2018年06月07日

狂躁亭日乘・昭和ヒトケタとネトウヨ

おととひの世界 2018-06-07 07:43

2010年代のある日
いわゆる在日・ザイニチ

彼らがいわゆる
通名を使うことができなくなる
そして国籍を選ぶ
二重国籍者でいることが
できなくなるという

その時彼らは
いわゆる在日特権を失うから
日本各地で暴動起こすだろう

その時を期して立ち上がるのが
日本の民兵組織である
そして日本国内の騒擾は
自衛隊が事実上の治安出動

を行った上で片付ける

そのため旧式の戦車の砲塔
装甲車に付け替えた車両まで用意している
そんなハナシ

現在弁護士への
大量懲戒請求で訴えられている
多くのいわゆるネトウヨ

彼らが信奉してきたブログが
ずっと前から言っていたこと
あのブログ元々のオウザーが
すでに亡くなっていて
現在3代目なんだってね

このブログ所々
自衛隊関係者と思われる人が
物言ってる部分があって
参考にならないかというと
そうでもないんだよ

民兵組織云々という話
明らかにアメリカとNATOが企てた
ウクライナの[マイダン〕クーデター

ウクライナというのは
ややこしいところなんだよね

ちょうどスペインにおける
カタルーニャ問題によく似ている
現在再びカタルーニャは
独立派が優勢になっていて

しかもスペイン国内の内政が
めちゃくちゃな状態だから
そのまますんなりかもしれない

しかしこの話
ご多分に漏れずで
独立を煽っていたプチデモンという男
ベルギーに逃げていて

ベルギーというところ
前にも行ったけど
ヨーロッパの陰謀公家の巣窟だよ


EUの本部が
ブリュッセルにあるの見てもわかるよね
NATO 北大西洋条約機構は
どう考えたって

アメリカとイギリスのためにある組織
ヨーロッパ全体のためみたいな
顔してるがね


それが分かっていた
フランスのドゴールは
NATO を抜けたわけだ
おかげでドゴールはその在任中
125回暗殺されかかったと言う

『ジャッカルの日』に詳しいね
しかしドゴールはメゲなかった
徹底的にアメリカに逆らい続けたね

日本には戦後
こういうタイプが出てきていない
中曽根康弘も小泉純一郎も
表向きはナショナリストだったけど
実はアメリカべったりだった

例えばドゴールがやったようなこと
彼らは果たしてできただろうか?

ドゴールは NATO を
フランスが抜けていた期間中
NATO 空軍機のフランス領空通過を
認めなかった

皆さんフランスが
スペインとドイツに挟まれた
狭い国だと思ってるでしょ?

直接的な植民地を手放した
というだけで
アフリカにおけるフランスの
間接的な植民地は
アフリカの1/3ですよ

アフリカ北西部ほぼ全てと
マダガスカルです
フランス上空はもちろんのこと
この辺りを飛ぶ時にも
フランスのお伺いを立てなければ
ならなくなります

ニクソンショックの
引き金を引いたのもドゴールですよ
1968年に退陣していたけど

ベトナム戦争にのめり込む
アメリカを見ていて
ドゴールはいずれ
アメリカが踏み倒しをやるだろうと考えた

ベトナム戦争は
大規模な戦争だったですからね
局地紛争でなかったこと

ベトナムとその周辺
カンボジアやラオスまで
あの戦争で落とされた爆弾の総量が
第二次世界大戦のそれを
上回っているということを
見ても分かります

こんなことを続けていて
アメリカ経済が持つはずがない
軍人ドゴールは普通に考えたわけです

アメリカから購入していた大量の国債
その国債償還にあたり

新たなアメリカ国債やドル札ではなく
ブレトンウッズシステムすなわち
1トロイオンス35ドル

相当の金塊で支払えと言ってきた
これだけでも随分なご挨拶だけど

アメリカまで取りに行くのは
民間の船ではなくて軍艦が

軍人立会いのもと
本当に金塊をアメリカからふんだくった

アメリカの横っ面を
これほどあからさまな形で
真っ昼間にひっぱたいた人っていうのは
ドゴール大統領ただ一人でしょうね

軍艦で行かなければ
タイタニックみたいに沈められる
と考えていたんですよ
なぜそこまでやったのか?

NATO 北大西洋条約機構も
EU の前身である ECも
現状ではイギリスとアメリカのためにある
組織であることをはっきりさせるため

なんでこんな話を長々としたか?
この問題はカタルーニャと
ウクライナの問題につながっている
ウクライナというよりはクリミアの問題

ウクライナとカタルーニャ
実はとてもよく似ている

元々最古の最先端地帯だった
しかし後のカラスに追い抜かれた
ウクライナの場合はモスクワ大公国
現在のロシアですよね

カタルーニャの場合は中世
イスラム支配の下で苦しんでいた
スペインの大半をヨソに
大きな力を持って

ナポリ王国の継承問題などに干渉していた
しかしレコンキスタが始まると
カスティリア・アラゴン同君連合ができる
スペイン再独立となり

ここで
その運動に大きな役割を
果たそうとしなかった
カタルーニャがはじき出されてしまう
さらにカスティリア・アラゴン両国

『地理上の発見』の主役となり
中南米から膨大な金銀の流入を見た
そして西欧諸国では最初の
巨大植民地帝国になった

ここに至ってカタルーニャ
単なる属国でしかなくなってしまう
彼らは400年間これが不満だった

カタルーニャを
ゲルニカ辺りから説明されることが多いから
歴史勉強してない人は知らない
ウクライナとクリミアも同じこと

モンゴル支配に
ナントカ独力でケリをつける
これをやったのはモスクワ大公
イワン4世だった
いわゆるイワン雷帝です

この間ウクライナは役割を果たしていない
イワン雷帝の死後
ボリス・ゴドゥノフ帝の時代になり

いわゆる『大動乱時代』
徳川家康が幕府を始めた頃です
宗教改革によりドイツを失った
ローマ教会とイエズス会

北方のカトリック大国ポーランド
バルト三国及びウクライナの
カトリック教徒をそそのかし
ロシアを征服することに成功する

2年の大混乱を経てこれは撃退され
イワン雷帝の最初の妻の実家から
皇帝が迎えられた
これがロマノフ朝です

この事実によりウクライナは
民族の裏切り者の汚名を着ることになる
現実にそうだったんだから
仕方がありません

これはロシアとウクライナの
現在の対立の根底にある事実なんだけど
西側では教育されないんですよ
西側の歴史教育を仕切っているのは
イギリスもっと言えば
オックスブリッジ学者だからです

カタルーニャとウクライナクリミア
西側軍事筋にとっては
重大な戦略的要衝です

スペイン継承戦争の恩義に報いるため
スペインはイギリスに
ジブラルタルの権益を貸し与え
それをイギリスはずっと踏み倒し
占領しています

スペインはヨーロッパ圏内から
いつか脱出する可能性があります
その時ジブラルタルが
イギリスのものであるという
保証はありません

この時ロシアのプーチン辺りの手が
スペインに伸びていたら?
返還されたジブラルタルを
ロシアが使うということ
ないわけではありません

代替地を確保する必要があります
カタルーニャ独立は
そのための工作です

西側にとってウクライナよりも
死活的なのはクリミアなんですよね
あれをもぎ取ることができれば

ロシアは黒海から東地中海に抜ける
海上通路を失うことになります
ロシアにとっては一大事
プーチンもよく分かっていた

クリミアは
ウクライナ人とロシア人の混住地域
オセチアの騒動が始まった時
北京オリンピックの開会式のころですけど

プーチンは次に狙われるのは
クリミアだと考えた
そしてクリミア在住ロシア人
現地ウクライナ人に全く気付かれることなく

武装民兵組織に
そしてウクライナで事変が起きた時
立ち上がらせた
キエフは占領できたが
NATO秘密部隊はクリミア占領に失敗
非公表だけど150人余りが
死んだと言われている

そしてこれを教育していたのがなんと
ドイツの民間軍事会社:ラインメタル
あの騒動にはドイツががっちり噛んでいた

メルケル首相が
知らなかったはずがありません
一方でアメリカの動きを読みきり
協力しているような顔をしながらその裏で

ロシアの秘密要請に従い
クリミアロシア人民兵組織設立を後押し
プーチンはロシア人がダイレクトにやれば
失敗するだろうと考えていたんです


この辺りの話
くだんのネトウヨが信奉しているブログ
自衛隊関係者と思われる人物が
話ししていませんでしたか?

あのブログそういう読み方をすれば
役に立たないこともないんですよ
でも今回懲戒請求ソードーに
引っかかりましたよね

読者が900人余りですか?
それなりの歴史読解文脈を
頭の中に持っていて

そこここのあおりに
引っかからない人なら
この辺りは飛ばして読んだと思うんだけどね

結局その900人っていうのは
ほとんどが高齢者だった
訴訟に関わっている
弁護士によるとそうだよね

若手でも40代だって
昭和一桁はもう80歳だから
もう10年代に突入してるよね

父親が昭和一桁で
その前後の世代に
バブル崩壊に引っかかった経営者が多いんだ

その前の世代は妙に安定感があったよ
大正旧制中学高校のデカンショ世代
よく言われる高等教養教育を
がっちり受けている

デカンショってのは芋のことじゃないよ
デカルトカントショーペンハウエル
この辺りを原語で読んだ世代


当たり前だが
現在の東大なんかよりも
はるかにレベルは上だ
しかも戦争に行っている

自衛隊で訓練だけ受けた
とかいう連中とは違う
PKO pkf とも違い

ギリギリの戦場でギリギリの経験をしている
こういう連中が現役だった頃
つまり日中国交正常化の頃

中国と日本も
肝胆相照らす話ができたんだよ
田中角栄がそういう人物だったし
毛沢東や周恩来もそれは認めていた

日本も酷い事をやったが
中国もひどいことをやっていたからね
それはお互い言わないルールだったんだ


しかし昭和一桁世代は
戦場の激烈な厳しさを知らない
国際協調の美名に簡単に騙されてしまう

だからプラザ合意と円高と
バブル景気に引っかかり
アメリカに貢がされてポイされたんだよ

父親の周りにいた元財界人
そういう人が多かったな
不承不承な格好で退陣させられ

公定歩合を引き上げた
三重野康・元日銀総裁を恨み骨髄で罵倒
そして向こう見ずな右翼的言動
ばかりやるようになった

だから右翼といっても
アメリカべったりの人が多いんだ
バブルは仕掛けたのも崩壊させたのも
アメリカだったのに


元々カネのことしか
考えてこなかった奴が
じじばばになってこういうことを
考え始めるからそうなる

彼らは歴史を学んでもおらず教養もなく
昭和一桁以後の軍国教育しか受けていない
概ねそれだけは共通していたね

例の煽りブログにしてもさ
悪いことばかり
ためにならないことばかり
言ってるわけじゃないんだよ
言ってきた通りな

それを生かすことが
できなかったのはひとえに
自分たちの教養がないからだ
認めがたいことだろうが
認めなければ

一歩も先に進まないぜ?
おいらもジジイだが
今後も勉強は続けるつもりだよ
posted by beetle at 08:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする