2018年11月11日

今週のつぶやき(外から見る日本、見られる日本人)

外から見る日本、見られる日本人  2018年11月10日10:00

企業の不正報道は後を絶ちませんが、テレビ番組制作も昔から疑惑が多い分野の一つです。今回、人気番組「イッテQ」のでっち上げ問題。結局、日本テレビも盛りすぎた表現を反省するコメントを発しています。日本のテレビ制作側が海外の奥地まで行って珍しいものを見つけようとする苦労がにじみ出た「行き過ぎ」だったのでしょうか?これも日本の独特さで日本人論から考えるといろいろ議論できそうです。

さて、今週のつぶやきです。

ドルが33年ぶり高値!
名目実効レートでドルの一人勝ち様相が強まり、33年ぶりの高値となっています。これは世界の通貨を見ると自国通貨を売りドルを買う動きが強まっていることを意味し、新興国では通貨安から物価上昇につながるほか、投資マネーの流出により経済成長への急ブレーキがかかることを意味しています。特にアメリカ中間選挙が全体的にほっとする結果になったことでドルへの傾注を促しやすい状況にあるかと思います。

ただし、アメリカの金融政策を決めるFRBのバイアスはかつての強気から幾分ニュートラルに変わりそうです。昨日のFOMCでもパウエル議長の強気(利上げ派)に対して二人の副議長が懐疑派になりつつあり、12月は利上げをすれども19年は経済状況を見ながら、ということになるかもしれません。(現在、19年は3回利上げ予定)

北米はカナダを含め、労働者が払底しています。(日本もそうですね。)アルバイトすら見つからないというのが現状で労働の質の低下、サービスの低下、価格の上昇の中、あきらめムードも無きにしも非ず、という感じがします。個人的には景気のサイクルをそろそろ一旦クールダウンさせないと大所高所から見た「美しい経済」とは程遠くなりそうな気がします。

受難の新閣僚
桜田五輪相の汗かき釈明と間違いだらけの発言には大臣として恥ずかしい、と思った方も多いでしょう。特に地元、千葉の人は格好悪いと思っているかもしれません。安倍首相の組閣は大いに政治的配慮があります。桜田氏は二階派ですから、桜田氏の失敗は二階氏に跳ね返ることになり、安倍首相と二階氏の貸し借り関係に影響するとみるべきなのでしょう。

それにしても桜田氏は大臣としての資質はないかもしれません。不勉強にもほどがあります。人がよさそうな方ですが、それで過去7回も当選したとなれば議員は「商人のもみ手」が出来ればよいのか、ということになってしまいます。

次いで片山さつき大臣でありますが、こちらも私設秘書の税理士が口利き料で100万円受け取ったという話からいろいろな話題が出てきているところであります。片山氏が100%狙われるのは自明の理でした。目立つ女性の議員と大臣は必ずマスコミの餌食にされるのは過去が物語っています。ほぼすべての女性大臣は「私はこれで一本取られました!」となっています。

なぜ、マスコミは女性議員や女性大臣を虐めるのか、といえば結局脇が甘いのを見透かされていて偉くなったり目立ったところで「はい、そこまでよ」と政界を揺するネタにされるのでしょう。今井絵理子さんや山尾志桜里さんに至っては開き直りですが。

国会議員がワイドショーネタになること自体が日本のおかしなところ。訪日外国人に聞いてみたいですね、「どう思う?」って。

またお隣に盗まれた日本のノウハウ
日本が誇る「シャイン マスカット」というブドウ。これが韓国に盗まれ、正々堂々と韓国で韓国製として売られているという報道がありました。実はこのシャイン マスカット、カナダのスーパーでも売っています、そこには「コリア産」と明示されています。私はこの表示を見た時、韓国産であることに一つのブランド意識すら持たせていると感じました。

イチゴも盗まれ、多くの韓国人は「これは韓国の技術開発によるものだ」と信じて疑っていません。

シャインマスカットについては農研機構が輸出されると思わず、品種登録を怠っていたというこちらも脇の甘さが出ています。

かつて川崎重工が新幹線技術を中国に流出させ同社がJRの新幹線チームから締め出され、今では同社の鉄道部門の存続すら危ぶまれています。あの時は川重は積極的に売り込んだ=流出させたわけですが、日本は戦略的行動と危機感が薄いのと自分さえ良ければ、ということがあまりにも多すぎます。

我々はいつ、学び、体質改善できるのでしょうか?心配です。

後記
飛行機のパイロットの飲酒にバス運転手絡みの事故や事件、高速逆走から280キロで爆走する論外な輩やアクセルブレーキの踏み間違いまでとにかく交通に関する事故や事件が多すぎます。ここバンクーバーの鉄道はリニアで無人走行。ホームに駅員もいませんが1980年代から機能しています。思うにいろいろな人が多すぎて一つのルールをシェアできない時代になったのかもしれません。ルールとは何か、もう一度見直す必要があるかもしれません。
posted by beetle at 08:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする