2017年02月09日

”通貨スワップの締結成功”に韓国人が『凄まじい勘違い』をしている模様。日本の支援などもう必要ない

U-1速報  2017年02月09日08:32

日本に拒否された通貨スワップ、豪とは融通枠拡大・期限延長で合意
ネットユーザー「よくやった」「共に歩もう」

 韓国とオーストラリアは8日、通貨交換(スワップ)協定を2020年2月まで延長することで合意した。

 韓国企画財政部(省に相当)は、韓国銀行(中央銀行)とオーストラリア準備銀行(同)が同日、韓国ウォンとオーストラリア・ドルの融通枠を従来規模の2倍となる100億オーストラリア・ドル(約8600億円)に拡大し、期限も20年2月7日まで延長したと発表した。

 延長契約は同日から即時適用され、期限満了時に両国が合意すれば再延長が可能となる。

 14年2月に両国は、50億オーストラリア・ドル(現在のレートで4300億円)、期間3年の通貨スワップ協定を初めて締結。昨年10月には韓国銀行と企画財政部が同協定の拡大延長を目指して検討を進めていた。

 米国のトランプ新大統領誕生を機に世界的に不確実性が増していることから、両国の通貨スワップはより一層必要性が高まるとみられている。

 今回の通貨スワップ協定の延長について、チェ・ジヨン国際金融課長は「不確実性が増している状況で、(通貨スワップの拡大を通じて)ドルへの依存度を下げようという認識で一致した」と説明した。

 オーストラリア・ドルは、国際金融市場で取引量5位の国際通貨で、世界各国の外貨保有高のうちオーストラリア・ドルの占める割合は1.9%で6位となっている。

 今回の通貨スワップ協定の延長について、韓国のネットユーザーたちは「そうだ、(通貨スワップ協定再開協議を中断した)日本とではなく、オーストラリアとやろう」「われわれが共に歩むべきなのはアングロサクソン(米国、英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド)だけだ」「よくやった。一緒に歩もう」「こういうことは隣国とだと自国の利益ばかり考えて一方的になったり重要な時期に活用できなかったりする。遠い国々と協定を結んだ方が長く続く」などと湧き上がった。

・敢えて日本を出す意味が・・・・・・馬鹿な記事だな
・よかったなw
・え?豪ドルでいいの?
・米ドルと豪ドル・・・別物。
・ローカル通貨のスワッピング
・なんで満足してるのか良く分からないけどおめでとう   もう二度とスワップ再開してとか抜かさないように
・スワップを借入金だか預貯金だか勘違いしてるとこがやはりチョンだなと(笑)
・日本を何故引き合いに出す?
・韓国はスワップ協定を自国の通貨防衛の燃料としか見てないからな   ブラジルの二の舞いになるのはわかりきってる
・こいつらスワップだと返さなくても良い、くらい思ってそう
・それどころかハードカレンシー以外のスワップなんぞ実質無意味ってことすらマジで理解出来てない。
・世界各国の外貨保有高のうちオーストラリア・ドルの占める割合は1.9%  意味あるのかこれ
posted by beetle at 09:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする