2016年12月30日

稲田防衛相の靖国参拝、アメリカ政府は特に問題視せずwww 

NewsU..S. 2016.12.30

中国・韓国との温度差が鮮明にwww 中韓孤立キタ━━━━(°∀°)━━━━!!!

中国メディア「鬼を参拝」 靖国参拝に中韓が批判
2016/12/29 11:50

稲田防衛大臣の靖国神社参拝を受けて、中国と韓国は批判しています。

中国は共産党系メディアが稲田大臣の靖国神社参拝を速報で伝えました。中国では旧日本軍を“鬼”と呼んでいて、安倍総理大臣とのハワイ訪問を終え、「和解と言った途端に“鬼”を参拝した」と厳しく批判しています。また、28日に行われた今村復興大臣の参拝に対し、中国外務省は「日本の内閣の一員による参拝は断固として反対だ」と強く反発していました。一方、韓国外務省は「日本の責任ある政治家が過去の侵略戦争を美化し、戦争犯罪者を合祀(ごうし)した靖国神社を参拝したことに対し、深い憂慮と失望を禁じ得ない」とのコメントを発表しました。

「中国共産党系メディア:『和解と言った途端に“鬼”を参拝した』」
「韓国外務省:『深い憂慮と失望を禁じ得ない』」
「稲田防衛大臣の靖国神社参拝を受けて、中国と韓国は批判しています」

稲田防衛相の靖国参拝、米国務省がコメント
12月29日21:22

稲田防衛大臣の靖国神社参拝について、アメリカの反応です。

アメリカは国務省は28日、「アメリカは歴史問題には癒やしと和解を促進するアプローチが重要だと強調し続ける」とのコメントを発表しました。

アメリカ国務省は、8月3日に稲田氏が防衛大臣の就任会見で靖国への参拝を終戦の日に行なうか否か明言を避けたことをめぐっても今回と同じコメントを発表し、けん制していました。

「アメリカの反応です」
「アメリカは国務省は28日、『アメリカは歴史問題には癒やしと和解を促進するアプローチが重要だと強調し続ける』とのコメントを発表」

米、慎重な対応求める…稲田防衛相の靖国参拝
読売新聞 12/29(木) 22:31配信

米国務省当局者は28日(日本時間29日)、稲田防衛相の靖国参拝について読売新聞の取材に「米政府は、歴史に起因する問題には癒やしと和解を促進するように取り組む重要性を、引き続き強調する」とのコメントを出し、歴史認識を巡る問題には慎重に対応するよう改めて求めた。

米政府は2013年末に安倍首相が靖国神社を訪問した際、「失望した」とする談話を発表し、日米関係はぎくしゃくした。ただ、今回は厳しい批判は控えている。首相の真珠湾訪問で内外に示した日米の「和解」ムードに、影響を及ぼしたくない考えとみられる。

一方、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は「日本の防衛相が、真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊する式典出席から帰国したその翌日に、周辺国から『日本の軍国主義の過去を美化している』と見なされている神社を訪問した」と批判的に伝えた。

「今回は厳しい批判は控えている」
「首相の真珠湾訪問で内外に示した日米の『和解』ムードに、影響を及ぼしたくない考えとみられる」

・つまりアメリカは理解できたってことだよ   蓮舫ざまぁああwwwww
・癒しと和解  一方、謝罪と賠償を要求するのが
・防衛大臣なら  もうちょっと国際的な視野がほしいな。
・真珠湾の慰霊と平行して、あれは日本にとって正義の戦争だったというメッセージも出す。
この微妙なバランス感覚が何とも言えない。
(中韓民の反応は雑音みたいなもの…アメの反応だけが大事)
・真珠湾訪問に難癖 「中国共産党・南コリア・蓮舫・朝日・NHK」
靖国参拝に難癖 「中国共産党・南コリア・蓮舫・朝日・NHK」
(アメリカが表立って「失望」しなかったことを中韓は重く受け止めろよ)
・3年前 安倍が同じように駆け込み参拝したとき 国務省のハーフ副報道官は 「近隣国との緊張を高めるような行動をとったことに失望している」というメーセージを出している
【靖国参拝】アメリカ国務省、我々の「失望」メッセージは明確
2013年12月31日 23時07分 JST

我々が選んだ言葉から意味するメッセージはとても明確だ――。

アメリカ国務省のハーフ副報道官は12月30日の記者会見で、安倍首相の靖国神社参拝に関して、「近隣国との緊張を高めるような行動をとったことに失望している」と改めて指摘した。同時に「意見が異なる場合に互いに正直に話し合えるのも強いパートナーの証しだ」とも述べ、日米関係に影響がない認識を示した。

安倍首相の靖国神社参拝を受けてアメリカ大使館が発表した声明をめぐっては、佐藤正久参議院議員が、マスコミは英語で書かれた正式声明を読まずに、仮訳の一部だけを切り取って報道することで、国民を煽っているのではないかと問題を呈している。
・・・
それに比べると 「アメリカは歴史問題には癒やしと和解を促進するアプローチが重要だと強調し続ける」
批判も牽制もしていない  もし中国や韓国が 靖國参拝を「憎悪を煽り立てる挑発行為」であると認識するのであれば 参拝をやめるよりも報道を自粛すればいいのではないか?
・米中韓はずっと、先の大戦を対日外交カードにしてきたけど 広島と真珠湾での日米の一連の公式行事は
「先の大戦を外交カードにしない」という意味になるのかな?
アメリカは公式に「一抜けた」したのに 中韓は今後も続ける意思表示をしてることになるような
一方でロシアは、そこんところを上手く扱ったようにも思えてきたわ
・2014年のはじめごろにロシアのセルゲイ・ラブロフ外相が靖国批判したことがあった
歴史認識問題で中国と共闘し対日包囲網をつくろうとしていたらしい
どーもその後、中国とまた距離をおいたようだが……
・そうなんだ 今回のプーチン訪日で、北方領土が話題になったけど日露共同でシベリア抑留者の遺骨収集作業をやっていてるし シベリア抑留資料がユネスコに登録されたし 結構ロシアってかプーチンは根回ししてる印象だわ
・正直、トランプがアメリカのトップになろうがアメリカに対するイメージが変わらないように、安倍や稲田が何をしようが日本のイメージは変わらない。 それこそ、日本に革命が起こって政体が変わら無い限りはな。
だから靖国参拝しようがしまいが、世界にはあまり関係がない。中国や韓国が日本を批判しても、中国や韓国の商談が上手く行くわけではないのだ。
・本当は安倍首相が行くべきだったが、オバマが先読みして真珠湾に安倍首相を引き込んだ、で代わりにお前言ってきてくれと安倍さんに言われて嬉々として参拝が真相だろう
・これで韓国とは付き合うなということが確定的となったな。 稲田は嫌いだが韓国という国の異常さを
証明してみせた成果として評価せねばな。
posted by beetle at 09:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする