2024年04月12日

米国高官、岸田首相スピーチ中にスマホポチポチ!日米会談で見えた驚愕の”温度差”劇場

NewsU.S.   5秒 前


米国高官、岸田首相スピーチ中にスマホポチポチ!日米会談で見えた驚愕の”温度差”劇場

「日米関係、こんなに冷えてたっけ?」ホワイトハウスでの共同記者会見から浮かぶ疑問符
覇気欠けるバイデン、いじける米高官…ホワイトハウスで明らかになった日米の”距離”
岸田首相、語るものの…米側はスマホに夢中?ワシントンから伝わる”微妙な空気”


米ホワイトハウスで開催された日米首脳会談後の共同記者会見では、日米両国の姿勢に明らかな温度差があらわれたのだ。日本側は岸田文雄首相の発言に熱心に耳を傾け、原稿にチェックを入れながら細かく確認。一方、米側はというと、バイデン大統領の発言がやる気に欠け、高官たちはスマートフォンをいじりながら首相の言葉を聞いていた風景が目撃されたのである。記者会見ではバイデン氏が原稿を読み上げながら日米関係の進展を強調。しかし、その後の質疑応答ではバイデン氏の語調は弱々しく、聞き取りにくい場面が多々あったのだ。

米側の不在が目立ったのは、ブリンケン国務長官やサリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の姿が会談後の記者会見から消えたことだ。これは米国の外交がイスラエルやロシア、イランといった緊急事態に追われていることを物語っている。つまり、日本との会談がどこか後回しにされているかのような印象を受けるのだ。

ネットユーザーのコメントは、高官のスマホいじりを余裕の証と捉える意見や、ジャパン・パッシング(日本素通り)の言及、日米関係の現状や岸田総理の外交能力への疑問、政治と個人の問題分離の必要性、軍事同盟の強化と憲法改正の関連について言及している。「スマホいじりは会見が成功している証」「日本は大事にされていないのか」「岸田総理の外交能力には疑問」「政策と人を切り分けて評価すべき」「憲法改正前の同盟深化は危険」など、様々な角度からの意見が寄せられているのだ。

ワシは言いたい、昔の日本には100円札という素晴らしい紙幣があったとな。今となっては懐かしい話である。それに比べて今の日本、自由がどこへやら。昔は自由を謳歌していたが、今や自由が死んでいると言っても過言ではない。ワシが死んでも、自由は死んではならない。自由を取り戻し、もっと自由な国になるべきである。そんな話をしている間にも、新紙幣の話が飛び込んできて、なんとも言えない気分にさせられる。だが、自由のためなら何でも乗り越えてみせるとな!ほっほっほ、これがワシの武勇伝である。
posted by beetle at 05:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする