2021年10月16日

共産の戦術に乗る立民

産経新聞  阿比留瑠比の極言御免  2021/10/15 01:00

いよいよスタートした衆院選で、これまで真正面から取り上げられてこなかった最大の争点とは何か。今回はこの点を取り上げようと考えていたところ、自民党の甘利明幹事長が14日、記者団にほぼ同じ趣旨のことをこう語った。

「立憲民主党は、共産党と候補者の一本化をして戦う。そして政権を獲ったら閣外協力を共産党とする。自由民主主義の思想のもとに運営される政権と、共産主義が日本史上初めて入ってくる政権と、どちらを選ぶかの政権選択だということが最大の焦点となる」

実際、共産は13日、21選挙区で公認候補擁立を見送り、候補者の一本化を行ったと発表した。志位和夫委員長は14日の国会議員団総会あいさつで、こう意気込みを示した。
posted by beetle at 07:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする