2023年06月08日

【動画】世界の空母ランキングトップ10 1〜3位すべて某国

News U.S.   2023年06月07日10:16 PM

ChatGPT
この動画は、世界最大の戦艦である航空母艦について説明しています。航空母艦はその大きさと火力で驚かせます。なぜなら、そのような船の甲板には、攻撃機、戦闘機、対潜哨戒機、ヘリコプターなど、数十機の航空機を収容することができるからです。現在、航空機を搭載した海軍艦艇を保有しているのは世界で9カ国だけで、その大部分はアメリカ海軍が所有しています。この動画では、世界で最も大きな11の航空母艦について説明しています。なぜ11なのかというと、それぞれが注目に値するからです。

タイ軍の軽航空母艦は、世界で最も大きな戦艦のリストを開始します。これはまた、現代の航空母艦で最も小さいものです。タイの船の主な任務は、空中からの支援を伴う捜索と救助です。専門家によると、資金不足が原因で戦闘効果が低いとされています。そのため、資金不足のため、船はほとんど常に停泊しており、船上に上がることが許された好奇心旺盛な観光客を楽しませています。稀に海上に出ると、タイの王室の家族のメンバーがほとんど常に甲板にいるため、航空母艦は「家族の王室のヨット」というニックネームをつけられています。航空母艦は1996年に建造され、長さは183メートル、排水量は11,485トンで、最大14機の飛行機とヘリコプターを収容することができます。乗組員の数は455人です。

10位はイタリアの航空母艦カヴールで、イタリアの国家主義者カウント・カヴールを記念して名付けられました。2009年に艦隊に加わりました。船は244メートルの長さで、甲板には8機のAV-8B Harrier航空機と12機のヘリコプターを収容できます。航空機に加えて、500人以上の人々、24台のタンク、または50台の重戦闘車両を収容することができます。

9位はフランスの航空母艦シャルル・ド・ゴールで、時代遅れのクレマンソー型航空母艦を置き換えました。船は長さ261.5メートル、排水量42,000トンで、最大40機の航空機を基地にすることができます。そのエアグループの基盤はデソ・ラファール戦闘機です。この機体はヨーロッパ全体で注目を集め、現在のところ最高のヨーロッパの第4世代戦闘機を代表しています。シャルル・ド・ゴールは、アメリカ以外で唯一の原子力航空母艦です。乗組員とエアグループを合わせると、人数は1500人です。この船は、世界中での戦闘作戦に積極的に参加しており、1990年代のタリバンに対するアフガニスタン戦争を含みます。2030年代には、シャルル・ド・ゴールのほぼ2倍の排水量である75,000トンの新しい航空母艦を手に入れる予定です。船の長さは300メートル、幅は30メートルになると予想されています。

8位は、サンスクリット語で「全能」を意味するインドの航空母艦ヴィクラマディティヤです。長さ274メートル、排水量45,000トンで、1987年に進水したロシアの航空母艦アドミラル・ゴーシュコフを大幅に改装したものです。ロシアの造船所セヴマッシュでの近代化後、2013年にインド側に引き渡されました。航空母艦は、14機のMiG-29K戦闘機を含む30機の航空機、およびロシア製のKa-27およびKa-31ヘリコプターを搭載することができます。

7位は中国の航空母艦レオニングで、中国北東部の省にちなんで名付けられました。その長さは304.5メートル、排水量は59,500トンで、元々は未完成だったソビエトのクルーザー「ヴァリャーギ」です。中国はウクライナから2500万ドルで購入し、当初は浮遊するエンターテイメントコンプレックスにする計画でしたが、その後、全く異なる決定が下され、2005年から船は中国海軍の基地で積極的にアップグレードされてきました。2011年8月に初の海上試験が行われ、2012年9月25日に新しいレオニング航空母艦が中国海軍に加わりました。中国についてはすべてが厳密に分類されているため、その航空グループのデータは近似的です。専門家たちは、航空母艦はウクライナから購入したソビエトの艦上戦闘機Su-33を基にした24機の艦上戦闘機J-15を装備していると考えています。船には、長距離レーダー探知と対潜防衛ヘリコプターもいくつかあり、乗組員の人数は1980人です。

6位はロシアの航空母艦「ソ連海軍提督クズネツォフ」で、世界で最も悪い航空母艦のトップ11にランクされています。1985年に進水し、1991年に運用を開始しました。その長さは306.45メートル、排水量は61,390トンで、28機の航空機と24機のヘリコプターを基地にし、サービスを提供することができます。クズネツォフ提督は、正式には航空母艦ではなく、スーパーソニック対艦巡航ミサイル「グラニット」の12基の発射装置も持っているため、正式には「重航空母艦」と呼ばれています。このため、クズネツォフ提督は、モントルー条約がボスポラスとダーダネルス海峡を通る純粋な航空母艦の通過を禁止しているため、黒海に存在できる唯一の航空母艦です。

5位は英国の航空母艦「クイーン・エリザベス」で、2007年に進水し、2017年に運用を開始しました。その長さは284メートル、排水量は70,600トンで、航空グループは40機の車両を含み、F-35C航空機、EH 101 Merlinヘリコプター、長距離レーダーヘリコプターを含みます。乗組員の数はエアウィングと合わせて1500人です。クイーン・エリザベスは、同じ型の航空母艦の最初の船で、イギリスはすでにこの型の2番目の航空母艦、プリンス・オブ・ウェールズを建造し、就役させています。しかし、これら2つの航空母艦は、造船所で遅れた日から故障に悩まされてきました。クイーン・エリザベスが進水してから就役するまでに長い10年がかかったことに気付いたかもしれません。そして、プリンス・オブ・ウェールズは初めての航海で故障し、部品を取り外す決定が下されました。

4位は再び中国の航空母艦、山東で、中国東部の省にちなんで名付けられました。2017年に進水し、2019年に就役しました。その長さは315メートル、排水量は70,000トンで、設計はロシアの航空母艦アドミラル・クズネツォフに大いに似ています。しかし、今回の中国の航空母艦は完全に中国で建造されました。標準的な航空グループはレオニングと同じで、約40機の飛行機とヘリコプターです。

そして、トップ3はすべてアメリカの航空母艦が占めています。3位はジョージ・ブッシュで、これはNimitz級の最後で最も先進的な航空母艦です。2006年に進水し、2009年に就役しました。その長さは332.8メートル、排水量は97,000トンで、この船には他のニミッツと比較していくつかの革新があります。その中には、水上での高い安定性を提供するための人間工学に基づいた設計、67ミリメートルのケブラー装甲による船体保護、特殊な防レーダー塗装、特別に形状付けられたプロペラ、大規模な電子装備が含まれます。

2位は古いニミッツで、この有名なシリーズの最古の航空母艦で、長年にわたりアメリカの力の象徴でした。ニミッツは1972年に進水し、1975年に就役しました。その長さはジョージ・W・ブッシュと同じ332.8メートルで、排水量は少し大きく98,425トンです。乗組員の数は同じで、5,680人です。

そして、最後に1位は、その巨大な軍事力と技術特性のために、航空母艦ではなく超航空母艦と呼ばれる船に与えられます。それはジェラルド・R・フォードです。その長さは337メートル、排水量は98,425トンで、これまでのところ、世界の軍事造船の頂点です。新型の2つの原子炉を備えており、前世代の航空母艦の発電所よりも25%多くの電力を提供し、燃料補給なしで50年間運用することができます。また、線形電動モーターに基づく電磁カタパルト(E-MOS)を備えており、これにより戦闘機の加速がよりスムーズになり、飛行機の構造に対する負荷がより優しくなります。同時に、1日に160回の出撃を提供し、必要な場合は220回の出撃を行うことができます。一方、ニミッツは120回の出撃しか提供できません。つまり、同じ数の飛行機(90機)を搭載していても、ジェラルド・R・フォードはニミッツのほぼ2倍の打撃力を持っています。また、全システムの広範な自動化とコンピュータ化により、乗組員の数をニミッツと比較して20%減らすことができ、これにより航空母艦の寿命(50年)にわたって40億ドルの賃金を節約することができます。アメリカはこの名誉ある武器のクラスでリードを続けるでしょう。

コメント欄の意見:

Your momlolさん:
「ちょっと修正しますが、英国はF-35cではなくF-35bを使用しています。また、推進用にクズネツォフの専用の牽引船が使用されていることも表示されていませんでした。」

stephen whiteleyさん:
「素晴らしいビデオ、驚くべき機械ですね。共有してくれてありがとう。」

stischer47さん:
「そうですね、米海軍は世界第2位の空軍です(米空軍の後に続く)。」

ratha hangさん:
「うわー、それは素晴らしい空母ですね。アメリカに神の祝福を」

Silver Foxさん:
「 素晴らしい情報、ありがとう。」

TheFlyWahineさん:
「まあ、公平を期すために、現代の空母は帆船とはまったく異なるタイプの船です。」

Mike Littleさん:
「中国の能力についてはちょっと疑問です…彼らはまだ夢のような試作段階にあり、将来の経済学者の判断によれば、それほど自慢することはありません。」

Treさん:
「待って!中国の3番目の空母はどうなった?」

rvsrudyさん:
「1000億ドルの空母はどこにあるの?」

Ericさん:
「1000億ドル?何を書いているか分かっているのか?」

360 NOSCOPEさん:
「中国、気をつけて…」

Mbongwa Masukuさん:
「まったく無駄なお金…それらの軍事サービスをどこで使用するつもりなのでしょうか?」

george coonsさん:
「そう、そのスタイル。トランプ時代でも。」

IraQNidさん:
「メートルは私にとって何も意味しません。」

Op8 H8rさん:
「アメリカ!」
posted by beetle at 05:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画】中国の最新空母に亀裂、衛星画像で判明 インド人に笑われる

News U.S.   2023年06月07日8:36 PM


ChatGPT
このビデオは、中国の最大の航空母艦である福建に亀裂が見つかったという話題について取り上げています。衛星画像により、福建のデッキに大きな亀裂が見つかったことが明らかになり、その品質についての疑問がオンラインで議論されています。しかし、ビデオの中では、この亀裂は実際にはデッキのコーティング作業が半分完了した結果、上から見ると亀裂のように見える可能性があると説明しています。

福建は中国の3番目の航空母艦で、2番目の国産航空母艦であり、Type 003クラスの下で製造され、後に福建と命名されました。この航空母艦は2022年に進水し、現在は試験に出す前に仕上げ作業が行われています。福建は約80,000トンクラスのスーパーキャリアで、長さは約316メートルで、一度に40から50の航空機を運ぶ能力があるとされています。

この航空母艦では、統合電気推進システムと電磁式発射支援システム(EMALS)が使用される予定で、これらの技術は中国にとって新しいものです。EMALSは通常、ジェラルド・R・フォード級などの原子力航空母艦で使用されますが、中国はこれらのシステムを通常動力の航空母艦で使用するという大きな成果を達成しようとしています。

しかし、この航空母艦のEMALSシステムはまだ見られておらず、進水以来、EMALSシステムはカバーされています。衛星画像でも、このシステムはカバーされていることがわかります。ここには合計3つのカバーされたエリア、つまり航空機を発射できる3つの発射場所があります。

ビデオではまた、インドと英国が統合推進システムについて共同で作業する可能性についても議論しています。また、EMALSシステムについても、インドと英国が共同で作業できる作業領域が存在します。

中国は、地上のテスト施設からカタパルト発射支援を用いて訓練を行っています。そのため、J-15をカタパルト発射可能に改造し、E-2ホークアイをこれらの航空母艦から発射できるように作業を進めています。

この航空母艦は2022年に進水しましたが、完成するまでには時間がかかると予想されています。海上試験は2023年から開始される可能性がありますが、EMALS操作を完璧にするにはかなりの時間がかかるでしょう。アメリカのジェラルド・R・フォード級航空母艦は2017年から就役していますが、まだ適切に配備されておらず、さまざまな試験が続けられています。これは、EMALS技術がある程度成熟しており、カタパルト発射の経験が豊富であるにもかかわらず、その場合です。

中国の場合は異なります。彼らにとって、これはすべて新しいものです。彼らは初めてこのような技術を開発し、初めてカタパルト航空母艦を運用します。そのため、彼らが使用する航空機はカタパルト発射を行うために改造されています。したがって、この航空母艦が完全に就役するまでにはかなりの時間がかかると予想されます。たとえ今年海上試験が開始されたとしても、飛行操作の開始には少なくとも2〜3年かかるでしょう。その後も、事情を完璧にするためにさらに時間がかかる可能性があります。

コメント欄の意見:

Yogeshさん:敵を甘く見るべきではありませんが、彼らはいくつかの点で弱点を示しています。装甲車両において通常の鋼材を使用した腐敗のニュースが最近あり、そしてこれらのクラックです。これが彼らの最も高価なプロジェクトの状態です。また、これが彼らの国内製品の状態なら、輸出品には何を使用しているのか想像してみてください。

Tumblerさん:パキスタンの論理によれば、彼らから地対空ミサイルが発射される予定だそうです(笑)

Akshay kumar Jhaさん:ジャイ・ヒンド、先生、ありがとうございます。私はSSB(Services Selection Board)に合格しましたが、その一部はあなたのおかげです。本当に感謝しています。特に若者のために素晴らしい仕事をしています。

Abhijeet Kunduさん:インドは数量を持っていますが、中国は品質を持っています。一方で、中国の「品質」には笑いが起こっています(笑)

Imran Khanさん:ビデオは良いスタートを切りましたが、途中で根拠のない憶測を述べ、新しい航空母艦の2〜3年にわたる航海試験の重要性を過大評価しました。それは大型の戦闘艦には一般的なことであり、40年前のバーク級駆逐艦の新造にも当てはまります。一方、福建は本当にスーパーキャリアと呼ばれるべきなのでしょうか。アメリカは最初のニミッツ級(またはそれよりも前の単艦クラスであるエンタープライズ級)が原子力推進されたことから、「スーパーキャリア」と呼び始めたのですが、福建は原子力推進ではありません。

Kartikey Kasniyaさん:彼らは実際に何かを作り出し、次回は確かに改善するでしょう。私たちは確かにもっと良くする必要があります。

Gireesh Kumarさん:「中国製の偉大さ(笑)」

Suvadeep Duttaさん:少なくとも彼らは大きなことをしようとしていますので、問題が生じる可能性はありますが、彼らはそれを修正して前進するでしょう。私たちインド人は喜ぶのではなく、同じことをして彼らに対抗し、自給自足になるべきです。

Ajatshatruさん:米国の防衛チャンネルでは、これは1週間前の古いニュースです。問題は鋼材の品質であり、そのためデッキにクラックが生じています。また、このキャリアは蒸気エンジンベースなので、始動に2時間かかります…

Smesさん:EMALSは大きな電力を必要とします。電気エネルギーはコンデンサバンクに蓄えられ、離陸のための電力供給に使用されます。その後、バンクは再充電する必要があります。ガスタービンエンジンを使用してこれが可能ですが、エンジンはどれだけのエネルギーを提供するのでしょうか?エンジンが十分な電力を提供するためには、いくつかの要素が考えられます。
a)中国のキャリアにはより強力なエンジンまたはそれ以上のエンジンが必要であり、したがって船内のスペースがエンジンで占められます。
b)これらを充電するためにはさらに大きなコンデンサバンクが必要です。これらのバンクの充電は、エンジンがどのようにエネルギーを使用してこれらを充電するかによって異なります。
c)充電の速度が遅く、したがって操作の速度が遅くなる可能性もあります。
たとえば、ジェラルド・フォードは原子力発電機によって毎30秒ごとに飛行機を発進させる能力を持っていますが、中国のキャリアはディーゼル電気エンジンを使用しているため、60秒程度かかるかもしれません。また、中国のキャリアが小さい場合、バンクの数は少ないでしょう。中国のキャリアはE-2Dのようなものを発進させないため、より少ないコンデンサを使用することができます。

Paul Thomasさん:中国は世界最大の商船を建造し、先進的な造船産業を持っています。だから、これらの問題は彼らにとって簡単に修正できます。私たちは急いで米国と協力して60,000トンの空母を建造する必要があります。

Sumit Dattaさん:「中国の品質はいつもゴミです。それから何を期待するのか」というコメントです。

Sigma 1さん:今のところ、私たちができることは敵や友人の困難、間違い、不足、不運に喜ぶだけです。イギリス海軍の空母HMSクイーンエリザベスや中国海軍の福建について話しています。しかし、忘れてはならないのは、失敗や間違いは大成功と達成に向けた足がかりであり、彼らがそれらから教訓を得ることを選ぶならばです。

Manohar Bauskarさん:「中国の製品(笑)」

Dr. Sangameshwar Gさん:敵の困難に喜びを見いだすのではなく、自分自身を強くすることに集中しましょう。中国がこれらの初歩的なミスを犯すことはないと信じています。
posted by beetle at 05:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画】中国軍が米軍に攻撃的な接近 米政府「不必要な行動だ」

News U.S.   2023年06月07日9:56 AM


ChatGPT
この動画は、中国の軍艦が台湾海峡を通過中の米海軍艦船に約140メートルの距離で接近した事象について報告しています。米政府は、中国軍がこれほど攻撃的な行動を取る必要は全くなかったと指摘しています。ホワイトハウスのカービー戦略コミュニケーション調整官は、誤算が起こり得る時だけ対話が可能であるべきだと強調しています。

一方、中国政府は、この接近行動は合法的で合理的であると主張を繰り返しています。先月下旬には、中国軍の戦闘機が大幅にコースを変更し、米軍機の目の前を横切る「異常な接近」が発生しました。これは、米中が対立するエリアでの緊張が続いていることを示しています。

しかし、外交面では、意見の相違を管理し、率直で建設的で成果に富んだコミュニケーションを行ったコクティアン・ブリンクが昨日中国を訪れ、外務次官らと会談しました。これは、2月の中国の気球の撃墜以降、延期されていたブリンケン国務長官の訪中が進むかどうか注目されています。

コメント欄の意見:

「Frogs that eat Opium and ractopamine」: 台湾と中国の関係について、お互いに近所に来て嫌がることは避けるべきであり、台湾も過度な挑発は避けるべきだと述べています。

「Super shark 1937」: アメリカが潜水艦で警戒監視を行っているため、中国海軍は手を出せないと笑っています。

「選舉密碼:抗中保台」: もし中国の軍艦がアメリカ西海岸に現れて自由航行を行った場合、アメリカ軍の反応を見てみたいと述べています。

「まつもとみつあき」: 合法で合理的な場合は、米軍に異常に接近する方が良いと述べています。

「甘めえ 飴は」: ロシアの次は中国が注目されているとコメントしています。

「ひっそりインコチャンネル」: 第三次世界大戦が現実的な話になってきたと述べています。

「反日許さないマン」: 米英は大言壮語する一方、小気味良い表現で意見を述べると評価しています。

「Jump Neko」: 中国海軍は全員一人っ子であり、家族を抱えているため戦争はできないとコメントしています。

「无产阶级」: これは正当防衛だと述べています。

「こうの浩司」: 月の出ている夜でも気を付ける必要があると述べています。

「末枝七葉」: アメリカが大袈裟に反応しているなら、まだ時間的な余裕があると予想しています。

「魔法使い」: ウクライナの状況についても言及し、中国との問題だけでなく他の地域でも懸念すべきだと述べています。

「Lee姰姳子」: 拳は通じる言葉であり、交流があるため心配はないとコメントしています。

「Hiro Fuku」: 新型コロナウイルスに関して、中国への損害賠償請求の世界的議論をすべきだと提案しています。

「masaki a」: ケガがなければ良いとコメントしています。

「浄法寺 桃太朗」: アメリカは最強であり、戦争を止めるべきだと忠告しています。

「缶チューハイビール」: バイデンが転んだことに触れています。

「Anna_Uki.」: アメリカは家で何も起こらないため、問題ではないとコメントしています。

「防弾」: そのうち慣れると述べています。

「ヨダレ様」: 中国は警告を受けたとコメントしています。

「林下野」: アメリカ沖でこのようなことが起こった場合や、中国大使館を爆撃した件についての質問をしています。

「久能宗明」: 煽り運転に関するコメントです。

「Ys」: 遠慮せずにやってほしいとコメントしています。
posted by beetle at 05:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月07日

衰退するのか、起業文化

外から見る日本、見られる日本人  2023年06月06日10:00

私がこのブログを始めた一つの理由は起業の応援でした。なので、一昔前は起業に関するコラムをずいぶん書いてきたのですが、このところ、めっきり書かなくなりました。理由は言うほど易しくない時代になったからであまり無責任なことも書けないという悩みがあるのです。

起業者は減っているのか、この統計は割とわかりにくいのです。例えば設立法人数が増えているから起業者は増えていると短絡的に説明している情報もありますが、それは嘘。なぜなら、法人設立はあらゆる目的で行われるからです。例えば大企業はなぜ数多くの子会社、関連会社を抱えるかと言えば「胴元」の親会社が本体への影響力をいつでも調整できるよう別法人として立ち上げるケースが主流だからです。損が出ればさっさと切るし、大きく花咲けば第三者の資本も入れられるし、本体に吸収する自由度もあるのです。つまり会社はアメーバのようなもので自由自在に使い分けできるのです。

近代日本でいう起業はそもそもは戦後直後の食糧難、物資難の時代に自給自足的な思想から自営業が無数に生まれたところに起点と言ってもよいでしょう。その頃は皆ゼロスタートでヨーイドン、全員、公平で努力する者が報われる、そんな社会でした。その中から大きく育った人たちが出てきて食糧関係ならダイエーやイトーヨーカドーといったスーパーマーケット事業が続々と伸びてきたのです。規制も緩く、枠組みもルールもそんなに小うるさいことはなかったので皆さんがのびのびとビジネスをしていたと思います。

また専門的ノウハウと資金力と人材を要求される製造業に比べて小売業と飲食業は小資本でスタートできることも起業を後押ししたと思います。これは今日の日本の代表的産業の一つであるB級グルメやアニメ、100均などを大きく下支えしたと言えます。

残念ながら今日、起業者は実態としては減っています。中小企業庁のデータを参考にすると起業希望者は2007年は101万人いたのに17年には72.5万人まで減少しています。実際の起業家数も07年は18.1万人だったものが17年には16万人まで減少しています。一方、副業希望者だけ見れば07年から17年の10年で72万人から78万人にまで増えています。しかもフリーランス起業家は46%が50歳から上の方の起業です。これはとりもなおさず、サラリーマンを早期退職、ないし定年退職のちに「コンサル業」として起業される方が主体であるとみてよいでしょう。

この「コンサル業」ですが私は基本的には事業だとは思っていません。なぜなら直接的な生産性は無いのです。「資本と投下し生産物を生み出す」という経済の原則を考えるとコンサルはアドバイスだけで何もリスクを取らず、自分の知見に基づくノウハウの提供だけです。この業種は確かに必要ではありますが、起業者の半分を占める意味はないのです。

では起業がなぜ難しくなったのでしょうか?理由はいくらでも思いつきますが、大きくは2つです。1つは日本ではニッチがほとんどなくなったとされること、またニッチを攻めても瞬く間に同業者に真似され、特色を生かせない点があります。もう1つは必要資本が大きくなったこと、それに対して銀行は原則貸さない一方、投資家も簡単に募れなくなったことがあります。

クラウドファンディングがあるじゃないか、と反論されるでしょう。私はそれにはとてもネガティブなのです。理由は多くの無知な出資者を抱え込み、彼らが好き勝手な意見を言うことで起業家は振り回されるからです。私の経験上、株主は少なければ少ないほど良い、そして尖ったビジネスを目指すことが必要なのです。

最近、あるところから相談を受けました。出資を求められた、出資はイーサリアム経由で最低4万円から、その出資額は将来何千倍にもなります、と。これ、信用してよいのでしょうか?という話です。私の答えは即答、否です。まず、出資する側がたとえ少額でも何のために出資するのかという意義や理解がなく、単に「お金が〇〇倍になる」という部分だけに囚われていること、2番目に私はなぜ何千倍にもなるという部分の説明が私が頭の中でできちゃうのです。

イーサリアムと聞いてピッと思い浮かぶのはNFT(非代替性トークン)なのです。ビットコインとイーサリアムの違いを挙げよと言われたら私ならNFTとの相性の良さの差だと考えています。暗号資産の中でビットコインとイーサリアムを持ち上げていうなら「暗号資産の代表的インフラ」です。その下にNFTがぶら下がっているというイメージです。上述の出資はイーサリアム経由NFT購入は一目瞭然で、将来価値が上がるはずのNFTを換金するのにイーサリアム経由にするということではないかとみています。

しかしそのNFTが何百、何千倍になる保証はどこにも存在しません。私のビジネス、これから儲かってウン百倍にするからお金貸して、と言われて一つ返事でOKする人はいないですよね。だけど、騙されやすいのは4万円からと宝くじのような大化けを煽ることで人々は騙されるのです。4万円ならいいか、って。だけど4万円で済むケースは無いのです。たっぷり吸い取られるでしょう。だから否なのです。

話を本題に戻し、まとめましょう。起業のチャンスは少なくなりつつあります。もちろん、時代の変革の中で今までの常識が非常識となり、新たなビジネスが生まれるとされます。例えばサブスクはその典型。そして月〇円払えば使い放題、食べ放題といったビジネスが生まれたのはコロナ前です。結局、サブスクビジネスはどんどん的が絞られ、大資本の会社が主導しつつあります。

小資本では勝てない、これが残念ながら現在言えることです。「大恐竜時代」のようにでかいものが全てを淘汰する、それが資本主義の末期的症状ともいえる状況にあるのです。もしも起業で勝ちたいならインド、バングラディッシュあたりでビジネスを立ち上げる方がそれこそ何百倍にもなる可能性を秘めています。だけど、ビビっちゃうでしょうね、バングラでビジネスなんて。行けば分かります。空港まで行ったら普通、帰りたくなりますよ。そんな喧騒こそ、チャンスがある、とも言えます。
posted by beetle at 05:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画】「ウクライナが大規模な反転攻勢を開始した」 ロシア国防省認める

News U.S.   2023年06月06日3:16 PM


ChatGPT
ロシア国防省は、ウクライナが大規模な反転攻勢を開始したと発表しましたが、ウクライナ側はこの件について何も語っていません。ウクライナ側は大規模な攻勢を開始したと発表しました。ウクライナ側は、2つの戦車大隊を含む合計8つの部隊で大規模な攻撃を行ったと述べましたが、その目標を達成することはできませんでした。

ロシア側は、ウクライナ側が大規模な反転攻勢を開始したと主張しています。一方、ウクライナの副国防大臣マニュアルは、反転攻勢についてソーシャルメディアで「計画は沈黙を愛する」と述べ、開始の宣言はないと明言を避けました。

コメント欄の意見:

Esanessさん: 「計画は沈黙を愛する」って詩的な声明文やな

Armeriaさん: 戦時中の数字に信憑性は有りませんね。どちらも「大本営発表」になりがち。

テルタロさん: ゼレンスキー氏の口から「作戦第三段階開始」の宣言に至っていないという事は…まだ序の口!ロシア側から見て大反転攻勢が始まったように見えているだけ!戦果報告に期待です!

Oさん: ロシアのおかげで世界の絆が深まってしまったよ どうしようプーチン

しょーさん: ロ「ウクライナの反転攻勢が始まったぞ!」 ウ「え…?。あれを反転攻勢と捉えちゃうマ?」

シヲヒラ.さん: これはまだブラフの可能性がありますね。規模を大きくした威力偵察という話もあります。追加情報が欲しいところです。

Tomoyoshi Shiomiさん: この作戦何がなんでも成功しないと、ウクライナに明日は無い。頑張ウクライナ

桜吹雪さん: 開始するわけない。ここまで反転攻勢が独り歩きしてる今、わざわざ開始して手の内を明かす必要がない。見えない敵と戦わせて存分にプレッシャーを与えるのが戦術というもの

まじかりずむさん: 大規模反転攻勢やりまーすって言っていつまでもやらないのが一番ロシアの兵士のメンタルに効くからな

taro shonaiさん: 大規模な損耗を隠しきれなくなっただけw

eir irhさん: 戦争研究所の発表まで信じないよ

Takさん: ロシアのビビり散らかし方が毎回おもしろい。

藤田透さん: もし、反転攻勢が始まっていたらウクライナが勝利してほしい。

White Dogさん: 占領地に5線(竜の歯、地籟など)の防衛線があるし、ペラペラ喋る報道へ制限装置にかかっていますね。ウクライナ兵の安全第一ですし、良い事だと思います。

今野直哉さん: ロシア領内は報道規制が厳しすぎて弾圧が繰り返されている。

T3SU Tatraさん: ロシアの戦果報告は、未だウクライナに供与されていない兵器の撃破を発表したり、ウクライナが持っていない数の兵器を破壊したり、適当過ぎるから当てにしない方が良い。

Chuchuさん: 我々正義の国は、もちろんウクライナを応援します。
posted by beetle at 04:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画】JPモルガン「もはや中国自体がリスク。不確実性が増えている」

News U.S.   2023年06月06日7:56 PM


ChatGPT
この動画は、JPMorgan Chase & Co.の会長兼CEOであるJamie Dimonが、米中関係とそれがビジネスに与える影響について語っています。彼はBloomberg TelevisionからJPMorgan Global China Summitの会場で話しています。

Dimon氏は、過去4年間で中国での拡大についてどのように考えるか、その計算がどのように変わったかを問いかけます。彼は、中国がもはや全てではなくなったこと、さまざまな産業、特にコンサルティングに対する取り締まりがあったことを指摘しています。彼は、リスクは常に存在し、企業は自身のレジリエンスと国家安全保障の懸念に基づいて異なる反応を示すでしょうと述べています。また、政府も意思決定に影響を与える要素であると指摘しています。

Dimon氏は、中国でビジネスをするリスクについて議論し、中国政府によって引き起こされる不確実性を引き合いに出しています。彼は、外国からの直接投資が減少する可能性があり、中国の投資家の信頼が影響を受けるかもしれないと考えています。しかし、彼は最近のアメリカ政府の行動を支持しており、中国からの分離を信じていません。また、ウクライナの戦争についての懸念と国家安全保障の重要性についても触れています。

以下は、動画の全文の日本語訳です:

「あなたの計算は何ですか?過去4年間で、中国での拡大をどのように進めたいと考えているか、それがどのように変わったか?明らかに、あなたは今や完全にライセンスを取得しており、パンデミック中に非常に生産的でした。あなたは完全なJDと完全なベンチャー、証券と相互基金と先物を持っています。あなたはあなたの目標であった本土でかなり確立されています。しかし、事情は変わりました。中国はもはや全てではなくなりました。私たちは同時に、プラットフォーム経済、不動産、オンラインゲーム、オンライン教育に対する国内の取り締まりを経験しました。更に、コンサルタントに対する取り締まりもあります。プレッシャーは多いです。あなたは中国での成長予測とその成長の可能性を再計算していますか?

あなたが長いリストを通じていったことについて、私は全てに同意するわけではありません。しかし、私たちが国を訪れるとき、私たちはその国の市民のために、そして良い時も悪い時も通じてそこにいるために100カ国を訪れます。私たちは通常、離れることはありません。戦争や内戦がある場合を除いてです。だから、ここでそれを予測しているわけではありません。明らかに、これはより複雑な状況になっています。良い理由もあれば、そうでない理由もあります。そして、リスクがあります。リスクは常に存在します。そして、あなたは企業が異なる事象に対して異なる反応を示すことを見るでしょう。一部は彼ら自身のレジリエンスに基づいて、一部は明らかに国家安全保障が全てを上回るでしょう。

そして、私たちの政府がA、B、Cをするように指示した場合、私たちはA、B、Cを行い、それを支持します。そして、中国自体にリスクがあると思います。もし、あなたがここでいくつかの人々と会ったなら、中国政府によって引き起こされる不確実性が増えたら、それは外国からの直接投資を変えるだけでなく、驚くべきことに少し上がっていますが、それが続くとは思わないでしょう。しかし、それはここにいる人々、彼ら自身の信頼や投資や事を行う能力を変えるでしょう。

だから、私が言ったように、人々が深い会話を持ち、お互いを尊重し、適切に関与すれば、私はアメリカ政府が最近全ての正しいことをしていると思います。あなたは財務長官のYellenからそれを聞いた、ちょうどバイデン大統領からそれを聞いた。あなたはNASAのキュアアドバイザーのJake Sullivanからそれを聞いた。あなたは国務長官のTony Blinkenからそれを聞いた。これは分離ではないです。これはリスクを減らすことです。世界は少し変わりました。明らかに、彼らはウクライナの戦争について懸念しています。彼らはそうすべきです。私はそれが地球の未来を最も深刻に影響を与える一部であると思います。そして私は彼らが正しいことをしていると思います。私はそれを完全に支持しています。

だから、あなたの中国は、彼らが自分自身にとって良いと思うことをするつもりです。ビジネスは肯定的な属性かもしれません。しかし、国家安全保障は全てを上回ります。」


コメント欄の意見:

Shelly Smithさん: トランプにデフォルトの心配はないか尋ねられ、「心配はしていない」と答えた。ダイモンにトランプの発言について聞かれると、「それがトランプがどれほど愚かかということだ」と答える。そして、デフォルトについて尋ねられたときには、「心配していない、デフォルトしない」と答える… 同じような感じだね。

weinam chiaさん: ダイモンの素晴らしい返答だ。ビジネスは長期的な展望のために存在している。スティーブンはジャーナリストである理由がある。

Jeff Vさん: 中国は独特な実験を行っており、独裁的な/共産主義の政府と疑似的な自由企業の経済を組み合わせています。このような政府と経済システムの組み合わせは、大きな国でこれまで存在したことがありませんし、私見では社会内にますますの圧力を生み出しています。私の予測では、中国は個人の自由への過度な介入をもはや受け入れない大規模な蜂起に直面することになるでしょう。結果は良くないでしょうし、独裁者が脅かされると通常攻撃します。プーチンやDJT(1/6)の例があります。台湾を注意深く見守りましょう。

Chris Chenさん: 銀行の崩壊… 米国のメディア:でも中国を見てくれ

Zink Tomasさん: 2020年にパンデミックが始まる直前にビジネスを始めたが、中国で製造するか、他の場所で独自の製造をするか選択肢があった。現在起こっている問題が明らかだったため、私は後者を選んで本当に良かったと思っている。

Fe Xeさん: ホスト:中国は悪い悪い、中国は監査ファーム、教育、オンラインゲーム、食料品店、禁煙、音楽なし、不動産の圧迫、まだCovid-0…

Nigel Nevin FREE SNOWDEN AND ASSANGEさん: ホストは米国政府のスピーカーをコピーしているだけだという皮肉なコメント。

hon liongさん: 西側が世界を指導する際、中国は世界の他の国と同じく予測可能だった。経済的に衰退し、政治的な結束がなくなり、米国の人口の不安(極右や極左などさまざまな極端な意見)が生じ、財政問題(債務危機…支出の管理能力の欠如)が生じ、何よりも弱い指導者(バイデンは魅力に欠けており、マッカーシーは極端な意見を持つ数人の共和党政治家の人質になっている)であるため、中国はより断固とした姿勢を示しています。

従順なものが逸脱すると、米国にとっては心配です。それが中国に対して制裁のポートフォリオが課せられている理由であり、ダイモンが以前よりも複雑な状況を見ている理由でもあります。彼と米国はそれに慣れておくべきです。これから先、状況はさらに複雑になります。

Sean Yunさん: JPモルガンも危険にさらされる。なぜなら、銀行があまりにも多くの米国債(債務)を保有しているからだ!:)

奇科さん: 彼は質問に答えたのか?

Juniper Chewさん: 私の受け止め:「リスク軽減、切断ではなく」✔✔

Lam rofさん: 国民のために存在すると言うなんて、笑わせるね。

Sean Yunさん: 追記:私が何度も言っているように、2027年前にH.Kドルの終わりを見ることになるだろう!:)
posted by beetle at 04:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画】中国経済の崩壊と世界への影響 そのリスクと可能性

News U.S.   2023年06月06日6:16 PM


ChatGPT
この動画は、中国の経済崩壊の可能性とその世界経済への潜在的な影響について探求しています。中国は近年、驚異的な変貌を遂げ、将来的にはアメリカのGDPを上回る可能性がある経済大国として台頭してきました。しかし、中国の成長の持続性についての懸念が高まり、大幅な経済崩壊の潜在的な結果についての懸念が増しています。その影響は世界中で感じられるでしょう。なぜなら、中国は世界最大の貿易国であり、世界経済と深く結びついているからです。中国での大規模な経済崩壊は、ほぼ全世界で波紋を広げる可能性のある世界的な不況を引き起こす可能性があります。

中国の経済は、低コストの機械、設備、消費者製品の輸出によって数十年にわたり二桁の成長を達成してきました。これにより、2020年の世界の総生産(GDP)125.65兆ドルのうち、驚異的な23.01兆ドル、または18.3%を貢献しました。しかし、中国が世界の製造業の中心地を目指す過程で、アメリカも被害を受ける依存問題が生じています。中国の経済がメルトダウンを経験すると、アメリカにとって3つの主要な分野で大きな影響が出るでしょう:貿易、アメリカの債務、そしてアメリカドルの価値です。

2022年の貿易データによると、アメリカと中国の商品貿易は、両国間の緊張が続く中で新たな最高記録である6906億ドルに達しました。これらの数字は、トランプ政権の関税、中国の報復的な関税、バイデン政権下の輸出規制を考えると驚くかもしれません。しかし、専門家たちは、中国とアメリカの経済的な結びつきは非常に共生的であり、中国の経済がメルトダウンを経験すると、それが世界的な経済不況、あるいは大恐慌を引き起こす可能性があると考えています。

中国の新たな債務発行能力も影響を受ける可能性があります。なぜなら、中国は米国債の第二位の保有者であり、中国からの米国への輸出が減少すると、中国政府が手元に持つドルが減少するからです。これにより、米国財務省はオークションで買い手を引きつけるために、より高い利率を提供しなければならなくなる可能性があります。これは、連邦支出の増加を防ぐ可能性がある米国の経済成長を遅らせる可能性があります。

さらに、米国の利率が上昇し、ドルが強化されると、中国の政治的不安定性が生じる可能性があります。中国は中央集権的な権力の制御の歴史を持っています。ほとんどの全体主義的な体制の共産党は、増大するオンラインの検閲、活動家の逮捕、高位の党員の弾圧、そして民族的な少数派の抑圧で知られています。

そうした権威主義的な政府が崩壊することを願うのは誘惑的かもしれませんが、現在のリビアが指導者不在の状態でどのように完全な無政府状態に陥る可能性があるかを示す例です。ガダフィ政権の崩壊により生じた権力の真空と大量の武器の蓄積は、今日まで地域を脅かし続ける安全保障上の悪夢を生み出しました。ガダフィの下でのリビアの生活は悪かったが、現代のリビアはおそらく最悪です。

中国も同様に言えますが、国の運営には課題があります。西洋の基準から見れば壊れているように見えるシステムが、8億5000万人以上の人々を極度の貧困から引き上げました。また、教育水準も向上しています。スタンダードチャータードによると、2030年までに中国の労働力の約27%が大学の学位を持つことになり、これはほぼドイツと同じです。

中国の成功は、その政府の人口とインフラ開発への管理と密接に関連しています。この管理がなければ、混乱と暴力が生じ、大規模な人道的危機を引き起こす可能性があります。中国の経済が崩壊すれば、食糧不足、大量移動、難民危機が発生する可能性があります。

EUは、シリア、イラク、アフガニスタン、現在はウクライナからの200万人以上の求められる人々への対応と貧弱な待遇でニュースになっています。500万人の中国の難民がEUや近隣のアジア諸国に入国を求めると、同様の危機が発生する可能性があります。

コメント欄の意見:

Madira Paanさん: 一般の人々が最も影響を受けるのは当然だ。

John Reevesさん: 彼らがそれをやるまで2年以上経たないと、それが崩壊しているとは気づかないだろう(笑)

WhoTubeさん: それが考えられない理由は何だろう?

Geoff Garlandさん: 私たちは彼らをすべてイギリスに受け入れることができる! もちろん無料で!

Fujikko キリンビバレッジさん: 動画が好きだ。

Alan Cranfordさん: 中国の経済にはひびが入っている。

Daniyal Shahさん: イングランドから愛をこめて。

Tripp550さん: 安く作られた商品の過剰または不足のために私たちはみな死ぬだろう

Theexclusiveelite85さん: 誰もこの世界の持ち主ではない。

Phillip Schneiderさん: それは世界にとって天国になるだろう。

Walking in Gloryさん: アメリカの崩壊を考えてみてください。

Pinger Frintsさん: 中国は南シナ海を全て自国の領土と主張する必要がある。彼らには10億人以上の人口を養うための海産物が必要であり、彼らは海産物が大好きだからだ。

Michael Wangさん: タイ 9:10 タイが北京の拡張のターゲットになったのはいつからだろうか?ああ、待てよ〜それは単にTheRichestが自己検閲を行っているだけだ。yougotthisyougotthis 社会信用スコア+9000

Jesse Hornさん: それで彼らに教訓を与えるだろう。

Sayywhiteboyさん: こんにちは。

冰寶さん: 一方で、中国は残酷な社会で自己中心的な人々で満ちているため、混乱が起こる。一方で、世界はついに政府の形をした怪物を失った。

jeneica trimさん: 早い。

Jane Gilmoreさん: 新しい中国では異なる政治家たち。以前は中国に行くのが大好きだったが、今は怖くて行けない…それが真実…より少ないスモッグ…海にはより多くの魚が…1日で壊れるプラスチックとプラスチックのおもちゃが少なくなる…彼らの借金を返済する必要がある…そして、世界中で他の国と同様に人々がそこで住宅を購入できるようにする必要がある。
posted by beetle at 04:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月06日

賃金と物価

外から見る日本、見られる日本人  2023年06月05日10:00

賃金と物価には明白な相関関係があります。つまり賃金が上がれば物価も上がる、物価が上がれば賃金も上がる、ですが、鶏と卵の話のようにどちらが先かと言われればこれは単純な話ではないかもしれません。

賃金が上がり物価が上がる場合は健全な上昇、物価が上がって賃金が上がるのはより不健全に近い、というのが感覚的な話になるかと思います。

ここカナダBC州の最低賃金が6月1日から16.75jになりました。円カナダドルの為替はざっくり100円と考えてよいので最低時給1675円。5月31日までが15.65jでしたから上昇幅は1.1jで率にして7%ちょうど。この州では近年毎年6月1日に最低賃金が引き上げられ、概ね年平均5%超の上昇となっています。つまり物価上昇率に比較的近く、スライドしていると言ってよいでしょう。

この傾向はもう10数年続いているわけで初めの頃は雇用者から反対の声もあったのですが、今ではそのような意見はあまり聞こえてきません。何年か前にアメリカを含めた北米は最低時給15jを目指す、という声が聞こえた際には「本当かい?」という疑いの目すらあったのに今ではそれを軽く超えてきているわけです。

日本では東京や神奈川、大阪の最低賃金が1000円を超えてきましたが、当地とは60%も違う訳でデフレ下のニッポンのツケが今になって廻ってきたような感じです。

今週号の日経ビジネスの特集が「争奪 アジア人材 選ばれない安い日本」です。私のブログでは過去何度か、アジア人が日本を選ばなくなっていると申し上げたことがありますが、今般、改めて特集記事が組まれたことの背景は「好む、好まざるにかかわらず外国人労働者は欲しい」というのが経営者の声、だけど裏腹にそれが厳しくなってきた、それがこの特集の趣旨です。

農家の収穫時。シルバーさんに頼っていた農家は人が集まらないことに危機感を持ち始めています。なぜか、といえば収穫期は一緒なのです。だからどこの農家も同じ時期に同じ地域で人が欲しいのです。そしてその絶対数は減っていきます。理由は「故障者続出」で、それを補うのが健康で若い外国人労働者です。しかし、外国人で農業補助をやるならオーストラリアが一番です。日本の賃金の2倍はもらえるからです。

工場など製造業はどうでしょうか?日本に来る外国人労働者トップ3はベトナム、中国、フィリピンのようですが、日経ビジネスによればベトナムは今後、漸減するだろうと。理由は同国そのものの経済発展により、自国の経済活性化が進むためとされています。雑誌には記載されていませんが、この話にはもう一つの切り口があります。それは中国を経済的に締め上げたG7が作り出した副作用です。どういうことでしょうか?

G7諸国は一部の中国製品に対して高関税をかけるなどして規制をかけています。中国はそれを逃れるため、最終生産地を東南アジア諸国に移管しているのです。ベトナムはその一つ。つまり、中国からベトナム向け半製品の輸出が急増し、ベトナムからアメリカなどの先進国向け輸出が爆増するのです。またベトナムはTPP11に入っているし、TPP加盟国ではない対アメリカ貿易は全体の3割弱を占める最大の輸出相手国なのです。その上、韓国のベトナムへの直接投資も非常に多く、同国は急速に発展し、労働者の得る賃金も当然ながら上昇、一部のケースでは日本をしのぐ状態になっているのです。

今年の春闘は大手企業が賃上げを断行したこともあり、「物価が上がったから賃金が上がる」というサイクルから「賃金を引き上げ、日本経済の基礎体力を強化する」動きが多少見えてきました。ユニクロが大幅な賃上げをした背景には出店先である東南アジア諸国の方が元気がある、と柳井さんが気がついたからでしょう。そう、日本は「ゆでガエル」になりつつあったのです。

岸田さんが新しい資本主義を断行したいなら、一番先に最低賃金を毎年云々するのではなく、向こう5年間のプランをぶち上げてしまったほうがよいでしょう。個人的には5年で3割、つまり2028年には最低時給1300円が必達だと思います。

賃金を上げると税収は増えるのです。また株価なども上昇しやすくなり、最終的には年金の支給額も下支えできるオセロゲームのような状態を生み出すことができます。

以前から申し上げているように日本はお祭りムードになるとイケイケドンドンになるのでこのきっかけをうまく利用すれば2030年に向けて日本に太陽が再び上ることも夢ではないかもしれません。
posted by beetle at 05:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画】日中防衛会談「ホットラインを通じて対話を続けることで一致」

News U.S. 2023年06月05日9:56 AM


ChatGPT
この動画は、アジア安全保障会議の際にシンガポールで開催された日本と中国の防衛当局間の会議について報告しています。会議では、すでに運用が始まっている日中防衛当局間のホットラインを通じて対話を続けることで一致しました。

一方で、台湾問題については、中国の防衛省の李氏は日本側に干渉しないことを望んでいると述べました。また、沖縄県の尖閣諸島についても、日本が中国に接近し、摩擦や衝突を避けることを望んでいると述べました。

この動画は、日本と中国の防衛当局間の対話と、台湾問題や尖閣諸島に関する中国の立場を明確に示しています。

コメント欄の意見:

Kuriyan2001さん「中国・台湾問題に手を出さないように希望する。日本も尖閣に手を出さないことが条件だ。これくらい言えよ。」

砂時計残分前さん「浜田は反論しないのか。言えないのなら大臣を辞めろ。」

For Wardさん「武力で侵略を肯定することはできないとはっきり言えよ。」

ドラえもん大好きさん「日本の尖閣列島の周りに決して来ないことを実行してから発言すればどうか。」

にちはちさん「日本は直接手は出さないかもしれないが、駐留米軍がどうするかは黙認するのが日本の方針。」

Terutaka Hashimotoさん「中国側の申し入れはハッキリしているけど、日本側からの方はいつもの通り曖昧ですね。」

すっぴんさん「こういった会談は双方が主張するものだし、日本が何も言わなかったとは思わないから報道を疑うわ。疑われたくなければ、何も言わないなら何も言わなかったと伝えるべきだ。」

ken tomさん「尖閣に対する浜田氏の回答は?何て言ったのか?はっきり日本の島だと言わなかったのか?気になる!」

黒米稲荷丸さん「ホットラインを運用したからと言って機能するとは思えないんだよな。既にアメリカが同じことして失敗してる。中国の役人は国家主席にお伺いを立てないと何もできないから、閣僚同士のホットラインは意味をなさないんだよね。」

どんちゃんさん「なんだこの無意味なニュースは。中国がそういうのはいつものこと。重要なのは日本側がなんて返答したかだろ!」

ジルコンさん「中国の経済発展を助けた皆さん、今があなたたちが望んだ未来でしたか?」

INARIMETALさん「『日本が中国に歩み寄る』ってことは、中国の領海に日本が入ってこいってことかな?」

めたぼりっくガチャピンさん「仕掛けられてる沖縄問題に日本は何と?」

考えるのをやめた猫さん「武力行使を認めることはできないってハッキリ言えよ。台湾には友達がいる、絶対中国の思い通りにさせんなよ。」

neoさん「中国の言いたいことは『俺らは手を出すがお前らは手を出すな』」

kazu. hさん「中国が手を出さなければ問題無い!って強く言え!」

shoukai fukumotoさん「なぜ、いつも日本は弱腰なんだよ。」

Satoshi Ootaさん「中国に国防相はいなかったような。この方は国防部部長ですね。文民統制の概念はないわけですね。」

patawade【パタウェイド】さん「ロシアが敗れた後手のひらを返す中国を見たいな。」

兎大福さん「呼んでもいないのに勝手に近づいてきておいて『日本が中国に歩み寄り摩擦や衝突を避けるよう』って。摩擦や衝突の原因を作ってる当たり屋国家が寝言をぬかすな。」
posted by beetle at 05:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画】中国国防相が台湾問題で武力行使選択肢を排除せず

News U.S. 2023年06月05日8:16 AM


ChatGPT
この動画は、中国の国防省、李成福がアジア安全保障会議で演説を行い、台湾の再統一に関して武力行使の選択肢を決して排除しないと述べた内容について報告しています。彼は、アメリカに対して誠意を示し妥協に至るよう呼びかけ、アメリカにとっての苦痛は耐えがたいものであると述べました。

コメント欄の意見:

「台湾総統選があるから、今年は特に『武力侵攻の選択を排除しない』と色んな場面で言い続けるだろうね。」

「アジア”安全保障会議”の席上で『我が国は武力を使った侵略をするつもりです』という趣旨の発言出来るのは、どういう神経なのか。」

「こんな国がウクライナに対話で解決をとか言ってるのなんなんだろうな。」

「侵略行為は認められない」

「力による現状変更は許さない!」

「日本も堂々と9条改正しましょう」

「よかったわ! 武力行使はしないとか見え見えの嘘を垂れ流されても困惑しかないからなぁ。」

「暴力で解決しようって魂胆を堂々と公言するあたり、『我々は獣です』って言ってるようなもの。」

「抑制の効かない獣と一緒。襲って来るなら力で対抗するしかない。勿論その前に外交努力は尽くすけどな。」

「アメリカ・韓国・日本・台湾の連携が試されるな。中国だけじゃなく北朝鮮・ロシアまで近い日本はマジで不運。」

「同じアジア人として中華人民共和国がロシアのようにウクライナ(台湾)を侵攻しないことを望みます。」

「中米の対立は世界にとって耐え難い苦痛、、、、『中国にとって』の間違いでしょ レアアース以外、別に困らんけどなぁ」

「世界的にも皆そう思って準備してる。」

「こんな時代遅れな言動を今の時代にする国がある。解決策はただ一つ。引退を待って今の世代が政治に参加する時を待つ事だけだ。」

「自分は何の努力もせず相手が歩み寄ってくるべきって勘違いしてる取引先っておるよな。」

「台湾有事に関しては、他人事ではないですよね。」

「侵略で解決しますってか? おまけに歩み寄るよう、って超えちゃいけないライン越えようとしているのおたくさんではないのでしょうかね?」
posted by beetle at 05:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画】中国国防部長が台湾併合に関し「戦争のリスクが高まる」と警告

News U.S. 2023年06月05日9:36 PM


ChatGPT
このビデオは、中国の国防部長が台湾の併合を強制すると述べ、それが戦争を意味するとしても、そして任意の干渉は失敗すると述べたことについて語っています。さらに、中国は戦争の準備ができていると述べています。

ビデオでは、中国の国防部長、Le Changfuが、台湾が中国の利益の中心であり、これは中国の内部的な安全保障問題であり、国際的なものではないと述べています。彼は北京の意図は平和的な道を追求することであるが、この道が機能しない場合、中国は軍事力を使用する準備ができていると強調しました。さらに、任意の外国の干渉は失敗すると強調しました。

これらの発言は、アメリカの国防長官、Loide Austinがフォーラムに参加している中で行われました。これらの発言は、明らかにアメリカを特定して行われたもので、その土曜日には、アメリカの海軍艦艇が台湾海峡を航行していました。

ビデオではまた、中国が台湾問題を一度に解決するために軍事的な解決策に向かう意志があることを示す、中国の戦闘機が国際空域でアメリカの軍用機に非常に危険な機動を行った事件を取り上げています。

さらに、アメリカの国防長官、Lloyd Austenは、中国が台湾を侵略するリスクについて警告し、そのような侵略の影響は世界中で感じられ、主に経済的な影響があると述べました。彼は、中国が台湾を侵略すると、供給チェーンが影響を受け、世界経済にとって壊滅的になると述べました。

ビデオはまた、中国が台湾を侵略すると、中国はおそらくウクライナのロシア侵略から得られた教訓を追うでしょう、主な教訓は、台湾のすべての軍事施設と指揮センターに対する弾道ミサイルと巡航ミサイルの大量かつ制限のない使用です。中国は数千の弾道ミサイルの備蓄があると推定されており、おそらくそれらを制限なく使用するでしょう。これにより、交差点に捕らえられた何千人もの市民が破壊と死に直面することになります。

しかし、ウクライナのロシア侵略とは異なり、中国の兵士は空路または海路で台湾に運ばれる必要があり、数百キロメートルの非常に争われている海域と空域を越える必要があります。保守的な見積もりによれば、中国は海と空の交差点の段階だけで侵略力の60から70%を失うでしょう。つまり、中国が50万人の侵略軍を投入すると、35万人が小さな島の海岸を見る前に死ぬ可能性があります。

さらに、アメリカの大統領、バイデンは明確かつ客観的に、中国が台湾を侵略する場合、アメリカは台湾の防衛に直接関与すると三度述べました。バイデン大統領にとって、中国が台湾を侵略することはロシアがウクライナを侵略することとは異なります。ウクライナはNATOの境界に位置しており、同盟軍の直接の関与はその戦争を全ヨーロッパ大陸に広げるでしょう。しかし、台湾は島であり、そのため戦争が隣国に広がるリスクは非常に低いです。

中国は、もし本当に台湾を侵略するつもりなら、彼はアメリカの兵器だけでなく、台湾の軍事力を直接支援するアメリカの兵士に直面することを既に認識しているようです。この悩ましい見通しは、中国の高級軍事指導部を通じて失望の波を広げています。この失望の感情は、シンガポールでリチャンフが行った厳しい発言で非常に明らかになっています。

コメント欄の意見:

Canal Coisa de Pobreさん
「歴史が私たちの目の前で再び書かれています。私たちは歴史的な瞬間を生きています」

Edson Carlosさん
「実際、世界は改善するリスクはありません!」

Diego_XLさん
「台湾の利点は、彼らが島国であり、遠くから敵を見つけることができることです。欠点は、彼らが島国であり、包囲された場合、援助が届かないことです…」

Renato Resendeさん
「ウクライナの戦争が終わり、これが決して始まらないことを願っています…」

João Vitor Barbosa Gonçalvesさん
「問題は、中国が台湾よりもこの戦争で多くを失うということです。中国は非常に貿易に依存しているため、この戦争は経済危機に陥ることになります。」

Marcos Valverdeさん
「このチャンネルにまだ登録していない場合は、今すぐ登録して通知ベルをオンにして、新しい情報を見逃さないようにしましょう。」

Raylander Dhenmerssonさん
「ウクライナで起きたことと同じことです。ロシアは準備をし、軍事演習を行い、NATOの飛行機に危険な威嚇を行い、誰もがロシアが侵攻しないと言っていました。」

Paulo Rufinoさん
「この中国の大臣の自信を持つことができればと思います」

Danilo Almeidaさん
「この紛争は避けられないように思えます!」

Veterans Fishingさん
「このチャンネルは素晴らしいです!エピソードを一つも見逃しません。」

さん
「台湾に関連する文脈についての両者の見解は興味深いです。一つはより広い視野で、もう一つは自身の利益に基づいた視点です。残念ながら、結果は非常に深刻になるでしょう」

Paulo Souza Jr.さん
「台湾は世界のマイクロエレクトロニクスのほとんどの知識を持っており、特にチップに関してはそうです。ほぼすべてのプロセッサや電子機器や通信に欠かせないチップは、主に日本、アメリカ、ヨーロッパのエンジニアによって設計され、台湾で製造・組み立てられています。だからこそ、中国はできる限り工場を破壊しようとしないでしょう。」

GlobalFutさん
「普通の、謙虚で正直な人々は、このすべてにうんざりしています。大陸の大きさを持つ国々が1平方メートルのために世界を破壊しようとしているのは馬鹿げています。」

Dunieres Pacaiaさん
「世界の地政学は真のゲーム・オブ・スローンズです。」

Adair nogueira filhoさん
「友達よ、ブラジルでマイクロチップの強力な生産拠点を作ることの重要性を理解した人はほとんどいません。それは戦略的な、地政学的な理由から、世界最大のものになるはずでした。2020年から2022年までの2年以上にわたり、その交渉がポール・ゲデス教授のチームと行われました。しかし、選挙が行われ、ブラジルは再び「歴史の列車」を逃しました。」

McLovinさん
「中国と台湾の紛争が起きた場合、日本、オーストラリア、インドネシアはどうなるのでしょうか?」

LEONARDO SAADSさん
「これは私に非常に「全ての恐怖の合計」を思い起こさせます。」

Edeilson Gomesさん
「この戦争が実際に起きた場合、世界はどうなるのでしょうか?」

Felipe Santosさん
「私にはこれは馬鹿げていると思います。台湾の人々は「革命」の屈辱を受けました…彼らは幸せになるために別の場所に行きました…それが十分ではないのですか?」
posted by beetle at 05:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月05日

【動画】日米の半導体経済圏構想に中国が反発 

News U.S.   2023年06月04日9:56 PM

ChatGPT
このビデオは、半導体産業とその経済安全保障についての議論を中心に展開されています。アメリカが主導し、日本も参加する経済圏構想、IPEF(アイペフ)は、半導体などの供給網を強化するための協定を結ぶことで合意しました。一方、中国はこれに反発しています。

半導体産業は、国家戦略に直結した巨大な産業となっており、その規模は1兆ドル(約140兆円)を超えています。これは、生成的AIのための半導体の開発に対する期待が高まる中で、半導体メーカーが1兆ドルを超える市場規模を持つ初めての事例です。

日本政府も製造業の強化に乗り出しています。先月18日のG7広島サミットに先立ち、世界の半導体企業7社のトップが首相官邸に集まりました。これには、台湾のTSMC、アメリカのインテル、韓国のサムスン電子などが含まれています。日本への直接投資をさらに拡大し、半導体産業を支援することを目指しています。

アメリカの半導体産業に参加予定のMicron Technologyは、日本で次世代メモリ半導体の生産に最大5000億円を投資すると発表しました。政府は、日本への投資を支援するために数百億円を検討しています。

G7広島サミットでは、中国との対峙方法に焦点が当てられました。リスク削減ではなく、リスクを減らすデニス・キングの経済レジリエンスに基づき、経済安全保障を強調する方針を打ち出しました。また、貿易などを通じてパートナー国に圧力をかける経済的な強制力に対抗するフレームワークの調整のための新たなプラットフォームを立ち上げると宣言しました。

これに対し、中国政府は、日本への投資を決定したMicron Technologyの製品の調達を禁止すると21日に発表しました。これは、重要な情報インフラストラクチャの使用目的でした。26日には、経済産業大臣の中西宏明氏が米国商務長官のジョン・レモン氏と会談し、次世代半導体の開発スケジュールを作成することで合意しました。技術開発などの分野で日米協力を大幅に加速させたいとの意向を示しました。また、鉱物などの供給チェーンを強化することで合意しました。

このいわゆる供給チェーンに関する多国間協定は、世界初のものです。G7では、インドやインドネシアといった「グローバルサウス」と呼ばれる国々を含む、強固な供給チェーンの構築についても議論されました。これに対し、中国政府は29日にIPEFに対して、排他的な保護主義を採用すべきではないと警告しました。

さらに、さまざまなフレームワークが同時に進行していることが少々理解しにくいため、それらをまとめてみました。7つの主要企業のトップが全員日本に来て、菅義偉首相と首相官邸で会うというイベントがありました。もちろん、日本からの補助金も受けたいと思っているので、合意していますが、日本政府の半導体への支援はすでに始まっています。

政府は熊本県で工場を建設しています。台湾のTSMCには4760億円、北海道で工場を建設する予定のラピスには3300億円を提供しています。もちろん、このような実技があるのですが、何と言っても、日本は世界の主要な半導体企業にとって魅力的な場所であり、それらを日本に取り込む必要があります。

日本の強みを意識することが重要であり、その状況が自然に浮かび上がっていると思います。しかし、それは常にこのような状態であり、その理由を問われれば、この技術の観点から見て、日本自体が素晴らしいからです。最先端の半導体の工場が台湾だけにあると、緊急事態が発生した場合、リスクは大きいです。

この中で、日本が一人で何も完成させることはできないので、台湾、韓国、アメリカとどのように協力するかという国際協力の戦略が非常に重要になると思います。したがって、多くのプロセスの中に一つや二つがあるかもしれませんが、そのようなキーとなる場所には技術があり、例えば、オランダは露光装置に独占的な地位を持っており、日本にはこれがありません。

私は、パッケージング技術はプロセスであり、一緒に働きたい人がそれを行うことができると思います。日本には半導体製造装置と材料があり、日本に強みがあるので、今日の時代に日本で全てを行うことは可能ではありません。また、最良の場所にいるという事実もあります。

このような供給チェーンで作られないものを抑制するために、技術が将来の鍵となると思います。G7サミットが開催されたと言いました。サミット自体はウクライナ問題とゼレンスキー大統領の日本訪問に焦点を当てていましたが、ここでは中国を見つめ、経済安全保障と供給チェーンを強化するというテーマがありました。

彼らはこれを言い、リーダーコミュニティとは別に、経済安全保障に関する特別なリーダーズステートメントを発表しました。つまり、G7をパートナーとして強固な供給チェーンを一緒に作ろうということです。これまでの経済ブームに対する懸念を表明することから一緒に行動を起こすことへと一歩を踏み出したと思います。

供給チェーンの構築については、今回重要なのは供給チェーンの原則です。信頼できる、信頼性のあるパートナーです。これら全ての国々とグローバルサウスで供給チェーンを作りたいと書いています。これに関連して、まず、信頼できるパートナーと一緒に構築する対象として重要な材料を定義しました。

半導体には重要な鉱物や蓄電池がありますが、実際にはこれらがつながっていますか?考えてみれば、リチウム、コバルト、ニッケルなどのようなものを持っている資源国は、グローバルサウスの開発途上国、中南米、アフリカのコンゴなどです。鉱物の採掘、精錬、加工は実際には中国に抑制されており、グローバルサウスの資源豊富な国々も環境規制が緩いです。

70%、80%、あるいはそれ以上が抑制されているので、今では蓄電池を作るためのリチウム石を持っていても無駄で、最終的には中国の企業を通じてこれらの鉱物を購入しなければならない状況です。これが我々を非常に脆弱にしているので、レジリエンスを持たせるためには、資源豊富な国々に戻る必要があります。

これが大きなテーマであるため、我々はこの原則を信頼できる供給チェーンの原則として確立しました。我々が資源生産国にそれをやらせるのか、それともG7とそのパートナー国がそれをやるのかを変える必要があります。それに対抗するために何かをする必要がありますが、それを始めると、中国はさまざまな対策と強制力を打ち出すでしょう。

例えば、オーストラリアからワインを買わないと言ったら、実際にはフランスがますますフランスワインを売っています。日本は議長国ですが、実際には、一緒に対策を取るように呼びかける力を持っていても、最終的には日本には対策がありません。アメリカにはそのような手段があり、ヨーロッパもそれを持っています。

そのような状況で、議長国である日本だけが、そのような状況で調整を行うことができます。つまり、プラットフォームの構築が結局は容器に終わる可能性があるということです。つまり、経済安全保障の分野でも、いわゆる軍事的な安全保障の分野でも、敵地への攻撃能力や反撃能力を持つ必要があります。

コメント欄の意見:

kely& kazuyukiさん: EVにはモーターとバッテリーには高性能インバーターは必要不可欠なのと同じで、高性能半導体にも単結晶のシリコンインゴットから作る超高純度シリコンウエハーが必要。

上さん: 同盟国に技術漏洩などの損害を与えない為にもスパイ防止法も必要になってくる。

克彦 村田さん: 半導体産業に国が本腰を入れるのは良いことだ。過去の栄光を忘れ一から出直しだな。戦後復興のように。

カンチさん: 外国の企業には気前よく補助金を出してるが、日本の企業にはどうなんだ?中国から撤退する企業への補助が少なすぎだと思うが。中国で稼いでも中国で、再投資してるから、中国の発展を助けてるだけ。

OYSさん: まぁ”中国=リスク”だからリスク回避は中国のデカップリングに変わりない。

江倉さん: 半導体全ての工程を一国だけで賄うには産業が莫大になりすぎて無理。技術力は勿論、中国一国だけの経済力程度ですべてをまかなうのは無理。

YKさん: 中国が対抗しうる戦略物資はレアアースかなー レアアース輸出しないぜってなった時にどうするかやね。

1oku3zenさん: どうして日本企業に支援しないのだろう❓️

ねぎみそ猫さん: サムスンに技術を盗まれるのに100ウォン

piyo piyoさん: 日本の会社が無いのが嘆かわしい。

やまだあきらさん: チャイナは信頼できないってことかな

木崎まやさん: サムスンの半導体工場って中国にあると聞いたけど、韓国入ってたら意味なくない??

cjrnrbcukrさん: そう、ここでアメリカの焦りが見える。日本は昔半導体においてアメリカにやられたけど、中国にはアメリカ兵いないから、アメリカの言いなりになるわけがないな

神々の国々さん: 日本はなぜか外国の半導体産業を支援。日本企業を支援しろよ。
posted by beetle at 05:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画】中国の軍艦が米駆逐艦と接近、ほぼ衝突寸前

News U.S.   2023年06月04日3:16 PM


ChatGPT
この動画は、中国の軍艦が台湾近海でアメリカの駆逐艦と危険なほど接近し、ほぼ衝突するという事件について報じています。この一部始終はカナダのニュースネットワークによってビデオに収められています。ビデオには、中国の軍艦がアメリカの駆逐艦「USS Chung Hoon」に150ヤードまで接近する様子が映し出されています。この事件は、カナダとアメリカの間で行われた稀な共同ミッション中に発生しました。

中国軍によるこのような挑発的な行動は、最近の一連の出来事の一部であり、アメリカ国防長官ロイド・オースティンはこれについてコメントしています。彼は、アメリカは同盟国が中国による強制やいじめに対して自己防衛するのを支持すると述べています。また、先週、ペンタゴンは中国の戦闘機が南シナ海上空でアメリカの偵察機に400フィートまで接近するビデオを新たに公開しました。

さらに、CIA長官が中国を秘密訪問し、そこで彼の対等な立場の人々と会ったことも明らかになりました。アメリカは、中国が攻撃的な対立を続けていると非難しています。これには、最近の事件で、中国の戦闘機が南シナ海上空でアメリカの偵察機に400フィートまで接近したことも含まれています。

アメリカと中国との間で一貫したコミュニケーションを維持する努力が続けられています。CIA長官ウィリアム・バーンズが5月に北京を訪問し、そこで彼の対等な立場の人々と会ったことが、アメリカの公式からABCに確認されました。これは、北京への最高レベルの訪問でした。

コメント欄の意見:

Salt Fly: 「海上での単調さを打破するためなら何でも。これらの船員たちは自分たちの栄光に浸っている。」

R 1: 「私たちはロシアともっと接近していました。『肩を寄せる操船』と呼んでいました。」

Ron Steuer: 「時間の問題で、これは現実になるだろう。」

Jan Erkenbrack: 「私の海軍時代、冷戦時代にはロシアの海軍艦とこのようなことがありました。いくつかの危険な接触がありました。率直に言って、私は熱い戦争よりも冷たい戦争の方が良いと思います。」

OcihEvE: 「孤立した、現実とつながりのない政治家からの悪いブラフを期待しています。軍艦の乗組員が国際的な事件を引き起こすためにすべてを賭ける覚悟があるとすれば、事態は危険になります。」

david.primerox: 「アメリカから中国へ:それはプロフェッショナルではなかった
中国からアメリカへ:私は気にしません」

Dersu76: 「Eliot Ackermanの小説『2034』では、中国によって撃沈されたUSSチャン・フーンが第三次世界大戦を引き起こします。」

KD-C c: 「他の国の軍艦がメキシコ湾に演習のために入ってきて、それを航行の自由だと言ったら、アメリカはどう思うでしょうか?」

Lee O’Fallon: 「これは深刻な結果なしにはもう長く続けられません…」

Drew Holland: 「彼らは状況をエスカレートさせるための口実が欲しいだけです。それだけのことです。」

Ann L: 「この出来事は中国の海岸線からわずか100kmの距離で起きたのに、西側のメディアは中国を攻撃的だと言っています 」

Keith Fernandez: 「少しの愚かさで私たちはみんな火を噴かれることになるのは時間の問題です!!」

Travis Hamlin: 「ショーのためだよ、一般の人々を警戒させる必要があるから」

Peter Bruno: 「台湾が国際的に中国の領土と認識されており、アメリカが公式に一つの中国政策に従っているなら、なぜ中国の要望に反して台湾を訪れているのか?」

Time Traveler: 「騒ぎを起こす人が何千マイルも離れて何をしていたのか?」

steve conn: 「主よ、また一つの日常の災害が遅れましたことを感謝します。」

No1 Noob: 「珍しいカナダとアメリカの共同ミッション?私たちはいつも共同ミッションを行っているよ lol」

MrNiceGuy: 「彼らは私たちが彼らに衝突すれば保険金を受け取るかのように振る舞っています。」

UnknownXX: 「恥辱よりも危険を選ぶ国は、支配者に備えており、それに値する国です。
-アレクサンダー・ハミルトン」

Straight out of Stockton: 「おそらくすぐに始まるだろう、準備をしておいて人々を大切にしましょう❤」

Lithonion1: 「私はUSSカロンに乗っていました。私たちはいつもこのようなことをしていましたが、実際に衝突もしました。USSカロン黒海で検索してください。USSカロンとUSSヨークタウンは一緒にいて、両方とも衝突しました。」

rem145: 「ロシアが問題を抱えていることから、中国は少し不安定になっているようです。」
posted by beetle at 05:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画】中国の不動産市場成長の限界と経済への影響

News U.S.   2023年06月04日12:16 PM


ChatGPT
この動画は、中国の不動産市場とその経済への影響について説明しています。動画の中で、Tom Mackenzie氏は、中国の中産階級が未来を見据えて資産を増やす唯一の手段が不動産であると述べています。彼は、2016年に中国に到着したとき、不動産価格の急騰を抑制するために、複数の物件を購入することを制限する措置が導入されていたことを説明しています。これは、中国の家庭の大部分の貯蓄や富が不動産に投資されているためです。これは、株式市場への投資のリスクや、資金を海外に移す困難さを考慮すると理解できます。

不動産は中国のGDPの約20%を占めており、今日の発表は、この不動産セクターを支援するための追加措置について述べています。これには、特定の都市での物件購入を許可する、制限を緩和する、ダウンペイメントを低く設定する、エージェントが請求する手数料に上限を設けるなどが含まれています。

しかし、不動産価格は下落し続けており、これは開発者にとって大きな問題となっています。特に、EvergrandeやWandaといった開発者は、北京の政策立案者の注目を集めています。これらの開発者が物件を売却できない場合、市場に資金を供給する能力が低下し、土地を購入できなくなる可能性があります。これは、地方政府が経済を支援するための資金を調達する能力に影響を与えます。なぜなら、中国の地方政府は、土地販売に依存して収入を得て、北京が求めるインフラプロジェクトを資金調達するからです。

この動画は、中国の不動産市場とその経済への影響について深く掘り下げています。

コメント欄の意見:

Gargamel And Rudmila: 中国の市政府が新しい土地を作成できない限り、この資金調達モデルは非持続可能です。土地は有限の資源です。売却されればそれで終わりです。フリーホールドの販売ではなく、100年間のリースホールドタイトルという形であれば別ですね。

mini-BBC: 中国の経済に関する驚くべき数値があります。

エバーグランドの3000億ドルの債務は、ベトナムのGDPを上回ります。
中国国家鉄道集団の8250億ドルの債務は、サウジアラビアのGDPを上回ります。
主に未完成の空きアパートは、ドイツの人口を収容するのに十分な数があります。

Sean Yun: 中国関連資産を早急に売却し、ゴールドとエネルギー(石油、石炭、ガス)を購入するのが最良の時期です。2021年第4四半期の終わりから2022年を通じて現在に至るまで何度も述べていますが、米国はスタグフレーションを抑えるために利上げすることができません。

Evelyn Ramos: 私たちのモデルは対応できません。それはハリウッドの自宅兼スタジオです。

Mike: 中国の不動産は冗談の資産です。

Kenneth Ho: 家は住むためのものであり、投機のためではありません。他のどこでこのようなリーダーを見つけることができるでしょうか?中国の人々は非常に幸運です。もちろん、富裕層は異議を唱えるでしょう。

Sean Yun: 中国、米国、ヨーロッパ、日本、韓国、台湾、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、スイス、ほとんどの新興市場国はさらに進むために多すぎる債務を抱えています。

Evelyn Ramos: 次は教会や寺院です。

Jarrod Yuki: おっと、失敗しました。
posted by beetle at 04:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月04日

今週のつぶやき

外から見る日本、見られる日本人  2023年06月03日10:00

最年少の藤井聡太七冠誕生、おめでとうございますと申し上げます。私は将棋は指さないのですが、彼の強さは今までの定石を変えたことにあるのではないかとみています。これは世の中の変化に対していつまでも古い考えに固執してはならぬという戒めなのかもしれません。日本はすさまじい能力を持った人を輩出しますが、その人たちが上り詰めた道のりは他人に迎合しない究極ではないでしょうか?彼の活躍は若者に大きな刺激を与えるかもしれません。

では今週のつぶやきをお送りいたします。

6月の市場は晴れになるか?
株式市場にはアノマリーのようなものがあり、7−8月は枯れるとされます。理由はトレーダーが夏休みを取るからですが、実際に企業主体のコンベンションは7−8月は全くありません。つまり、刺激がないのです。一方、Sell in Mayという格言もあり、5月は鬼門とされます。実際、日本は例外でしたが、北米は冴えませんでした。ここにきていくつか霧が晴れてきたことがあります。

1つは債務上限問題が終わったこと、2つ目は本日発表の雇用統計が「微妙」であったこと、3つ目は現状、6月13-14日のFOMCで利上げがホールドされる公算が高いこと、4つ目はアメリカ株式市場で日本同様、「AIバブル」が起きつつあること、5つ目がリセッションの懸念はあるが、夏休みを前に「見えないふり」になっていること、6つ目が銀行破綻連鎖のリスクがとりあえず収まりつつあること、などが上げられると思います。

ただ、私は秋にもう一度微妙な時期を迎えるとみており、現状、手放しになれません。例えば本日発表の雇用統計は雇用者が約34万人増と事前予想の20万人を大幅に上回ったのに賃金上昇率は小幅上昇にとどまっています。また失業者が0.3%ベーシス増えたのは雇用者のシャッフルが起きているからでしょう。背景には本日発表された1−3月の労働生産性がマイナス2.1%となり、繁忙なのに儲からないからと予測しています。背景はガバナンスやルールによる複雑な社会の形成ではないかと思います。そう見ると微妙な気もします。

泣いて翔太郎を斬る!
「泣いて馬謖を斬る」の意味が「どんなに優秀な者であっても、法や規律を曲げて責任を不問にすることがあってはいけない」(ウィキ)であるならば冒頭の部分を「どれだけ大事な長男であっても」と置き換えればお父ちゃんの苦渋の選択であった、と言うことなのでしょう。個人的に言わせてもらえれば「親バカ」、しかもその親バカは父ちゃんではなく、母ちゃんの懇願に押されたという話ですが私利私欲、首相の特権と言われても仕方はないのでしょう。

しかし、そもそもに無理があったと思います。首相の政務担当秘書官と言えばトップ中のトップの一人。私も民間企業で秘書をしましたが、お仕えしたボスは海軍兵学校の教官経験者を父に持ち、竹下元総理の秘書官経験者でしたので日々「むち打ちの刑」ぐらいの試練でした。「秘書官たるものは…」と叩き込まれ、おしっこがちびっちゃうほど厳しいものでした。今の時代、そんな話をしても「はぁ?」でしょうし、逆に「コンプラ上、問題じゃないですか?」ぐらい平気で言われるでしょう。もちろん、長男君も部署内で大事に扱われたことと察します。

親のしつけは厳しく、メリハリをつけ、信賞必罰であることが大事です。ただ、政務秘書官というポストは高橋洋一氏に言わせば「大臣ぐらいのポジション」につくということでそこで力を発揮すれば上があるけれど失敗したら「振出しに戻る」なのです。お母ちゃんはそこがわからなくて「息子を特急列車で格上げさせて」と懇願したのは世間知らずと解されても仕方がない気がします。もう一つ、あの階段で寝転ぶいとこもいとこだと思いますけどね。家系の品格も併せて疑いますがね。

冷静さを見せたいウクライナ支援
「勧善懲悪」は日本人もアメリカ人も大好きです。劣勢に立たされている正しい方が最後に悪者をやっつけるとスカッとするというのは洋の東西を問いません。これがドラマや小説の世界ならいいのですが、現実となれば話は別。先般のG7でゼレンスキー大統領がサプライズで参加したのは一連の会議成功の一幕とされますが、一方でG7の会議を早々に終わらせ、同大統領を最終日に招いたのは衆目がゼレンスキー氏に向かうだろうという予想があったからです。正直、G7諸国はここにきてお株を奪われることに若干の抵抗があるように見えます。

そのゼレンスキー氏、今度はウクライナの隣国、モルドバで開催された「欧州政治共同体」会議に飛び入り参加し、同国がNATOに加盟するまで同国に安全保障を提供して欲しいと迫りました。欧州ではフランスとドイツの同国支援に関する温度差が明白になっている一方、支援積極派のマクロン氏も和平調停を画策しています。つまり、懲り懲りというのが目に見えています。大前研一氏が「ウクライナは(第2代)クチマ大統領の頃から汚職が多い国家」と述べていますが、たぶん、論客たちはそういう理解者が多いと思います。日本の支援は兵器など殺戮に関することができないので人道支援が主流なのでこれは最善の策だと思います。

言葉を慎まねばならないのですが、私はゼレンスキー氏が営業マンに見えてしょうがないのです。かつてはショーマンでした。そして映画の主人公でヒットし、本当に大統領になり、映画の世界のようなトラブルに巻き込まれたことは悲惨でありますが、その過程において同国が独立後歩んできた道のりにも相当の瑕疵があったのだろうと推測しています。それを踏まえた上で同大統領のこれ以上の支援要請は世界を醒めさせるのではないか、という懸念はあります。双方、「玉切れ停戦」がベストなのですが。

後記
世界各地で開催されるArt Walkですが、バンクーバーにもあり、今年は30周年でした。売り出し中の画家が期間中、作品を街中の様々なところで展示するものでコミュニティにも良く溶け込んでいます。そのイベントに私の知り合い、と言っても80歳を超えている方ですが、出展されていて今年初めてお邪魔をしました。とても素敵な絵をお描きになっていて一枚購入させて頂きましたが、それ以上に絵を描くことで生きがいを感じていらっしゃるその姿にとても感動しました。やりがいを持つ人生、大事ですね。
posted by beetle at 05:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モスクワへのドローン攻撃とウクライナの反転攻勢の関連性を分析

News U.S.   2023年06月03日12:36 PM


2023年5月30日、モスクワでドローンによる爆発が発生。
ロシア当局によれば、8機のドローンがモスクワの8カ所に攻撃を仕掛けた。
ウクライナの関与を疑われつつも、反プーチン勢力や政治・軍事の中枢を狙った可能性も考えられる。


ChatGPT
この記事では、2023年5月30日にロシアの首都モスクワでドローンによる爆発が発生したことが報じられています。報道によると、8機のドローンがモスクワの西側から南西部にかけて8カ所に攻撃を仕掛けたとされています。ロシア国防省は5機のドローンを防空システムで撃墜し、3機を電子妨害で無力化したと主張しています。1機は住宅街に突っ込んだものの、無力化されていたため爆発しなかったとのことです。

ウクライナ政府高官は関与を否定していますが、ウクライナのゼレンスキー大統領は直前に大規模な反転攻勢について言及し、ウクライナ陸軍トップも攻撃を予告していたことが報道されています。したがって、ウクライナによる攻撃が疑われる可能性はあるものの、ロシア国内の反プーチン勢力が関与した可能性も否定できません。

記事中では、攻撃された場所からはロシアの政治や軍事の中枢を狙った意図を感じるとしています。例えば、プーチン大統領の公邸が近くにあり、ブラシハには戦略ロケット部隊や核ミサイル部隊の司令部があるとされています。

ただし、ロシア政府側はこのドローン攻撃を重大な問題ではないとしており、防空システムが正常に機能し、負傷者も出ていないと主張しています。

以上が、この記事におけるモスクワへのドローン攻撃とウクライナの反転攻勢との関連に関する情報です。

コメント欄の意見:

dycさん
ロシアの前線維持が限界で、突破されると崩壊が全体に及ぶ可能性がある。
補給などのロジスティックは合理的で効率的になっているが、ウクライナの次の攻撃を待つ状態にある。
プーチン大統領は不屈かもしれないが、ロシア軍が諦めてしまうのでは?

masさん
ウクライナの反転攻勢は情報戦であり、プーチン政権の打倒やロシア国民の蜂起を目指している可能性もある。
クリミアを取り戻し戦争を終結させるために、プーチン後の政権との交渉が最も合理的な手段と考えられる。

qxsさん
ロシアの経済制裁により、部品の入手が困難で新しい製品を作れなくなっている可能性がある。
ロシアの武力攻撃が限定的になり、西側諸国は武器供与を増強しロシアの力を打ち砕かねばならない。

fdbさん
ウクライナの復讐心やロシア内の反プーチン勢力の増大により、ロシアへの攻撃が活発化している。
ウクライナがクリミアを奪還できたとしても、ロシアは攻撃を止めないだろう。
西側諸国は、プーチンの新しい戦争に対応し続けなければならない。

tokさん
ロシアは政治イヤーであり、プーチン大統領の立候補まで国民を刺激したくないだろう。
プーチンの退場を願うが、ロシアはもっと酷くなる可能性を秘めている。

asaさん
ウクライナはロシア領内への攻撃を行っており、モスクワまでドローンが到達するまでの防空機能の反応に疑問が残る。
ウクライナの攻撃は防衛の範囲内だが、モスクワへのドローン攻撃は最近始まった。

dokさん
若い将校たちのモチベーションが崩壊すれば、ロシアのミサイル攻撃が増える可能性がある。
ウクライナとの戦争終結後、ロシア内で戦争責任が問われる可能性もある。

marさん
ドローン攻撃が核を使わない方法として示された。ドローン攻撃は台湾や南西諸島でも厄介な事案になる。

gloさん
ゼレンスキー氏と反プーチン派の組み合わせで、ウクライナとロシア内で攻撃を行うという密約が考えられる。
プーチン政権崩壊後の内政には関与せず、ウクライナとの交渉を進めるべきである。
posted by beetle at 05:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画】米国と中国の間でエスカレートする半導体戦争の背景

News U.S.   2023年06月03日9:56 PM

ChatGPT
この動画は、米国の半導体製造企業であるNvidiaが一時的に1兆ドル企業の仲間入りをしたことについて報告しています。これにより、NvidiaはApple、Amazon、Microsoft、Alphabetと同じカテゴリーに位置づけられました。この価値の急増は、CEOのJensen Huangが台北のコンピュテックストレードショーで業界が転換点に達していると述べた数日後に起こりました。Nvidiaは主にゲーマー向けの高性能グラフィックカードで知られていますが、今年はAIアプリケーションを実行するための専門チップへの需要が増加したことで、市場価値が倍増しました。

しかし、この急速な成長は、米国と中国の間でエスカレートしている半導体戦争の背景にあります。これにより、ワシントンは米国製チップの輸出禁止を課しました。Huang CEOは以前、このような禁止措置は米国企業に大きな損害を与えると警告しており、米国に対してより慎重なアプローチをとるよう促しています。彼はまた、中国が他の国々と同等のレベルに追いつく能力を過小評価してはならないと述べています。

Nvidiaの市場価値の急増は、台湾のTSMCやオランダのASMLなど他の半導体製造企業にもブーストを与えています。これらの企業間の密接な関係と、AIが普及するにつれてどのように協力が進展するかについても議論されています。

さらに、米国とEUの高官たちは、人工知能に関する共通の基準を確立するための高水準の会議を開催しています。しかし、技術は非常に速く進歩しており、政策立案者が手元にあるツールは限られています。UNESCOが提供する一般的な原則があるものの、開発の速度とAIプラットフォームの多様性を考慮すると、普遍的に従われる基準を開発するのは難しいです。

プライバシー違反についての懸念もありますが、問題はデータ保護ではなく、WikipediaやGutenbergなどのオープンアクセスデータソースから得られる情報の真実性です。最近、イタリアは訓練フェーズ中にインターネットの全テキストにアクセスしたAIアルゴリズムを初めて禁止しました。これはデータ保護に適合しないという理由からです。

AIを規制し、リアルニュースとフェイクニュースを区別する課題についても議論されています。著者は、プライバシーだけでなく、さまざまなソースからの情報の真実性も懸念事項であると示唆しています。米国とEUはAIの規制について協力を話し合っていますが、グローバルな枠組みの設立を求める声もあります。著者は、AI技術をよりよく理解し、自分たちで開発する必要性を強調しています。これは、米国や中国に完全に依存するのではなく、企業がAIを迅速に開発するためのインセンティブ構造についても議論しています。

米国とヨーロッパは、中国も戦略的に競争する中で、グローバルな技術覇権を巡る競争において対等な立場にあります。この競争には時間的なプレッシャーがあります。

コメント欄の意見:

Pearl 2020さん: 過去にDWは良質なコンテンツを提供していたが、景気後退の影響を受けているようだ。

BUY YOUTUBE VIEWS | Link in Bioさん: これは今日見た中で最も素晴らしいビデオです。

Raghav Modiさん: インドでは、チップ戦争とはポテトチップ対バナナチップを指します。

ɭยкє รภץ๔єгさん: NVIDIAは私の公式のお気に入り株です。

Tib Syyさん: NVIDIAのニュースを見ると、バブルだとわかりますね!

Joeyさん: まだ信じられないけど、私の小さな国オランダがチップ市場を支配しているんだ。何かうまくやってるんだろう。

Solo Bat-Erdeneさん: 「人類の本当の問題は次のようなものです:私たちは旧石器時代の感情を持ち、中世の制度を持ち、神のような技術を持っています。これは非常に危険で、全体として危機の点に近づいています。」- E. O. ウィルソン

Eliさん: AIチップが少ない方がいいですね。世界全体にとって良いことです。ありがとう。

VTdemocracyさん: 米国の技術革新は世界をリードし続けています。

New Moonさん: 台湾の企業と台湾人経営者のアメリカ企業が中国に勝っているのは面白いですね。

Mythbusterさん: 米国がNVIDIAに対して、中国のNVIDIA研究開発センターで中国の研究者が設計・開発したH100を中国で販売してはいけないと伝えたので、NVIDIAは中国チームにより劣ったチップを設計するよう指示しました。

DDさん: ニュースキャスターがテレプロンターから読んでいるだけなら、AIに置き換えられることを防ぐものは何でしょうか?非常に本物らしく、実際の人間と同じように見えるので、もうすでにそこまで来ていると思います。

Sormina Saragihさん: この時代は「テクノロジーの時代」と呼ばれ、多くの国々が競争しながら他国に技術力を売るでしょう。

mini-BBCさん: 中国への半導体の輸出禁止は、21世紀で最も重要な政策の一つです。中国政権はまだ何が起こったのか理解していないのです。

Shawn Greenさん: この記事は、私たちすべてのチップメーカーが中国向けに特定のチップを製造し始めたことを無視しています。24時間のニュースサイクル以外では何も変わっていません。

Majd Malkiさん: このビデオの「専門家」は実際には技術を理解していないようで、実際の専門家についてのビデオを見たいです。AIについてはIT技術者や開発者に話を聞くべきです。それ以外の人はAIについて十分に理解していないため、専門家としての立場にはなれません。

Evelyn Owusuさん: なぜ人間がAIに置き換えられる必要があるのでしょうか?技術に関連する新しい発明をする際には、結論を出す前によく考えるべきです。

Boredom is Boring】: CCPの攻撃を抑えるために最も効果的な方法は、先進的なチップの輸出禁止です。それだけでは十分ではありませんが、他の対策と組み合わせることで北京が私たちを進む暗い道から desu。【注:”desu”は元のコメントにはありませんでしたさん

: – さん: 中国が台湾のチップ工場を運営する方法を知らないので、新たな製造施設を早急に開設するべきです。

King of Devilsさん: 中国の政治と経済の構造では、発展した経済の助けなしに先進的な技術に追いつくことはできないので、実際にはCCPが追いつけないのは現実的なことです。

Antonio Tanさん: 米国と西側の同盟国は、中国の貿易への欲望を抑える必要があります。それは中国の戦争機械を推進しており、台湾やその周辺国(フィリピン、日本、韓国、ベトナム、インド、オーストラリア)を脅迫しています。

James Burtさん: 幸運なことに、インドは巨大な市場です!

Zhang Weiさん: 私は中国人ですが、中国は半導体の生産において独立性を確保するために非常に努力しています。

Indra Rudiantoさん: これは台湾が重要なチップ生産国である理由です。中国が台湾を制御すれば、その技術も制御できるからです。

Annie Wilsonさん: 人間のキャスターは感情や解釈を持つことができますが、AIはまだその能力を持っていません。また、人々は人間のキャスターとのつながりを求めています。

Shiva Kumarさん: 技術の進歩は国家間の争いにおいて非常に重要です。どの国が最も進んでいるかによって、その国が経済的・軍事的に優位に立つことができます。

Lucas Santosさん: 半導体産業において中国はまだ米国に追いついていないので、輸出規制は非常に効果的です。

Ravi Patelさん: チップの技術はますます重要になっています。今後数十年間、この分野での競争が続くでしょう。

Ahmedさん: アジア諸国は技術面で急速に進歩しています。将来、彼らが市場をリードすることは間違いありません。

John Smithさん: 人間の仕事がAIに置き換えられる可能性は非常に高いです。しかし、AIはまだ人間の感情や創造性を模倣することはできません。
posted by beetle at 05:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画】中国の経済回復に新たな懸念、最新データが停滞を示唆

News U.S.   2023年06月03日3:36 PM


ChatGPT
この動画は、CNBCの寄稿者であるDewardric McNeal氏が、中国の経済回復について議論しています。彼は最新の経済データが経済の停滞について新たな懸念を引き起こしていると述べています。

McNeal氏は、中国の経済回復が停滞しているという説明を裏付ける最新のデータが混在していると述べています。彼は、中国がその輸出に対する需要に大きく依存しているというグローバルなマクロ経済状況が不均衡であると指摘しています。また、中国が国内消費に対処する必要があるとも述べています。家計所得が停滞し、若者の失業率が20.4%に達しているため、需要に依存した成長を期待することはできず、何かが変わらなければならないと彼は指摘しています。

彼はまた、若者の失業問題が大きな問題を象徴していると指摘しています。教育を受けた若者たちは、自分たちが受け入れることができる仕事に対して高い期待を持っています。中国の政府は、若者たちに「少し苦を飲む」というフレーズで、あまり望ましくない仕事を受け入れるように促していますが、若者たちはその提案をあまり受け入れていません。

さらに、中国の通貨が弱まっていることが、工場主導の経済からの脱却を困難にしているとMcNeal氏は述べています。また、中国の成長機会についても疑問を呈しています。彼は、国家安全保障と成長・開発の間で何が優先されるべきかについて混乱があると指摘しています。彼は、多くの中国の役人を含む多くの人々が、両者が衝突した場合、国家安全保障が経済開発と成長に優先すると信じていると述べています。

最後に、役員たちが中国に対する露出を慎重に考える理由として、地政学的な問題と成長機会の疑問があると述べています。

コメント欄の意見:

lawerence slyvester: 「景気後退にもかかわらず、政府の助成金に頼らず、2週間に1度で16400ドルの利益を得ています。」

De volta ao caminho: 神を仕える者を神がどのように扱うかを見よ、神は彼に仕える者を栄えさせる。キングダリウスも彼の時代最大の帝国の別の王であり、優れた霊を持つ若者を栄えさせるために使われた。同じように、今日私たちは正直で正しい人々を刑務所に送りたがる一族を見る、その時代にはこのような人々がいて、彼らは悪意を企んでダニエルをライオンの穴に送ることに成功しましたが、彼は無傷でそこから出てきました。しかし、これらのすべての人々、彼らの妻、彼らの子供たちはそこに投げ込まれ、彼らはまだ穴の底に到達していないとき、ライオンが彼らを捕らえて彼らの骨を砕いた。この王は次の命令を発しました。「私の王国のすべての支配地域で、ダニエルの神、つまりイエス・キリストの前で男性たちは震えおののかなければなりません。彼は生ける神であり、永遠であり、彼の国は破壊されることはありません。彼の支配は終わりまでです。彼は救い出し、救い出し、天と地でしるしと奇跡を行います。彼はダニエルをライオンの力から救い出しました。」

Blue Fish: 中国の5%の成長は停滞経済だと述べ、アメリカの1%未満の成長は素晴らしいと嘲笑します。

Anthony Chi: 中国が停滞しているという考えに笑います。

Marcus Allen: 動画の中で何も言わなかった人に対して驚きを表します。

Telvis: 中国が崩壊すると、アメリカのGDPはマイナスになると述べています。

weinam chia: 中国はアメリカよりも一歩先にいると述べています。アメリカはインフレを抑える必要がありますが、それが景気後退を意味する場合でも。中国にはインフレ問題はありません。

Thomas Rogers: 中国に執着する代わりに、アメリカに焦点を当てて自国の人々を大切にするよう呼びかけます。

L V: 中国が崩壊するという考えを嘲笑し、数十年間予測されてきたが、中国はますます強くなっていると述べています。

weinam chia: 中国に関するネガティブなニュースではいつもこの人が登場すると指摘しています(おそらくビデオの話者に言及していると思われます)。

chestnut Ridge: 中国が崩壊していないという考えに反対し、考え直すよう提案します。

Bradley Grayson II: 中国の再開が本当に中国の経済を活性化させると信じています。

Tim ower: 火は良い、マスクは悪いという声明をしています。

weinam chia: 提示された最新のデータが最新ではないことを指摘し、中国のCaixin PMIが経済成長を示していることを述べており、無視された可能性があると示唆しています。

Justin Beghly: これは最高のアメリカのプロパガンダだと述べています。
posted by beetle at 05:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月03日

アメリカ版「与党も野党も茶番」!?

外から見る日本、見られる日本人  2023年06月02日10:00

れいわ新選組の櫛渕万里衆院議員が国会の壇上で「与党も野党も茶番」というビラを掲げたことで登院停止10日間の謹慎処分を受けました。この「与党も野党も茶番」というのは表現としては面白く、日本の政治も確かにそんなところはあります。が、本家、アメリカの茶番劇はもっとダイナミックで世界中の注目を浴びる点で「政治って何だろう?」と思わずにはいられないのです。

アメリカの債務上限問題は現地時間の5月31日遅くに下院を通過しました。賛成314,反対117でこの反対には共和党の強硬派の70票強が含まれています。あれだけ騒ぎ、あれだけ緊張感を煽ったのに大差の賛成です。メディアは個別議員の怨嗟のようなコメントを報じるため、読み手である一般庶民は惑わされるのです。そもそもが緊迫した問題だったのか、この大差は議員の真意なのか、あるいは政党政治らしい決着のつけ方なのか、共和党強硬派の勢いはこんなものだったのか、など様々な疑念を抱かせるのであります。

これから上院ですが、雰囲気的には勝負あったという感じで、事務処理的な流れになりそうです。もちろん、こんな投げやりな書き方は失礼であり、当事者たちの必死の思いで交渉成立にこぎつけたことに敬意を表さねばならないのでしょう。日本の政治ではなかなかギリギリの攻防という緊迫感は見られません。与党の力が圧倒している上に党の方針に反して反対票を投じると概ね誰がそうしたか分かるため、後でボコボコにされます。よって党利党略に従うという個性の完全無視が前提にあるのです。つまりギリギリの攻防は原理原則では起きようがないのです。

ではアメリカです。これは政治に限らずビジネスシーンでもそれこそ近隣との付き合いまでそうなのですが、「駆け引き」が常について歩く、これが北米にいて思うことです。私の31年間のビジネスライフも全てディールとネゴシエーションだと思っています。どうやって自分の意思を貫くか、この駆け引きのために直接の対峙相手のみならず、周りを押さえたり、相手が想定もしない交渉カードを出すこともごく普通です。つまりディールは自分がどれだけ良いカードを持っているか、それに尽きるし、そのカードは日々のビジネスや政治的活動で培うものです。

今回、途中からエンタメだと感じたのはバイデン氏とマッカーシー氏の直接交渉が非常に楽観的に展開していた点です。つまり、双方、ボトムライン(落としどころ)を持っていたように見えるのです。例えば北米ではストライキが数多く行われますが、まとまるディールと紛糾して何十日もストを強行するケースなど様々です。これは交渉当事者の能力と組合員の取りまとめ能力次第なのです。バイデン、マッカーシー両氏とも辣腕、かつ政治家としての経験値も非常に高く、計算づくだったということなのでしょう。そういう意味では外野からすれば茶番だったのかもしれません。

ところで次期大統領選に向けて少し動きが出てきました。共和党はデサンティス氏が出馬表明し、本格始動しています。かつてはミニ トランプとの異名があったかと記憶していますが、今はデサンティス氏がトランプ氏と比較されること自体を嫌い、完全なライバル関係にあります。これから両名による「死闘」が繰り広げられるわけですが、個人的には似たようなタイプの2人が争ってもテレビドラマならともかく、リアルとなれば何も面白くないゲームだと思っています。ひょっとすると票の取り合いをしている間に第三の有力候補が「揚げ」をかっさらっていくこともあるかもしれません。

一方の民主党ですが、まだほとんど表に出ていないのですが、JPモルガンのジェームス ダイモン会長の去就に個人的に注目しています。ダイモン会長は今週、ブルームバーグに「多分、私はいつか、ある立場で自国に尽くすだろう」と述べています。それを受けて著名な投資家であるビル アックマン氏が「ダイモン氏が大統領選に出るべきだ」と推挙しているのです。

またこの情報はタブロイド程度の話ですが、ダイモン氏は世界最大の銀行のトップに長年君臨し、今では金融界では不動の地位を確立している大御所です。ダイモン氏が仮に出馬するとすれば民主党です。知名度、影響力、行動力、そして選挙資金の集金能力全てにおいて圧倒的能力を持っています。唯一、政治未経験者でありますが、トランプ氏もそうでした。ダイモン氏は金融の世界に関してはリーマンショックの処理を含め、政府機関と相当のディールをこなしてきているので問題はないでしょう。

今回の債務上限問題は大統領をトップとする執行側と議会の対決であり、日本にはない構図です。大統領は議員ではないので政府と議会の対立が基本軸です。よって議会を構成する与野党は入り乱れ、超党派なるものがしばしば組成されます。よってそれをコントロールするためにマッカーシー氏は直接議員に電話をしまくり、説得工作をするのです。

一方、日本の政府は与党による閣僚という帽子をかぶります。つまり政府のトップ部署を政治家が支配する構図なので言葉通り、与党と野党の戦いになります。アメリカの与野党は当然、党利に基づく団結はありますが、裏切りもそれなりに出るため、日本のような戦い方とは違うと言えそうです。閣僚は政治家であり、プロ集団ではない点において茶番劇という背景を含め、どちらが良いのか、という議論があってもよいかもしれません。
posted by beetle at 05:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ロシア】反体制派が一斉蜂起の可能性 6月危機へ

News U.S.   2023年06月02日6:36 AM


ロシアのプーチン大統領は反体制派の蜂起に直面している可能性が報じられている。
ウクライナ軍が本格的な反攻作戦を準備しており、民間軍事会社ワグネルが戦線離脱を表明している。
反プーチン勢力の不穏な動きが国内外で続いており、ロシアでの異例の事態が起こる可能性も指摘されている。


BP&A@xbpax・
フォローする
ロシアで反体制派蜂起の可能性 プーチン大統領、「6月危機」に直面か 「やばいことになるかも。当然だが」辛坊治郎(ニッポン放送)所謂クーデターが成功してウクライナ停戦出来たら今後のロシアは少しましになる、、のか?
news.yahoo.co.jp
ロシアで反体制派蜂起の可能性 プーチン大統領、「6月危機」に直面か 「やばいことになるかも。当然だが」辛坊治郎(ニッポン放送) - Yahoo!ニュース
キャスターの辛坊治郎が6月1日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。ウクライナへの侵攻を続けるロシアのプーチン大統領が、反体制派の蜂起による「6月危
午後10:39 ・ 2023年6月1日

ChatGPT
記事によれば、ロシアのプーチン大統領は反体制派の蜂起に直面しており、「6月危機」と呼ばれる状況にあると報じられています。ウクライナ軍が反攻作戦に出る一方、民間軍事会社であるワグネルは戦線離脱を表明し、モスクワを襲った無人機がプーチン氏の邸宅を狙ったとの情報もあります。ロシア国内外で反プーチン勢力の不穏な動きが続いており、ウクライナで敗北すれば革命が起こる可能性も指摘されています。

辛坊治郎氏は、この状況についてロシアが危機に直面していると指摘し、政権崩壊と戦争終結の可能性を示唆しています。彼は、このような変化が起こることを望んでおり、ポジティブな方向に進むことを希望しています。

コメント欄の意見:

Okiokiさん: ロシアの体制はプーチンがいなくなっても変わらない可能性があり、新たな指導者が現れるかもしれない。希望としては、小さな国家に分割されて他国を脅かさない存在になり、ウラジロストクも含めて友好関係を築きたい。

4950さん: ウクライナに入隊したロシア人部隊が別働隊として活動し、テロ行為を行っている報道もある。ロシア国内では報道されていないが、民間施設への攻撃も起きている。ただし、プーチンは民間人への攻撃は行っておらず、モスクワへの攻撃はキーウへの空爆の危険性を高めている。

まだ現役で働いているさん: 西側からの情報だけでは実際の状況は分からないため、ジャーナリストは割り引いた発言をすべきだとの意見。ただし、プーチンが倒されることは嬉しいという感情は広く共有されている。

mrtさん: 現在の状況から考えると、ロシアの政策を失敗と見なす反体制派が蜂起する可能性はある。ただし、西側の介入や第三国の関与による内戦は避けたいとの意見。経済循環が止まる前に変化が起こり得るだろう。

やーしんさん: ロシアが撤退し、ウクライナに反撃のチャンスがあっても、過度な犠牲を出すよりも国を再建し、友好的な関係を築くことが望ましいとの意見。資源開発の可能性もあり、日本も進出して友好関係を築きながら北方領土問題を解決するチャンスかもしれない。

ポコちゃまさん: ウクライナの反攻作戦と同時にロシア国内からも反体制派が立ち上がるべきであり、プーチンの一方的なウクライナ侵攻は国際秩序を崩壊させた元凶との指摘。プーチン退陣のためにロシア国民の蜂起が必要とされている。

inaさん: プーチンが一国の主となって以降、独裁的な圧政に苦しむロシア国民。ウクライナ侵攻に対しても抗議や反論ができず、反体制派の動きがあれば民衆の中から立ち上がる人々が現れる可能性があるとの意見。
posted by beetle at 04:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする