2021年10月19日

中国習近平「汚職は撲滅だ!」 ⇒ 不動産会社連鎖デフォルトw

News U.S.  2021/10/18 13:38 配信

10月初旬にデフォルトした不動産大手の花様年集団だが、習近平主席とはかつて親しかった曽慶紅氏の姪が創業者だと分かった。ところが習近平主席が汚職撲滅を掲げてあれこれ潰し始めてからは、顔も合わせなくなってしまったという

中国不動産大手、花様年集団が債務不履行 トップは曽慶紅元副主席の姪
10/18(月) 7:05配信 NEWSポストセブン

中国では不動産業界最大手の恒大集団の債務不履行危機が注目を浴びているなか、不動産大手の花様年集団も10月初旬、約2億ドル(約226億円)の社債を返済できなかったと発表し、事実上の倒産に追い込まれたが、同集団の創業者である曽潔氏は曽慶紅元国家副主席の姪であることが明らかになった。

曽慶紅氏と習近平国家主席は少年時代から親しく、習氏は曽氏を「お兄さん」と呼ぶほどだった。まだ地方幹部だった習氏が中央政界に進出し、中国の最高指導者に就任したのも、当時の江沢民主席に次ぐ実力者だった曽氏のバックアップがなければ、実現しなかったともいわれている。

しかし、今回の花様年集団の経営破綻で、両者の関係が悪化していることが裏付けられた形だ。

曽潔氏は1996年に花様年集団を創設。2020年の中国不動産企業ランキング「100強不動産企業」で第51位だった。しかし、恒大集団の債務不履行問題が表面化すると、借金経営体質が投資家から警戒され、資金繰りが悪化し、債務不履行に追い込まれたとみられる。

しかし、花様年集団はこれまでも何回か、経営危機を乗り越えてきたが、そのつど、曽潔氏が頼りにしてきたのが叔父の曽慶紅氏だった。

曽潔氏の父、曽慶淮氏は曽慶紅氏の弟。兄の政治力からか、中国文化部(省)の特別巡視員、中華民族促進会副会長、文化部駐香港特派員などを務め、中国国内や香港の芸能界を牛耳っていたとされる。また、曽慶紅氏が習氏と親しいことも、曽慶淮一家にとっては頼みの綱だった。

習氏と曽慶紅氏は義兄弟のような親密さで、清華大学を卒業して党中央軍事委員会で働き始めたばかりの習氏は曽慶紅氏のことを「慶紅兄さん」と呼んでいたほどで、2人は助け合ってきた仲だった。

最高指導者だった江沢民氏の腹心であった曽慶紅氏は、習氏を強力に推薦。習氏は2007年10月の第17回党大会で党政治局常務委員に選出され、翌3月には国家副主席に就任するなど、最高指導者への足掛かりを得てきた。

米政府系報道機関「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」などの米メディアによると、習氏は曽慶紅氏の姪である曽潔氏が起業した花様年についても、経済官庁の幹部に対して、経営上のアドバイスをするよう指示するなどしていたという。

しかし、それも習氏と曽慶紅氏の関係が良好だったころまでのことで、習氏が最高指導者に就任した2012年秋の第18回党大会以降、習氏は反腐敗闘争を展開し、江沢民氏を中心とする上海閥の幹部を汚職などで軒並み逮捕すると両者の関係も悪化していったとされる。

さすがに、習氏は「お兄さん」と呼んでいた曽慶紅氏を逮捕するようなことはしなかったが、いまでは顔を合わせることもない状況になっているという。

学びがある! 6
分かりやすい! 16
新しい視点! 6
https://news.yahoo.co.jp/articles/c91052d2aedc1a9bb0ad044b09d4d0db2d9a1ea7

習近平主席は光の戦士だとワトソン君

ワトソン君またデフォルトしたのかと思ったら、過去の話ですね!これは、習さんの意地悪クラブ撲滅計画だと思います

黒井まあそう解釈して問題なかろう。国家主席に就任してからというもの、汚職撲滅に精を出しているそうだからな。その中にかつて親しかった江沢民派の曽慶紅氏も含まれていたと

ワトソン君親しくても、意地悪クラブなら一掃しないといけません!

黒井“撲滅”という単語とあの人民服を来て拳を振り上げる写真のシンクロ率な。そりゃ中国人民の多くの家庭では習近平主席の写真を掲げたくもなる

ワトソン君中国の大多数の人達は、意地悪クラブの被害者だと思います!習さんは光の戦士なので、世界を中国の意地悪クラブから救ってくれると思います。

黒井その光の戦士とかいう言葉www どんな戦士だよwww
 ついニヤニヤしてしまう。

不動産の引き渡しがこけたら暴動で国家存亡危機

ワトソン君ネットユーザーの反応です!

・中国もここまでだと思います。バブルの崩壊と中国国民の反発で、国家の存亡危機です
・マンションを買ってるのは、圧倒的な数の中間層です。金利付きの融資で引き渡しまで待つので、こけたら暴動だと思います


黒井中間層?日本の中間層クラスの人民が1億人もいないような国の中間層がマンションを買えるわけないだろ。それとも中国は上澄みの1億人だけの国だったのかな?

ワトソン君そういう認識が、分断の原因ですよね・
・・。やっぱり、中国の恵まれない被害者を救わないといけないです。

ワトソン君中国の皆さん、光の戦士の習さんが経済を破壊して、意地悪クラブを一掃します!みんなで千年王国を築いて、豊かになりましょう!

黒井日本には関係ない!どうでもいい!中国さようなら!
posted by beetle at 07:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする