圏であるアメリカが自由貿易を放棄した。
残った自由貿易の盟主はドイツとなり、メルケル首相は資本主義文明の成果である民主主義と国際協調を懸命に唱えている。

 ドイツの新しい大統領になったシュタインマイヤー氏は「欧米の民主主義の基盤が揺らいでいるのであれば、われわれが断固として守らなくてはならない」と就任にあたっての抱負を述べている。
今や民主主義の伝道師はアメリカでなくドイツに移り、21世紀の資本主義文明はドイツの頑張りにすべてがかかってきた。

 一方でドイツの経済が好調なのはEUという市場があるからだが、ヨーロッパにも保護主義に嵐が吹きすさびイギリスがEUを離脱しただけでなく、フランスもイタリアも右翼の台頭が著しい。そして右翼の主張はどこも自国第一主義であり、経済でいえば保護貿易主義だ。
アメリカが自由貿易から降りてしまった後の資本主義経済の盟主であるドイツにとっては、このEUの結束をどこまで保てるかが正念場になる。
右翼政治家との厳しい戦いが最後の資本主義経済の盟主メルケル氏に待っている。
posted by beetle at 08:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする