2017年02月18日

安倍首相の策略で中国が 大 敗 北 w 米中電話会談の中身を全部バラされる失態キタ━━━━━!w

NewsU.S. 2017.02.17

 2ch「さすが安倍首相」「以下パヨクの醜い願望が続きます」

【ドキュメント永田町】安倍−トランプ極秘交渉…議題は「中国」「北朝鮮」「韓国」 異例の厳戒態勢、密室車中会談の中身
2017.02.15

安倍晋三首相と、ドナルド・トランプ大統領は、初めての日米首脳会談で「戦略的蜜月関係」を構築した。経済連携の強化が確認されたワシントンでの会談に加え、フロリダ州パームビーチでは、歴史的なゴルフ外交を展開した。こうしたなか、「真の首脳会談はフロリダで行われた」「1時間以上の車中会談が核心だ」との証言を入手した。議題の中心は「中国」「北朝鮮」「韓国」だったという。世界の平和と安定を守る、両首脳の使命と覚悟とは。ジャーナリストの山口敬之氏による渾身リポート。

「経済・通商問題の軋轢をできるだけ回避し、トランプ氏との個人的信頼関係を構築する」安倍首相はこうした明確な目標を立ててワシントンに乗り込み、所期の目的をほぼ達成した。

今回の首脳会談だが、日程上、不可思議な点がある。肝心の首脳会談が40分しか設定されておらず、すぐに共同記者会見が行われ、共同声明も発表された。主要部分が、初日の開始から1時間半程度で終了したのだ。

実は、本当に重要な「真の首脳会談」はフロリダでひそかに設定されていたことが、関係者取材で明らかになった。

ゴルフ中は、他のメンバーもいたため難しい話は出なかったが、「別荘からゴルフ場」「ゴルフ場から別のゴルフ場」「さらにゴルフ場から別荘」と3度にわたる移動は、トランプ氏の専用車に安倍首相と通訳だけが同乗した。

関係者の話を総合すると、トランプ氏は車中でも経済の話は持ち出さず、もっぱら世界情勢について集中して議論したという。議題の中心は、中国、北朝鮮、韓国といった東アジア情勢だった。

トランプ氏は、安倍首相との首脳会談前日、中国の習近平国家主席と、米中首脳電話会談を行った。

トランプ氏は東・南シナ海や、サイバー、為替操作といった問題について、習氏の発言を開示しながら、安倍首相に見解を求めたとみられる。

確かに、当初は一緒にゴルフをするはずだった夫人の日程が変更になり、両首脳の「2人きりの時間」については、異例の厳戒態勢が敷かれたのである。安倍首相は車中での会談について、「絶対に口外できない話ばかりだった」と周囲に漏らしている。

この車中会談こそが、今回の「真の首脳会談」だったと指摘されるゆえんである。
山口敬之

「本当に重要な『真の首脳会談』はフロリダでひそかに設定されていた」
「トランプ:安倍首相との首脳会談前日、中国の習近平国家主席と、米中首脳電話会談」
「東・南シナ海や、サイバー、為替操作といった問題について、習氏の発言を開示しながら、安倍首相に見解を求めたとみられる」
「安倍首相は車中での会談について、『絶対に口外できない話ばかりだった』と周囲に漏らしている」

・サヨクに勝ったな これもw
・さすが安倍氏だな
・韓国は中国に併合かww
・二人が何話したか  他国は怖いだろう  特に中国 韓国
(中国としては日本を出し抜いた気でいただろう…どっちが正しいか)
・直前に米中会談やって良かったな  トランプから聞けるんだものwwwwwwwwwwwww
・そこが一番のポイントなんだよなw  まあ、その為にトランプは安倍と会う前に電話会談したんだろうけどね。 安倍と会った後にシナと話すと安倍との話をシナに漏らしたと勘ぐられるから。
・つまり、トランプはああ見えて すごく計算して言動を発しているということだな。
他板で言われていたことだが、「TPP推進の安倍の前でTPPを否定して見せることにより、安倍がどう出るか
人物を見極めようとしていた」節がある。
・完全に歴代No. 1の宰相だな
・以下パヨクの醜い願望と皮肉が続きます
(これが韓国の発言なら笑われてシカトされるけどな)
・周辺国へ恐怖感を与える事が出来るから
・韓国は嘘つきで信用できないとインプットしてくれてそうだね
・安倍首相による外交経済講座があったのか
・そりゃそうだよ トランプは素人で安倍はベテラン  トランプ陣営の準備もまだ
・唯一、信用できるソース、山口敬之さん情報か  これは興味深い
・こりゃ安倍はG20で引っ張りだこだな  中国も焦ってるのか 急にG20に参加するとか言い出してるし
・下手すりゃ、一方的に関税はかけられるわ、為替操作国認定されるわ アメ車を買えと脅されるわで日本経済は大打撃、安全保障でも大きな穴を 開けられていたかもしれない、国難とも言える状況だったんだぞ。
安倍もよく切り抜けたと思うわ。
posted by beetle at 08:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする