2018年07月02日

畑岡奈紗は納得の「64」 プレーオフで敗れるも「悔いはない」

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)  7/2(月) 6:15配信

◇海外女子メジャー第3戦◇KPMG女子PGA選手権 最終日(1日)◇ケンパーレイクGC(イリノイ州)◇6741yd(パー72)

9打差逆転による41年ぶりの日本勢メジャー制覇は、惜しくも叶わなかった。23位からスタートした畑岡奈紗は最終ラウンドを2イーグル5バーディ、1ボギーの「64」とし、通算10アンダーの首位タイでホールアウトした。

ユ・ソヨン、パク・ソンヒョン(ともに韓国)によるプレーオフ1ホール目(18番)。フェアウェイからの2打目をグリーン右奥のラフにこぼし、6ydのバーディトライをパターで外して敗退した。

快挙を逃した畑岡は中継局のテレビインタビューに応じ、強風の中で「64」をマークした最終ラウンドについて「イーグルも2つ取れた。自分らしい攻めのプレーができた結果、このコンディションで8アンダーにつながったと思う」と評価した。

ショートパットを外して唯一のボギーとした10番についても「きょうで唯一の悔い。あそこだけ本当にもったいなかった」。1977年大会の樋口久子以来となるメジャー制覇を逃す結果に終わったが、「きょうだけは自分の予想以上のゴルフができたので、悔いはありません」と総括した。

2018年 KPMG女子PGA選手権 最終日 ライブスコア
最終更新日時:2018/07/02 06:56

1 -10 朴城R      F -3 66 72 71 69 278

2T アクセプト -10  畑岡奈紗   F -8 69 72 73 64 278

2T -10  柳簫然    F +1 69 69 67 73 278
posted by beetle at 08:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする