2024年04月13日

中国、日米に強烈反撃!台湾・尖閣問題で「主権侵害」と猛批判

NewsU.S.   17秒 前


中国、日米に強烈反撃!台湾・尖閣問題で「主権侵害」と猛批判

日米が中国を挑発?!台湾言及に「内政干渉」と激怒の北京
米国と日本、再び中国の怒りを買う!台湾問題で「粗暴な干渉」と非難
冷戦思考か、団結力の見せ所か?日米首脳会談が引き起こす国際波紋


中国が日米首脳会談に激しく反発している。毛寧報道官は記者会見で、日米が中国を「中傷、攻撃」したと断言し、「強い不満と断固とした反対」を示した。日米は他国を標的にすべきでなく、冷戦思考を抱くなと警告されているのだ。

特に、台湾問題に言及したことが「中国の内政への粗暴な干渉」と批判された。尖閣諸島が日米安全保障条約の適用対象とされたことも、中国は「主権侵害」と激怒している。毛氏は「不法行為には断固として対処する」と強調したのだ。

「尖閣や沖縄、台湾に侵攻する気満々ではないか」「平和的に解決する気が無いから挑発してくる」「日米が言及するのも当然」「手詰まりで強がるしかない」「ひとりっ子政策が裏目に出てる」「中国に利益を差し出す太陽光政策に呆れる」「岸田首相は円安効果で中国人が日本の土地を購入するのに危機感を感じないのか?」など、ネットユーザーはさまざまな意見を述べており、中国の対応に対する懸念と批判が溢れている。中国の行動がアジアの平和を損ね、軍事費の高騰を招いているとの見方も強い。

ワシは思う、今の世の中には自由が足りんのだ。新紙幣の導入のような変化にも頭を悩ませ、100円札だった時代を懐かしむ。だが、自由が死んでるという現状を前にしても、私たちはもっと自由な国に変わるべきであると強く訴えたい。私が死んだとしても、自由は決して死ななかったのだ。ほっほっほ、日本よ、もっと大らかで自由な国へと変わるのだ。
posted by beetle at 04:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする