2020年07月09日

在米中国人に通報呼び掛け FBI長官、情報窃取警戒

共同通信  7/8(水) 6:00配信


 【ワシントン共同】米連邦捜査局(FBI)のレイ長官は7日、中国政府が自国の研究者や留学生を利用し米国の最新の研究成果などを盗もうとしているとし、在米の中国人に対し、中国当局者から接触があった場合には直ちに通報するよう呼び掛けた。首都ワシントンのシンクタンクでのイベントで語った。

 レイ氏は、中国の情報当局者が身分を隠してソーシャルメディアを使い、米軍の情報担当者に接触を図った例もあると紹介し、FBIが抱えるスパイ防止事案約5千件のうち、中国に関するものが約半数に上っていると明らかにした。

 米国から盗まれた技術が中国で特許登録されることがあるとも指摘した


【関連記事】
「香港が終わりました」国家安全法が可決…「来年、日本に引っ越します」
香港の民主主義が死んだ…「デモできる沖縄がうらやましい」
「新型コロナで仕事なくやり出した」 詐欺疑い中国人留学生ら再逮捕
沖縄と本土を分けた「30度」 研究者が独自分析
パチスロ設定漏えいし損害与える、容疑の元店員ら逮捕
posted by beetle at 08:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする