2018年06月23日

狂躁亭日乘・中国の切り札を奪ったアメリカ

おととひの世界 2018-06-22 08:32

トランプは北朝鮮に妥協
またも北朝鮮の外交的勝利
真の勝者は中国

まとめてバッサリ切っとく
これは全部間違いだ
単純な事実から1つ

トランプは
自分の携帯の直通番号メモを
金正恩に渡したという
この単純な事実は何を意味するか?

米朝ネゴシエーションにおいて
中国の干渉を排除したということ

94年米朝合意では
ここまでには至っていなかった

そもそも米朝合意の主役の片方が
直後に死んでしまったし
金日成のことだけどね

あれは元大統領のジミー・カーターと
金日成の間でできた信頼関係だった

米朝首脳間に
ダイレクト通信回線はないわけ
するとアメリカでは

アメリカ国務省そして北朝鮮の外交部
これがうまくいかないと

中国がしゃしゃり出てきて
『6カ国協議』をやる

『6カ国協議』がうまくいってきたか?

何かといえば『中国の役割が大事』

北朝鮮は貿易が細るばかりだから
対中貿易依存度が
90%以上になってしまった

これでは属国同然だ
中国の属国になる

アメリカの属国になること同様
北朝鮮にとっては耐えがたいことだ

そもそも金日成の核開発は
何から始まったんだ?

中国のベトナム侵攻

トウ小平がやったことだ
50万人もの軍隊を繰り出してね

中国とベトナムはかつて
ベトナム戦争を戦った同盟国同士
この時中国は直接参戦戦闘はしていない

しかしホーチミンルートで
ずっとベトナム援助した

しかし米中が突如国交回復し
ベトナムとアメリカの間で
パリ和平協議が始まると

ベトナムは手のひらを返したように
中国系ベトナム人を迫害し始めた

それが『ミス・サイゴン』にみられる
大量のボートピープルだった

現地ベトナム人をアゴで使う
中国系ベトナム人の存在は
数百年来の内政のガンだった

これを追放したベトナムに
中国は激怒した
欧米帝国主義勢力の手先になって
現地人を搾取する華僑系

東南アジアでは
普遍的に存在する問題
華僑への憎悪は時折爆発する
1960年代半ばになってもインドネシアで
50万人以上の華僑系インドネシア人
惨殺が起きた

ベトナム人を放置すれば
同じ問題があちこちで起こる
それはメインランドチャイナの
メンツに関わる

どうしてもベトナムを
懲らしめなければならない
中国は感情的に戦争を起こしたんじゃない
そういう判断だったんだ

しかしうまくいかなかった

長年アメリカと戦い
鍛えられていたベトナム
ベトナムはとても強く
中国を撃退してしまった

朝鮮戦争の同盟国だが
あまり仲は良くない
同じことになったらどうなるか?

金日成だって考えるよ
アメリカを当て馬に使って
中国に内政干渉されないための
核開発をやる

そのために満州にいる
反北京の瀋陽軍幹部を利用する

中国は最初から北朝鮮の核開発を
コントロールなどできない

もしそれができていれば
そもそも北朝鮮は最初から
核開発などやらなかったはずだろう?

満州にいる中国人民解放軍
最大の方面軍である『瀋陽軍』

60年代の中ソ衝突で
真正面からソビエト陸軍・国境警備隊と
向かい合ってきた連中

あの時旧ソ連は中国に対し
ホンキで核使用を考えていた
アメリカに対し非公式に
打診していたことが公開されわかっている

しかし北京政府は満州の瀋陽軍に対し
最新陸上装備は惜しみなく与えたものの
核装備だけは絶対に与えなかった

もし核兵器を持たせたら最後
彼らが北京政府に向かってくるからだ

満州から北京まで
直線コースでそれほど距離がない
反乱起こされたら一巻のオワリ

金日成はそこに目をつけた

瀋陽軍幹部に対し
飲ます・掴ます・喰わす・抱かす

あらゆる接待で篭絡
モンゴルに支配された昔から
朝鮮の連中の得意技だよ

我々が核兵器開発に成功すれば
あなた方は北京政府に対して
フリーハンドになれますよ

我々の核兵器はあなた方の核兵器です

おそらくそんなこといったんだろう
証拠はないよ

しかし彼らの核開発は
解放軍瀋陽軍区幹部の協力がなければ
けっしてできないことだ

中国国内で直接やれば
見つかってしまうからね

北京政府は瀋陽軍区を
まともに相手にする度胸はない
北京の方面軍では無理

重慶あたりの方面軍だって
何を考えてるかわからない
現実に数年前クーデター騒動がおきかかった
共産党太子党の大幹部が逮捕されたろ?

目鼻がつくまでにバレなければ
北京政府は見て見ぬフリをするはずだ
それはバイカル湖以東の広大な国内領土に
一千万人足らずの国民しかいない
旧ソ連ロシアだって同じはず

国境の南側に数億人の人口を抱え
国力をつけた中国
ロシアは内心恐ろしがっている

中国と喧嘩するわけにはいかない
しかし過度の交流は
中国の経済侵略を招くだけだ
だからロシアは中国との道路や鉄道建設
90%のところで工事を止めている

そういうロシアなら
我々に味方するはずだ
北朝鮮はそう計算していた

北朝鮮の核・ミサイル開発が
あのレベルで行ったこと
それが正しかったことを物語っている

中国は経済的に成長
西側との金融・貿易摩擦を抱える

かつての日本でも
ありえなかったような無法
あちこちで働いているから
本来なら中国は経済制裁の対象になるべき

しかし『北朝鮮』という
厄介事がある限りそれは起こらない
『北朝鮮との仲介役』という
立場を切り札に

特にアメリカから
中国が妥協を引き出す
北朝鮮はその時だけ
中国に付き合ってやれば

いくらでも時間稼ぎができる
アメリカの外交当局は国務省の役人
所詮役人は役人
軍人ではない

目先の実績だけを
自慢したがる連中だから
『玉虫色のコミュニケ』作製にだけ
つきあってやればそれでいい
何度でもやり過ごせる

アメリカの1000分の1の
経済規模しかない北朝鮮にとって

軍事大国でいるつもりなら
核・ミサイル兵器開発以外の
選択肢は始めからなかった

朝鮮戦争開戦当時
韓国軍はまともな装備を持っていなかった
しかし北朝鮮は旧ソ連から与えられた
最新通常兵器をふんだんに持っていた
だから緒戦は連戦連勝

現在はその逆だ
南北の経済格差は語るに落ちたこと
韓国はハイテク重武装国家となり

一方北朝鮮は
世界最悪の貧困国家になり
通常兵器をフィードする力は無くなった

アメリカはじめとする
大国を恐れさせるには
『核武装』しか道がなかった
だから親子孫・3代マニフェストとして
受け継がれた

結果的に金日成の
『仮想敵国:対中国核武装』
北朝鮮の連中の思惑に限ってみれば
アタリだったと言える
冷戦末期にアルバニアが
見向きもされなかったと同様

核戦力がなければ北朝鮮も
同じ目にあっただろう
しかし待ちに待ったかいがあったのは

北朝鮮がそうしている間に
中国がアメリカを脅かす経済力を
身につけてしまったこと

アメリカは中国に強く出たくとも
北朝鮮問題がある限り出られなかった
必ず世話にならなければならないから

しかし現在トランプの直通携帯番号
金正恩のポケットの中にあるわけだ

中国から得られるものと
アメリカ等から得られるもの

北朝鮮はこれから天秤にかける
彼らの得意技だ

中国は北朝鮮を
以前と同じように利用し落とそう
とするだろう

しかしその場合は高いものに
米朝合意以前と同じコストで
北朝鮮を利用することはもはやできない

それは韓国も同じ
韓国の対中貿易額は増える一方だった
その分韓国は中国に
文句が言えなくなっていた

今後は北と一緒になって
文句を言うようになるだろう

何よりアメリカが中国に対し
思い切り強く出られるようになった

今までは6カ国協議のことがあるから
遠慮していた

もはやその心配がない

核廃棄の検証といったって
現在のアメリカ外交は
ペンタゴンが仕切っている

リエゾンオフィサーが
何人か行けばいいだけ
中国の手を借りる必要はない

国務長官マイク・ポンペオは
陸軍のホープ
ついこの間までCIA長官だった

国務省の古株はほとんど
前任者がパージしてくれている
これからは完全にペンタゴンぺースの
外交になる

北朝鮮は国内向けにも
大々的に米朝合意を宣伝してしまった
後戻りはできない

北朝鮮国民は
貧困から抜け出せる瞬間を
固唾を呑んで見守っているからだ
再び裏切ればその時は間違いなく
戦争と革命が同時に襲ってくる

ファーウェイやZTEの訴訟
対中制裁関税

今後アメリカは
情け容赦なく打ち出し
応じる中国はアメリカへの切り札を
もはや失っている

アメリカにとっては
北朝鮮への秘密合意ロードマップ以上に
米朝交渉から得たものは
多大だったといえる


中国と完全に
遠慮もハンデも一切無し
中国を上座に座らせることなく
フェアトレードができる環境を造る

北朝鮮の核問題より
じつのところそちらが

本命の目的だったんじゃないのか?
北問題に目鼻がつかない限り
できなかったんだからな

1988年米ソ冷戦終結まで
日本は甘やかされてきた
しかし日本はアメリカを脅かす軍事力を
持っていなかったし
そういう冒険もしてこなかった

しかし冷戦終結後
アメリカは日本に対し
遠慮も何もなくなったでしょ?

中国に対しては
経済的角逐と軍事的緊張関係
両方あるからね
ヒートアップするだろうね

ベトナムはトンキン湾にある軍港
アメリカ海軍の寄港を認め始めている

一般港湾と軍港
国際法上は海軍寄港地として
全く意味が異なる

軍艦はすべて軍港以外で修理はできない
しかも碇泊できる時間が限られている

軍港であれば
金を払えば修繕が受けられるし
時間は許される限りいることができる

あえて軍事同盟締結も必要ない
当該国が認めればいいだけ

ベトナムは
南シナ海の中国軍を牽制するため
かつての仇敵アメリカと手を結んだんだ
ロシアとも同じことやってるよ

北朝鮮指導部はベトナムに
大いに敬意を払って
参考にしてきた

黄海側で同じことを
ベトナムを参考にすることはあり得るよ
北朝鮮がやればどういうことに?

軍港として貸し出す
まではいかなくとも
第7艦隊寄港を認めるくらいなら
合同演習中止に代わり
親善訪問とか

表向きは親善訪問
ホンネは軍事協力への瀬踏み

米軍としては韓国防衛に回した軍事力
そちらに余裕分振り向けられるからね
常駐する必要もないんだ

ありえない話ではない

親善訪問に中国は反対する理由がない
反対したくともできない

しかし北朝鮮にとっても
またアメリカにとっても
中国に対する大変な牽制にはなるわけだ
WIN‐WINの関係に

朝鮮戦争が名実ともに終結すれば
起こりうることだよ

黄海・渤海湾は中国にとって
東京湾みたいなものだろ?
強烈に反応するだろうな
posted by beetle at 08:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする